2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

記事検索できます

最近のトラックバック

フォト

« 名将の采配 シーズン2! | トップページ | 言いがかりのクレームに乗ってくる変な客。 »

2010/07/18

インセプションを見ました!★★★★★

ただただ圧巻。世界観が凄い。魔法を見せられた気がします。

映画館から出てきてこれって現実かとふと思いました。感覚にガツンときます。この映画に3Dなんか要らないです!

新幹線のシートのカバーにJRって書いてありました。

常連のキリアン・マーフィとマイケル・ケインが出てきます。エレン・ペイジが可愛いですよ。

最初に誰にインセプションを試したのか?

ネタバレありです。(以下見た人向けの感想)

これはクリストファー・ノーランが作った「ニューロマンサー」です。

話が日本から始まるし、いろいろな曲者が出てくるし、突然武器を持って襲ってくる輩はニューロマンサーの「攻勢防壁」と同じ役割を果たします。電脳空間(サイバースペース)から「電」を抜くと、「脳空間」。やっぱり似ています。

ニューロマンサーの電脳空間を映像化したら良くも悪くもSFチックなトロンになっちゃうわけで、それを町中にするとぶっ飛んだ映像になります。最初の町中に列車が突っ込んでくるシーンとか、ホテルの廊下での「空中戦」とか「パラドクスの階段」とか面白い。

夢が同時並行で3つ展開して、それぞれに相互作用するっていうこの仕掛け、ダークナイトより全然面白いです。派手なアクションを凝った展開に入れ込んでくるのが素晴らしい。

アバターなんかより主人公のキャラクター重視の展開なので大人の方でも面白いはずです。インセプションをしてしまったが為に家族を失った男が、その傷を克服するっていうハッピーエンドのようですが、最後の独楽の回転が長いような気もします。ブレードランナー的なバッドエンディングなのかもしれないです。

マリオン・コティヤールが出ててエディット・ピアフの曲が流れるっていう演出はわざとなんでしょうか。

今年は月に囚われた男とか第9地区とかプレデターとかSF映画の質が高いです。

« 名将の采配 シーズン2! | トップページ | 言いがかりのクレームに乗ってくる変な客。 »

コメント

私も今日観てきました~。出てきてから気づきましたが、この連休は先行上映で、本上映は来週からなんですね。

久しぶりに、「映画でしかできない仕掛けを楽しませてくれる映画らしい映画」を観ました。クリストファー・ノーランはヒット率高いですねー。大満足。

ディカプリオが、だんだんいい役者になってきてますね。渡辺謙は英語が上手になりました。

baldhatterさん、どうもsun
真偽の程はわかりませんが、先行上映は第1週の興行収入にカウントされるとか。

IMBDで評価が10点満点で9.3でした。
http://www.imdb.com/title/tt1375666/

>「映画でしかできない仕掛けを楽しませてくれる映画らしい映画」
まったくです。パリの町がぐぐぐって覆いかぶさってくるシーンは大画面ならではだと思います。IMAXで堪能したいですね。クライマックスの三段重ねのタイムリミットの使い方も絶妙です。

渡辺謙はバットマンビギンズの髭より、いい役ですね。序盤の絨毯を触ってるところはやるなと思いました。

> 先行上映は第1週の興行収入にカウントされる

はい、私もそう聞いています(LotR 関連で動いていた頃に聞いた話)

> IMBDで評価が10点満点で9.3でした。

そうそう。夕べ私もそれ見てました。
めずらしく日米同時公開なので、あちらでも先行上映ですよね。先行の期間は評価も高くなるのかもしれませんが、肯ける★カウント。

baldhatterさん、どうもsun
ロード…あれって結局字幕は変わったんでしょうか?

>IMBDで評価が10点満点で9.3でした
先日見たら6000人の評価で9.3でしたが、
今日見たら20000人で9.4になっていて、
歴代3位に急上昇してました。

> ロード…あれって結局字幕は変わったんでしょうか?

第 1 作は DVD でまともな字幕に修正されました。第 2 作、第 3 作は字幕改善運動の方たちが試写の段階で字幕を見て改善意見を提出。公開時にはほぼその意見どおりに修正されました。

> 歴代3位に急上昇

スゴイですねー。

baldhatterさん、どうもsun
字幕変わったんですか!誤訳はいかんぜよって感じで坂本龍馬のようですね。

インセプションはまた見ます。


ようやくDVDで観たので古い記事にコメントしてしまいました。全体的にはそこまで評価しませんが(メメントのほうが上)、「夢の中では脳の活動のスピードが上がるので現実の5分が1時間になる」とか「夢はいつも突然始まり自分がどうやってそこに来たのかわからない」といったネタはかなり好きです。
電脳コイルにも「しょせん作り物」みたいなセリフがあったと思いますが、重要なのは両者を区別することであって、優劣はないのではないかと思っています(この世から一切の夢(フィクション)がなくなったら生きていけません)
夢の世界に50年閉じ込められるって話は怖くていいですね。でも実際には、夢だろうが現実だろうが精一杯生きればそれでいいんじゃないかと思います(夢の中でベストを尽くせない人は現実でもベストを尽くせないでしょう)
鉄道で自殺するシーンで犬釘が映ってましたね。犬釘があんなにはっきり映るのはこの映画くらいかも?(笑)

おじゃま丸さん、どうもsun
メメントの方がセンセーショナルでクセがあります。
それだけにアレは見る側を選びますね。
メメントとインセプションには、タモリ倶楽部と行列の出来る法律相談所ぐらいの開きがあるので、甲乙はつけがたいです。それこそ優劣はないと思います。

夢を現実にはできないし、現実を夢にもできないという不文律を破ると、そのしっぺ返しを食らうと。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/48903588

この記事へのトラックバック一覧です: インセプションを見ました!★★★★★:

« 名将の采配 シーズン2! | トップページ | 言いがかりのクレームに乗ってくる変な客。 »

見たもの読んだもの

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

無料ブログはココログ

最近読んだ本