2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

記事検索できます

最近のトラックバック

« 名将の采配 川中島の戦い | トップページ | 先生がボケちゃいました。 »

2010/07/27

国を守るのに民主も自民もない:民主党防衛大綱案

坂本龍馬じゃないですが、国を守るのに藩同士でいがみ合っている場合じゃないと。辻本議員が社民党から脱退する記者会見で「副大臣をやってみて現実がわかった」とか言っておりましたが、民主党も国防が分かったようで、ついに「敵基地攻撃能力」に言及しました。

「核持ち込ませず」見直しを提言 新安保懇の報告書案【朝日新聞】

長いですがすべて引用します。()はツッコミ。

菅直人首相の私的諮問機関「新たな時代の安全保障と防衛力に関する懇談会」(座長=佐藤茂雄・京阪電鉄最高経営責任者)が首相に提出する報告書案の全容が26日、明らかになった。日米同盟の深化のため、日本の役割強化を強調。非核三原則の見直しにも踏み込んだ。必要最小限の防衛力を持つとする「基盤的防衛力」構想を否定し、離島付近への重点配備を強調した

 報告書は8月上旬にも首相に提出され、今年末に民主党政権として初めて策定する新しい「防衛計画の大綱」のたたき台となる。自公政権時代の主要な論点をおおむね引き継いだ上に、長く「国是」とされてきた非核三原則に疑問を投げかけた内容が議論を呼ぶことは必至で、菅政権がどこまで大綱に取り入れるかが焦点になる。

(自公政権の主な論点を引き継ぐのは国防上重要なことゆえに当然。非核三原則は「国是」だったんですね。さりげなく朝日色。)

 報告書案は、米国による日本への「核の傘」について、「地域全体の安定を維持するためにも重要」「究極的な目標である核廃絶の理念と必ずしも矛盾しない」と評価。非核三原則について「一方的に米国の手を縛ることだけを事前に原則として決めておくことは、必ずしも賢明ではない」と指摘し、事実上、三原則のうちの「持ち込ませず」を見直すよう求めている

(当然です。核抑止力が前提なのに核が使えなくてどうするんだって話です。中国原潜が日本近海に持ち込んでるかもしれませんよ。)

 日本周辺の安全保障環境について、中国の海洋進出や北朝鮮の核・弾道ミサイル開発などに触れ、「米国の力の優越は絶対なものではない」と位置づけた。そのうえで「日本を含めた地域諸国が、地域の安定を維持する意思と能力を持つかが、これまで以上に重要」とした

(これがまもとな見識です。アメリカは神でもなんでもありません。そして世界は危険なんです。武装中国漁船団がインドネシア警備艇を威嚇したらしいですよ)

 こうした認識を背景に、報告書案は、米国に向かうミサイルを日本が撃ち落とすといった形での集団的自衛権行使に言及した。

 武器禁輸政策で国内防衛産業が「国際的な技術革新の流れから取り残される」とも指摘。先端技術に接触できることや開発経費削減などのため、米国以外の国々との間でも装備品の共同開発・生産をできるようにするため、武器輸出三原則を見直すよう求めた

(あと輸出も加えていただきたい。米空軍がPS3のチップを使ってスパコンとか開発しているらしいです)

 冷戦時代に採用された「基盤的防衛力」という考え方について、「もはや有効ではない」と明言。この考え方に基づく自衛隊の全国への均衡配備を見直し、中国海軍が頻繁に行き来する南西諸島周辺を念頭に置いた部隊の配備や日米共同運用の強化などの必要性に言及。潜水艦の増強も「合理的な選択」とした。ミサイル防衛に関して「打撃力による抑止をさらに向上させるための機能の検討が必要」として、「敵基地攻撃能力」の必要性にも言及した

ここまで踏み込むとは恐れ入りました。残念ながら冷戦後の方が世界は不安定になってるんです。国防に右も左もありません。民主党支持率上がりました。

だったらどうして鳩さんは普天間基地の国外移転とか言い出したのか?とはもう聞きません。一度も空を飛んだことない人間は、羽をつけたら飛べると思うものですから。

« 名将の采配 川中島の戦い | トップページ | 先生がボケちゃいました。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

防衛に関して民主党はいつまでもキチガイのままだろうと思っていましたのに、えっとマジですかこれ…

こないだまで核密約云々を唯一の成果の様に騒いでいた政党が、軍備縮小や国際協力廃止を訴え続けた政党が、核について議論する事自体を悪として批判した政党がまともな「国防議論」を始めるなんてまるで幻を見るかの様です。
日本の安全は与党の判断に左右されるのを、始終飛びっぱなしな鳩山さんが逆説的に証明しちゃったのも効いたのかな。
世界情勢の現実を知りながらがんじがらめで国防改革に至れなかった自民党にとっては皮肉な話です。

民主党にとって普天間問題は野党的な思考癖がぶち壊されるに足るショックだったでしょう。
こうなると国防について自民党から批判は出ないだろうし、自民党が与党だった時と違って巨大野党から批判に晒される危険も無く風通しの良い議論がスムーズされれば良いなあ…
国防をイデオロギーで阻害するなんて朝日だけで十分です。
戦争は腹が減るからって、国是の為に死んでちゃ世話ありませんよ。

しかし、竹島に関しては、これまで主張していた「固有の領土」という表現が無くなるそうです。

http://www.asahi.com/politics/update/0727/TKY201007270575.html

藤咲さん、どうも
あれだけ自民党の防衛政策を批判しておいて、この大転換。君主豹変すとはまさにこのことです。政権とって幼年期の終わりを迎えたということでしょうか。あとは海外派兵の際に武装すると憲法違反だとか言わなくなれば御の字です。


とんとさん、どうも
外務省のサイトを確認したら、こちらは「固有の領土」でした。ただ防衛白書の発表を遅らせるだけなんじゃないかと思われます。

朝日の平和主義を訴える割には、政府の協調外交姿勢を批判するという姿勢はどうもわかりません。戦前は戦争煽った新聞ですから。(真の意味で大衆迎合もとい市民の意見重視なのかもしれませんが)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国を守るのに民主も自民もない:民主党防衛大綱案:

« 名将の采配 川中島の戦い | トップページ | 先生がボケちゃいました。 »