2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

記事検索できます

最近のトラックバック

フォト

« 龍馬伝 第36話 寺田屋騒動 | トップページ | 江戸の町は世帯主の4割がフリーターだった。 »

2010/09/07

名将の采配 真田幸村~打倒家康 幻の作戦~大坂の陣

戦国BASARA弐の向こうを張って真田幸村ですか!

中川翔子さん、戦国BASARAで真田幸村で徳川家康をボコボコにしたとか言ってました。

家康の首が捕れたかもしれない幸村の幻の作戦が面白かったです。

徳川家康は猛将真田幸村にこんな条件を持ちかけた。信濃一国をやるから味方につけ。幸村はこう返した。

一旦の約の重きことを存じて較ぶれば、日本国半分を賜るともひるがえし難し。

かっこいいすね!

大坂冬の陣。真田丸の形状はちょっと違いますが十字砲火を行えるようにしているあたり、ヨーロッパの星形要塞の稜堡に似てますね。ヨーロッパの稜堡は鋭角にして死角を減らしたのに対して、真田丸は先端が鋭角でなく丸いのでできる死角を水堀で守るというのは斬新ですな。

徳川勢に真田幸村が勝利するものの、家康は大阪城の天守閣を砲撃して淀君を精神的に追い込んで和睦させます。セヴァストーポリの難攻不落の要塞を巨大な列車砲でぶっ壊したマンシュタインみたいです。流石です。

武徳編年集成に載っているという真田幸村の幻の作戦、なかなか興味深いです。

毛利勝永(4000)、真田幸村(3500)、明石全登の騎馬武者(300)で、15000の家康本隊を邀撃するわけですね。毛利と真田で徳川の主力を引きつけて鉄砲隊で徳川勢の戦力を削ぎ、戦略予備まで出させて家康が丸裸になったところで、低地に隠れていた明石の騎馬武者が家康を急襲する。

しかし毛利が前に出すぎて連携を乱して作戦を台無しにしたため、やむなく真田幸村は家康の本陣に突撃して、逆に包囲されて負けたという話。無線もない戦場での連携プレイはかなり難しいです。一か八かの戦いであったと思います。

太平洋戦争然り、誘出撃滅っていうのはなかなか難しいです。

来週は長篠の戦い!

« 龍馬伝 第36話 寺田屋騒動 | トップページ | 江戸の町は世帯主の4割がフリーターだった。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/49375002

この記事へのトラックバック一覧です: 名将の采配 真田幸村~打倒家康 幻の作戦~大坂の陣:

« 龍馬伝 第36話 寺田屋騒動 | トップページ | 江戸の町は世帯主の4割がフリーターだった。 »

見たもの読んだもの

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

無料ブログはココログ

最近読んだ本