2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

記事検索できます

最近のトラックバック

« トップランナー 追悼:今敏 | トップページ | 装甲騎兵ボトムズ 幻影編 第5話 コクーン »

2010/09/26

「私だったら中国首相と話し合えた」鳩山氏自負

在沖縄米軍問題に関してオバマ大統領と腹を割って話した結果、どうなったか?覚えてないんでしょうかね。

読売新聞】鳩山前首相は25日、中国漁船衝突事件に関し、「私だったら事件直後に、この問題をどうすべきか中国の温家宝首相と腹を割って話し合えた」と述べ、菅首相の対応を批判した。

 鳩山氏は、首相だった時に温首相との間で「ホットライン」(直通電話)を作ったと明かし、「ホットラインは菅首相にも引き継がれているはずだ」と指摘した。

 首相時代には米軍普天間飛行場移設問題で迷走した鳩山氏だが、対中外交では強い自負心があるようだ。

笑止千万。TRUST MEと言っておきながら普天間基地移転問題を解決できなかった首相の言葉とは思えません。沖縄に乗り込んで対話して逆に反感を煽ったのはどこのどいつですか?

鳩山さんが温家宝首相と腹を割って話したら、丸め込まれて拘束した船長を問答無用で返していたんじゃないでしょうか?

« トップランナー 追悼:今敏 | トップページ | 装甲騎兵ボトムズ 幻影編 第5話 コクーン »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「私だったら中国首相と話し合えた」鳩山氏自負:

« トップランナー 追悼:今敏 | トップページ | 装甲騎兵ボトムズ 幻影編 第5話 コクーン »