2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

記事検索できます

最近のトラックバック

« HOI2 AoD 資源生産国ドイツ覇権への道 第3回 マジノ線正面突破 | トップページ | 龍馬伝 第24話 愛の蛍 »

2010/06/12

日本は格差があるかもしれないけど、低所得者には結構手厚い

勝ち組負け組とか言いますし、小泉政権の政策のせいで格差が広がったとが言いますが、まだまだ負け組に優しいと思うと、国民保険税の納税通知書を見て思いました。(小泉改革がなかったらもっと失業率が高かったと思います)

日本国民の7割「格差の小さい国が良い」 経済的豊かさ(笑)とはなんだったのか

朝日新聞社が「日本のいまとこれから」をテーマに郵送方式による全国世論調査を実施したところ、 「いまの日本は自信を失っている」とみる人が74%に達し、9割以上の人がこれからの日本に不安を感じていることがわかった。

日本の将来のあり方としては、経済的豊かさよりも「格差が小さい国」を求める意見が7割を占めた。

これからの日本への不安感を4択で尋ねると、
「大いに感じる」50%、
「ある程度感じる」45%、
「あまり感じない」は4%、
「まったく感じない」は0%。

現状を「勤勉さが報われない社会」と考える人が69%、
「日本人は精神的に豊かな生活を送れていると思わない」人が73%いる。

個人的な話ですが、2年前は結構仕事したので収入があり(そんなに大したことはないけれども)、国民保険は年間20万円ぐらい収めました。しかし昨年は全然仕事しませんでした。気分はほんとに「ゲゲゲの女房」(笑)。しかし

今年の国民健康保険税は年間2万円弱です。

なんと10分の1。

早期退職したおじさんが長いこと入院していたのですが、収入がないので入院費の自己負担にキャップがかかります。入院しているのにこれって食費以下じゃんと驚きました。高齢者の薬代とか病院代もこれまた安い。

ずいぶん手厚いと思いますよ。

「ゲゲゲの女房」も今ならもうちょっと楽に暮らせるんじゃなかろうか。

だから国の借金増えるんですが。

« HOI2 AoD 資源生産国ドイツ覇権への道 第3回 マジノ線正面突破 | トップページ | 龍馬伝 第24話 愛の蛍 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本は格差があるかもしれないけど、低所得者には結構手厚い:

« HOI2 AoD 資源生産国ドイツ覇権への道 第3回 マジノ線正面突破 | トップページ | 龍馬伝 第24話 愛の蛍 »