2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

記事検索できます

最近のトラックバック

フォト

« 装甲騎兵ボトムズ 幻影編 第5話 コクーン | トップページ | 名将の采配 スキピオ 秘策の応酬!最強師弟対決 ザマの戦い »

2010/09/26

戦国BASARA弐 第12話 最終回

人間核弾頭・豊臣秀吉と奥州筆頭・伊達政宗の一騎打ち!

太陽光熱兵器「天陽の墜」を擁する移動要塞・日輪に特攻する真田幸村。

ってこれも新作劇場版かっ!

両拳を構える秀吉。我に刃向かえばどうなるか、以後のこの国を治めるにあたり、貴様の首をもって見せしめとなす。正宗は六刀を抜く。秀吉が言う。ただ吠えるだけの小蛇からは脱したようだな。だがたとえいくつ刀を振るおうと、貴様の渾身など、所詮我が前には無力。

勘違いすんなよと正宗。てめえとは楽しいPARTYになりそうもねぇ。乗れねえPARTYはとっとと終わらせるに限るってことだぁ!

真田幸村は猿飛佐助を信玄に今は動かず、豊臣が優勢になった方面の戦いに向かうように進言する。このわしを使うようになりおったか、待っておったぞことときをと信玄。しかしよりによってワシに動くなとはと高らかに笑った。

幸村よ。そして独眼竜よ。この試練、その若き力をもって乗り越え、見事達成させてみせい。信玄は居城・躑躅ヶ崎館から空を仰いた。

幸村は谷間を進む毛利の移動要塞に乗り込むために、薩摩の軍勢を天然の陸橋に配置して、元就に「天陽の墜」を発射させ(焦点が合うまでに時間がかかるので、その間に囮の軍勢は退避)、その隙に義経の「鵯越の逆落とし」の如く、馬で崖を降り、そのまま要塞に突っ込む。

片倉小十郎と竹中半兵衛の一騎打ち。覚悟を決めろと小十郎。今更命など惜しくないと半兵衛が剣を抜く。ただ君に捧げる命がないだけだ。

人間核弾頭・秀吉がボコボコにされた正宗の頭を右手で掴みあげ、力を込める。正宗の兜が砕ける。弱きこの国の病は我が、我が豊臣軍が一掃する!

上杉謙信が戦う相手は石田三成か!韓流スターみたいなおしゃれな髪型だ!シャンプーはモッズヘアーか!

豊臣の薩摩攻略に加わっていたのは徳川家康と本多=ジャアントロボ=忠勝だったか!崖より飛来した本多忠勝がジジイ島津義弘に槍を打ち込む!

要塞の行く手に農村を認めた幸村は、天覇絶槍!の声を上げ、2本の槍で巨大要塞の侵攻を止める。みなぎるぅ!魂の槍は折れぬぞぉ!折れるでないわぁ!そして毛利元就に一騎打ちを挑む、しかし元就に鏡の1つに叩きつけられ、「天陽の墜」の起動により焼かれる。しかし不屈の幸村、「空を駆け、大地を焦がす、真田幸村、立ち止まることなし!」と叫ぶ鏡から飛んで「我が魂、燃え尽きることなし!」と「天陽の墜」の凹反射鏡に突撃して、元就もろとも粉砕。

竹中半兵衛、片倉小十郎を追い詰めるも労咳で咳き込みその機を逃し、小十郎が懐にもっていた折れた正宗の刀で突かれて惨死。

城が砕けるぐらいの破壊力でフルボッコされた正宗ついに爆発。正宗の勝利。

秀吉死んじゃったのか。

最終的には信玄と幸村の殴り合い。

« 装甲騎兵ボトムズ 幻影編 第5話 コクーン | トップページ | 名将の采配 スキピオ 秘策の応酬!最強師弟対決 ザマの戦い »

コメント

もう見ました、とても好きです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/49572126

この記事へのトラックバック一覧です: 戦国BASARA弐 第12話 最終回:

» (アニメ感想) 戦国BASARA弐 第12話 「蒼紅決死戦!激闘の果てに吹く風の音よ!!」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
戦国BASARA弐 其の参 [DVD]クチコミを見る 豊臣秀吉の台頭により日ノ本に再び訪れた戦国乱世・・・。その全国を巻き込む大戦が遂に、決着の刻を迎える。揺るぐことのない信念を胸に、六爪を解き放った政宗。志を同じくする仲間と共に、槍を振るう幸村。己の信念を曲げてまで...... [続きを読む]

« 装甲騎兵ボトムズ 幻影編 第5話 コクーン | トップページ | 名将の采配 スキピオ 秘策の応酬!最強師弟対決 ザマの戦い »

見たもの読んだもの

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

無料ブログはココログ

最近読んだ本