2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

記事検索できます

最近のトラックバック

« 熱海の捜査官 最終回 予測不可能な最悪の結末 | トップページ | 菅政権は中国と対決するのか? »

2010/09/19

ゲンダイと上杉隆に一言言いたい

一言で言えば、表現の自由。

上杉隆のVOICEの記事

筆者がこう書くと、決まって同じ反応が返ってくる。

「上杉は、小沢寄りだ」

違うの?!

引用すると:

テレビ・新聞の政治報道をみていると、選挙も、政策も、なにもかも、すべて小沢一郎という政治家ひとりが陰謀し、全決定に関与し、あらゆる事象を知っているかのように読める。

 もちろん、そんなことはない。

 たしかに、小沢氏の議員歴は長いし、権力中枢で政治力を発揮していた時期が長かったことは事実だ。

 だが、マスコミがいうように、いまだに陰で政治権力を掌握しているようなことがあるかというと、そもそもいまの時代、そんなことはできない。

 にもかかわらず、なぜそうした「小沢史観」報道がいつまでも続くかというと、ひとえにそれは、自らの取材力のなさを、小沢氏が反論してこないのをいいことに、一方的に押し付けているマスコミの身勝手にすぎない

 つまり、記者クラブ・メディアや古い政治評論家らは、自らの怠慢を隠すために「小沢史観」を持ち出して、思考を停止しているだけなのである。

 ところが、筆者がこう書くと、決まって同じ反応が返ってくる。

「上杉は、小沢寄りだ」

小沢という人間を知りすぎてしまったのですね。押尾学のファンが押尾は無罪と言ってるのと同じで知れば知るほど何かが見えてきて、何かが見えなくなるということはあります。情報の積み重ねと評価は別物。

こういうことは「ゲンダイ」なら人気出るのに

小沢の大きさを生かせない子ども軍団の民主党は衰退の一途だ

代表選を現場で見てきた東京女学館大教授の西山昭彦氏がこう言う。
私は、代表選の開票結果を会場で見ていて、度肝を抜かれた。身が震えました。それは、小沢さんが逆境にありながらも国会議員票を200票も集めたからです。地方の党員・サポーター票に表れたように、小沢さんは政治とカネの問題で叩かれ、ずっと逆風にさらされている。イメージは最悪です。そういう地元の声は各議員に寄せられたはずです。それなのに、絶対的に有利な現職総理を相手にして、たった6票差の選挙をした。これはすごいことなのです。小沢さんを身近で見ている国会議員たちの小沢評というのは、一般とは全然違う。それだけ小沢さんという政治家は大きく、魅力がある証拠なのです。そのスケールの大きさに度肝を抜かれ、同時に自分の不利を承知で小沢さんに一票を投じた200人に驚かされました。こんな大きな政治家を、民主党は生かさない手はないですよ

これを読んで思い出すのが、アドルフ・ヒトラー(こちらから引用

ヒトラーを邪悪な狂人、異常者とみなす一般的なイメージがあるが、それは違う。そもそも異常者がこんな複雑な近代国家体制を運営できるわけがない。ヒトラー個人は非常に社交的で、読書家で芸術が趣味であり、女性との交友関係も非常に広かった。彼はインテリのサロンに出入りしていたし、ウィットに富んだ魅力的な男性あった。彼は結局ドイツという国と時代環境に従って自らの目的のために行動しただけの指導者的人間だっただけである(凡人でもない。凡人があのような激務に耐えられるわけがない)。

こんな社交的で魅力的な人間がドイツを滅ぼしたわけですよ。党首選の街頭演説で、「小沢さ~ん」と声が上がってて、これはやばいと思った次第です。ネット上でも評価も「動員」されたのではないかと勘ぐりたくなります。

一兵卒のいうわりには「取り巻き」(親衛隊?)が多いですな。

« 熱海の捜査官 最終回 予測不可能な最悪の結末 | トップページ | 菅政権は中国と対決するのか? »

コメント

理不尽な逆風と言えば麻生・安部元総理にマスコミがした様な誹謗中傷報道合戦であって、小沢のは全く自業自得であるばかりか明確に大問題であろうにどこの報道もつとめて理性的(と言えばいいのcoldsweats01)だった印象です。
むしろジャーナリストの立場で庇う連中さえ沢山いたりと、特にテレビはとても親小沢的だったし、良くも悪くも「小沢が不起訴」「不起訴不当判決が出た」「再び不起訴」とその場その場の事実だけ述べるに留まるお優しい報道ばかりでしたのに、上杉も一部識者も何をドラマチックに妄想してんのっていう。
何を美談にしとんねんボケが死ねやと。
薄汚い金券政治家が保身と欲に駆られて焦った果てに危うく総理になりかけたって話だろうがと。

上杉らに対して反論するなら、そもそも小沢が全能で無い事くらいわざわざ論ずまでも無い話で、しかし、それでも民主党内で個人として圧倒的な権力が集中しているってのは、それこそ代表戦での結果を見れば明らかって事。
こういうフラットを気取った妄想こそが、ジャーナリズムにとって本来最も唾棄すべき“病気”だろ!
…と誰か心ある識者さん、彼らに言ってやってくだちいcoldsweats01coldsweats01

藤咲さん、どうもsun
自腹で高級ホテルのバーで一杯やって怒られた麻生さんは可哀想です。政治資金で土地を買い、秘書という選挙活動家を養いながら、居酒屋で飲んで見せて庶民派をアピールする小沢さんは変な人ですよね。またこそこそ動いているようで。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/49493248

この記事へのトラックバック一覧です: ゲンダイと上杉隆に一言言いたい:

« 熱海の捜査官 最終回 予測不可能な最悪の結末 | トップページ | 菅政権は中国と対決するのか? »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト