2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

記事検索できます

最近のトラックバック

« 枝野氏:小沢氏は大衆迎合 | トップページ | バトルスター ギャラクティカ 黎明期パート2のコネタ »

2010/06/30

W杯ウルグアイ戦の日刊ゲンダイの書きっぷり

正論なんでしょうけど腹が立つ。

日刊スポーツに掲載されていた、遠藤選手の奥様の手記には泣かされました。

日刊ゲンダイ 岡田ジャパンを痛烈批判 「反省の弁を聞きたいものだ」

その前に日刊ゲンダイの弁なんざ読みたかない(読んじゃったけど)。

攻めが弱かったのはそうかもしれません。でも対ポルトガル戦で攻めに徹した北朝鮮はすごい負け方したそうですよ。

日刊スポーツに遠藤選手の奧さんの手記が載ってて、それがいいです。

長友のメールと、遠藤夫人の手記。

「これも仕事だからわかってくれよ」

かっこいいってこういうことでしょ。

政治記事を読んでいても思うのですが、この日刊ゲンダイの姿勢はなんなんでしょうね。

« 枝野氏:小沢氏は大衆迎合 | トップページ | バトルスター ギャラクティカ 黎明期パート2のコネタ »

コメント

酷い書き方してますねー。日刊ゲンダイ。世間が急に盛り上がったものだから、わざとこんな書き方をして注目を集めようってことでしょうか。

「世界のメディアからも酷評」って、記事の中から悪いとこばかり引っ張ってきたらそうなるでしょうよ。(-_-;
実際には日本の良さを認めた記事もたくさんあったというのに。

フリーライターの島崎さんのブログには、オーストリアのおじさんからこんな風に言われたと書いてありました。
「日本はあんなに勇敢に戦ったんだ。悲しむ必要なんてないよ。それに、日本はあのデンマークにも勝ったじゃないか。あの試合はとっても感動したよ。少なくともヨーロッパの人は、あのデンマーク戦の日本代表の戦いを見て『日本はこんなにサッカーが強くて、素晴らしい選手がいるんだ』って知ったんだよ。それは十分誇れることじゃないか」

日刊ゲンダイの記者には、120分間走りまわった後、数万人が注視する中で一人PKを蹴るプレッシャーを味わってから記事を書いてみろと言いたいですねー。

Adoさん、どうもsun
ゲンダイはいっつもこういう姿勢ですね。読むに値しません。
強豪とはいえ、1次リーグ敗退のフランスとイタリアには言われたくないですね。

>日刊ゲンダイの記者には、120分間走りまわった後、数万人が注視する中で一人PKを蹴るプレッシャーを味わってから記事を書いてみろと言いたいですねー。

まったくです。

それは政治ネタでも言えます。外に出ろと子どもにいってるおっさんどもが一番世間知らずで、共感能力に乏しいなのかもしれませんね。

今回のW杯のボールがブレるらしいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/48761087

この記事へのトラックバック一覧です: W杯ウルグアイ戦の日刊ゲンダイの書きっぷり:

« 枝野氏:小沢氏は大衆迎合 | トップページ | バトルスター ギャラクティカ 黎明期パート2のコネタ »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト