2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

記事検索できます

最近のトラックバック

« めっこ飯ってなに? | トップページ | 終戦日で図書館も半旗でした »

2010/08/15

熱海の捜査官 第3話 熱海の中心で真実を掴もう

テープに録音されたノイズ。消えた老人。夕日に赤く染まる東京。猫ずらし。

そして南熱海の中心、アタチュー

俺はもうダメだ!と熱海のロープウェイの中で叫ぶ拾坂。

デイヴィッド・リンチの映画みたいな作りです。

バスの後部座席の下から発見されたテープを聞いてみるが何も録音されていない。北島がじゃあ裏は?裏って言わないだろと星崎が嘲笑する。坂善以下全員、テープをひっくり返すときテープの裏という側につく。星崎はいったんは引き下がるものの、裏じゃなくてB面にと反論するが、まだ言うか的な一同の視線が冷たい。

「裏」面にはかすかにノイズが入っている。意図的かどうかは不明だが、かすかなノイズが入っている。夜になり星崎と北島をパトカーで送る犬崎がパソコンデータを昔はカセットテープに入れていたと言う。確かに20年前の高校時代はそうでした。

星崎は車の中からロープウェイの明かりを見つける。あのロープウェイもまたバスの発見現場の方角に行けると犬崎が答える。

翌日、北島が学園に行く。つまらないけれども重要なこと、バスの(テープが見つかった)後部座席を運転手が取り外せるかどうか確認する。北島は携帯電話を後部座席の下に落としたと言い、運転手は後部座席を易々と外して携帯を北島に渡した。そこに教頭の敷島が様子を伺いに来る。運転手が敷島を見る、敷島は声を出さず、あ・と・でと口を動かす。頷く運転手。

拾坂が自分なりにバスが消えた理由を検証したいと星崎に申し出る。いいですねえ、新しいことはやるべきですと星崎。霧が多い地域ではあるが、事件当日に霧が起きるとは限らない。この蒸発事件は霧が出ていないと成立しない。なぜ北島も星崎も拾坂もサングラスをかけてるのか?

人工の霧の代わりにスモークを焚いて検証してみたけど、北島曰く「非常に駄目な感じ」。バスは消えないし、そもそもアイドリング状態で坂を降りるバスだと人間の足で追いかけられてしまう。

ああ俺はもう駄目だと頭を抱える拾坂。

筋力を回復しようと走りこんでいた東雲麻衣が倒れ、その様子をずっと見ていた四十万が大丈夫かと駆け寄ってくる。

学校内に飾られたゴーギャンの大作を見上げる二人。東雲がその作品の名をつぶやく「われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか」敷島が影から二人の様子を観察している。

夜、ロープウェイの中で、俺はもう駄目だと嘆き、推理の見込み違いからまだ立ち直れない拾坂。外を見つめる星崎と北島。あれ?と星崎が窓からふりかえる。南熱海の中心ってどこですかね?市役所じゃなく地形的な中心。南熱海のど真ん中。意味がわからず、怪訝な顔をする北島。星崎曰く、中心に住んでいる人なら、南熱海のことに詳しいかなって……

熱海の中心ね……と拾坂。アタチューか!拾坂のアタチューに驚いて固まり、白い目を向ける星崎と北島。俺はもうダメだとまた拾坂は頭を抱えてしゃがみ込む。その後ろに1人の夜なのにサングラスをかけた女性と思われる人物。

南熱海署に戻る三人。星崎は南熱海市の地図とボール紙を犬崎から受け取るといつもの部屋に戻ろうとすると、ドアが開いている。また桂東の悪戯かとテーブルの下とか様子と探る。だが桂東はいない。あの女は忍者のように天井の隅にいた。とう!と飛び降りたとき、驚いたのは星崎ではなく、あとから部屋にやってきた北島だった。ひっくりかえって左足がつってしまう。桂東を呼ぶ星崎の発音が加藤(KATO)の英語読みみたいです。

南熱海の中心(重心)が判明。分杭ビル。

南熱海の中心て変わってるなと笑う犬崎。あのさ、犬塚くん、それを呆れたように鼻で笑う北島。物事が動くにはきっかけが必要なの。彼は彼なりに事件の核心に近づこうとしているのよと決めポーズを取るも、左足はつったまま。

レストラン・ボリュームにて妖艶なウェイトレスから、預かり物よと大金を渡される。それは南熱海工業・朱印頭からのカネ。直接渡せばいいのにねえとウェイトレスが意地悪を言うとジュークボックスに向かい、グノシエンヌ 第1番を選ぶ、ピアノの調べにあわせて体をくねらせる。星崎たちはよく来るのか?バスのことは聞かれるかとウェイトレスに尋ねる。別にと答える。このお金で私と旅にでないとウェイトレスが運転手を踊りに誘う。一人で踊ってるのも飽きたしね……

緑色に輝く分杭ビルに星崎と北島が入る。見渡せるのは最上階だと階段を二人は上がっていく。まだ足がつっている北島。最上階にまでくると、どうぞ入ってきてと少し開いたドアの隙間から女性の声がする。表札には占部日美子(占い師卑弥呼ということ?)とある。ZHKのカラーTV受信スッテカーも貼ってある。ドアを開けず、隙間からカニ足で中へと入る星崎と北島。

日美子は人形を染めているところだった。藍染めた人形は魔よけになるのだとか。夕方頃にとても困った人たちが来る予感がしたと話す。そして北島に怪我してると確かめ、左(足)よねとイスに載せさせ、ハンドパワーでこむら返りを治した。治ったと!両手でうさぎ耳を作って飛び跳ねて喜ぶ北島。あなたは話があるわねと日美子が星崎と切り出す。

日美子は星崎の両手を握ると天を仰ぐ。うーんと唸り、まだぼやけてるわねと呟く。そしてこれから言うことを気に留めておいてねと。

オリエンテーリングって知ってる?指定されたポイントにあるマークを見つけていくことでしょう?あなたのやってるのはそういうこと。順番は関係ないから、何がマークか……もしかしたら数字かも。

マークかどうかを知るには?と星崎。

それは直感よと日美子が笑う。現象に惑わされないようにね。人間だってマークになるでしょ。

大体わかりましたよと星崎。ピーと乾燥機が止まる音。日美子が乾燥機から2つの青い変な人形を取り出し、そして「うさぎ」を北島に、「犬」を星崎に渡した。いつも身につけておきない、守ってくれるからと言った。

南熱海・天然劇場。蛇川老人は北島が手品で消して以来、行方不明になっている。老人が住む、大名荘にやってきた、北島、星崎、拾坂。大名荘をダイナソーと星崎が英語発音。桂東をケイトー(KATOの英語読み)みたいに言ったり、普通に面白いですがなんででしょう?

蛇川老人の部屋から強烈な異臭。老人の腐乱死体の臭いかと思いきや、クサヤ。ラジオから流れる妙な曲を北島が止める。星崎は2本の曲がった棒を握ってダウジングを始める。蛇川のパスポートを発見。北島も星崎に感化されてスネークリヴァーとか言い出して、拾坂に戸惑いの視線を向けられる。蛇川って発音、車のジャギュアぽい。

パスポートを見ると、蛇川は何度もタイに行っているが、最後は2010年2月のニューカレドニア。天国にいちばん近い島とトリビアを披露した星崎のダウジングに反応が、畳をめくると8mmのビデオテープが出てくる。

レストラン・ボリュームでカレーを食べる北島、星崎、拾坂。東雲たちを知る何者かが、坂の途中でバスを止めるのに蛇川老人を利用したのかと拾坂。そう考えるのが合理的だと星崎が言う。そこにウェイトレスがちょっとだけ教えてと顔を突っ込んでくる。それはできないと拾坂が断る。変わらないよねとウェイトレス。修武(拾坂を呼び捨て)、秘密が多すぎるのよ。それが原因で私たちわかれたんだからと去っていく。モテモテだねえ!

桂東からの電話に拾坂が驚く。桂東が「あるルート」で調べたところによると、蛇川方庵は3年前に死んでいるとのこと。じゃあ北島が消した老人は何者?ビデオに写っていたのは、椹木みこと東雲麻衣。

教室で東雲が中原中也の離別を読む。

さよなら、さよなら!
  こんなに良いお天気の日に
  お別れしてゆくのかと思ふとほんとに辛い
  こんなに良いお天気の日に

さよなら、さよなら!

四十万が東雲に近づいているのは「情報」を聞き出すための模様。

星崎は東雲を美術室に一人座らせて、他に消えた三人と四十万とともに何をやっていたのか思い出せるか試してみる。東雲はやはり何も思い出せない。何か思い出されては困るのか敷島は東雲に精神的負担がかかるのでやめさせようとする。バタンと美術室のドアが開き、東雲が立っている。だが何も思い出せないと言う。

そうかと得心する星崎。東雲と敷島にゴメンなさい、すべて忘れてください、ちょっと僕の思い違いでしたと謝る。何かあったんですかと敷島が尋ねる。アタチューですよ!アタチュー!と星崎。現象に惑わされました……と呟き去っていく。

北島、再び平坂歩の小屋へ行く。平坂が子猫のニャーを抱えてやってくる。どうしたのかと北島が子猫を覗き込む。ここに捨てられてて、4匹のうち1匹だけ助かったとのこと。女子高生蒸発事件と符合するが、現象に惑わされてはいけないのかもしれない。(平坂ってパラドクシカルな名前ですね)

平坂の小屋は湾岸道路建設予定地に立っている。平坂が湾岸道路に反対する理由は、環境問題かと北島が尋ねる。理由はあとからつけたもんだと平坂。僕はそうしたくないからそうしないだけと堤防で水質検査用の水を採取しながら答える。この堤防も湾内の環境を大きく変えている。沈んでたバスが見つかったのもこの堤防のおかげだ、推測だけどと平坂。

すごいきれいでしょと北島が子猫に夕焼けを見せる。平坂も東京に目をやり、戦争や災害があると夕焼けが赤くなると言う。爆発や火災で大気中の塵が増えると赤さが増すらしい。じゃあ(赤く見えるのは)やはり東京の事件と関係がと北島が聞く。東京はそんなにひどい?と平坂。ええと北島が頷く。広域捜査庁も総動員で犯人を追っているが、まだ何も(手がかりはない)。

車(広域7292)を運転しながら星崎が素子に電話する。消えた4人には別のつながりがあり、犯人は南熱海にいると思うと伝える。車のトランクを開けると甘木レミーが隠れていた。とりあえずいつものレストラン・ボリュームに連れて行く。レミーはウェイトレスにパパ(市長)から借金してるんだから告げ口するなと脅す。ハイハイとウェイトレスがあしらう。

レミーが陶芸クラブは援助交際斡旋所だったと星崎に教える。そこにレミーが勝手に潜入する。しかも市長が一枚噛んでいて、朱印頭がやってるらしい。

宿屋のオヤジと桂東は実は兄弟。小さいラーメンを食べていた北島が驚く。宿屋のオヤジが自分が兄貴でこっちが妹と紹介する。普通そうですよねと北島。 ネコずらしじゃないんだからと笑うオヤジ。そうよネコずらしじゃないんだからと桂東。ネコずらしとは北島が尋ねる。

寝ているネコを隣にずらし、さらに隣に寝ているネコをまたずらしていくことを続けていくことだと桂東が北島を見る。よくわからない北島。東雲だけが助かったことの関係あるのか?

勝手に陶芸クラブに潜り込んだレミーが中の様子を隠し撮りする。そこに現れる南熱海市土木課長藁久保清一。朱印頭とともに平坂のところに立退きを要求した男。女子高生を1人選んで去っていく。その後レミーは陶芸クラブを出て来るが、隠し撮りしていたことがバレて朱印頭にバンで連れ去られる。星崎がバンを追う。

朱印頭にどこぞのスナックへ拉致されたレミー、カードをあげるから解放しろとせがむ。カードはもらいますけどねと朱印頭(なんのカード?予告に出てた赤いカード?)、でもその前に陶芸クラブを隠し撮りした理由を聞かないとね詰め寄る。レミーは苦し紛れに市長の父親を恐喝して小遣いかと稼ごうとしたと嘘をつく。俺たちもいっしょ噛みさせてくれよと朱印頭。

レミーが危ないと、星崎が拳銃を構え、応援に来た拾坂と北島(なぜ素手)とともにスナックに突入したら、レミーと朱印頭がカラオケで別れても好きな人と歌っていた。中原中也の「離別」と「別れても好きな人」。

レミーは保護され、警察署で星崎による取調べ。椹木みこは陶芸クラブに入っていて演じ交際をしていたが、他の3人(東雲、月夜、萌黄)はクラブに入っていなかった。

夜の闇の中、四十万が取ってあった4人の写生画を燃やす。炎を見つめる四十万のもとに現れる敷島が現れる。いいの燃やしてしまって?ずっと残しておいたのが間違いでしたと四十万。この絵からは何もわからない。

火を見てると興奮するでしょ?と敷島が四十万に顔を近づける。はい…少し…と四十万。私もよと敷島が四十万と唇を重ねる。

怪しい。凄く怪しい。

今まで見ている限り、話がどこに向かっているのかわからないけど、何かがわかっていく感じ、個人的にはこの夏の1番の当たりです。

« めっこ飯ってなに? | トップページ | 終戦日で図書館も半旗でした »

コメント

菅直人 安倍さんにシンガンスとの関係を指摘され逆ギレ
http://www.youtube.com/watch?v=Pe4RmyRX1YI


Mr.ビーンが菅談話にお怒りのようです http://www.youtube.com/watch?v=_DrGWTpUQ9Y

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/49150206

この記事へのトラックバック一覧です: 熱海の捜査官 第3話 熱海の中心で真実を掴もう:

» 兄弟 借金 山上兄弟 [勉強の時間~破産編~]
消費者金融業、いわゆる貸金業には、登録制度があります。貸金業者は、必ず、「都道府県知事」か「財務局長」の登録が必要となります。これは、貸金業の規制等に関する法律第3条に規定されています。営業所または事務所のすべてが都内にある場合は、都知事登録となります。..... [続きを読む]

» 【UFO】 ピンクレディー復活!懐かしの画像や動画 【昭和】 [ピンクレディー復活!]
昭和のスーパーアイドル、ピンクレディー復活!懐かしの画像や動画 [続きを読む]

« めっこ飯ってなに? | トップページ | 終戦日で図書館も半旗でした »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト