2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

記事検索できます

最近のコメント

最近のトラックバック

« タモさんの仕事論 | トップページ | 龍馬伝 第39話 馬関の奇跡 »

2010/10/13

ガンプラ展に詣でて参りました!

今日映画に行った帰りに札幌パルコのガンプラ展に行きました。10月17日まででございます。

201010131202000
静岡の1/1ガンダムの縮尺版みたいです。

てか、カップル率高けぇぇぇ!心のレーザーサーチャーが同調してますよ。

201010131203000
金型。全自動だそうで中国に技術流出とかそういうのは関係ないですね。

忘れもしない最初に買ったガンプラ100/1ガンダム
201010131204000
コアファイターを収めているために股関節が動かないという正に足なんて飾りでした。ザクか何かのパーツを流用して動かすという改造法がコミックボンボンに載ってました。

Rザクとフルアーマーガンダム
201010131204001
このザクは立たせると前のめりになるのに踏ん張れるという根性あります。フルアーマーガンダムは普通のガンダムに自分で装甲板を継ぎ足して作りました。

デンドロビウム!
201010131204003
これはいい。SEEDもあります。

RGってグレード高いっす!
201010131204003
小さいのにディテールが凄いです。骨組みに装甲がついているというタミヤ並の凝りよう。

長州力のドム
201010131207000

ロンブー淳のギャン
201010131207001
武将の甲冑みたいでセンスがいいですね。

ガンダリウム合金にも触ってきました。チタニウムより軽かったです。

出るとプラモが売ってます。女の人が買ってました。

再生プラスチックで作った黒いガンダムとかも売ってました。買うならグフでしょうか。

« タモさんの仕事論 | トップページ | 龍馬伝 第39話 馬関の奇跡 »

コメント

わくわくしますね!
ロボットを自分の手で組み立てる科学者になったような気持ちと言うか。
プラモデルは作る過程そのものが熱いです。
塗装や研磨や改造やパーツ流用・追加・削減で如何様にも姿を変えるし、コンテストに出るレベルの作品となると最早ひとつの芸術性すらあると思います。
兵器としてのリアルさを感じさせる塗装や改造にはガンダムよりザクやジムやケンプファーのが実は合ってたり、アニメとはまた別の味わいがある世界ですよねほんと。

てかコミックボンボンをご存知とは(笑)
アニメのコミカライズとか武者ガンダムとか、カラーページでのガンプラ特集とか兎に角ガンダムに関しては熱かったですね。
ガンプラ作って電脳仮想空間で勝負する熱血漫画とかもありました。
今思うとどんだけガンプラ売りたいんだよwって感じですが何気に他の漫画も粒ぞろいだったりして読んでたなあ…懐かしい。
サイボーグくろちゃん、お気楽忍者ハンゾーくん、王ドロボウJIN、メダロット、ロックマンX、海の大陸NOA(最近連載復活してました)などなど大っ好きでしたが、児童向け雑誌にしては本物志向やマニア志向が強すぎたのかなあと思います。それが故に支持された雑誌ですけど、売上は不振で廃刊しましたね。
さびしいです。

コミックボンボン、かつて愚息の愛読雑誌でした。毎年夏になると、ボンボンフェスティバルみたいのがあって、よく付き合わされました。

サイボーグくろちゃん、メダロット、ロックマンX、海の大陸NOA あたり、彼の好きだった作品です。

藤咲さん、どうもsun
昔のガンプラは突っ込みどころ満載で想像力を掻き立てられました。今のは完成度がほんとに高いです。
コンテストに出てくるようなのはもはや芸術品です。
ジムとかザクのバリエーションシリーズは結構作りました。

ボンボンは創刊当時から数年間読んでました。プラモ狂四郎とかありました。そういえば、写真にもパーフェクトガンダムが写ってますね。廃刊も残念ですが、これも時代なんでしょうね。

baldhatterさん、どうもsun
息子さんも読まれてましたか!
フェスティバルですか……ご苦労様です。


プラモ狂四郎などのプラモ漫画枠は常にボンボンの中で確保されてましたよね。

ガンダムじゃないですがカラーページの特集で見たサキエルのプラモを買ったら実は未塗装でショックを受けたりと、なかなかに罪深い雑誌でもありました(笑)

baldhatterさん

息子さん…impact
良い趣味でっ!(^ω^)bsun
ラインナップ的に私と世代が近いのかもですね。
ロックマンXは作者さんのストーリーメイクとアレンジが素晴らしく、おなじみの8大ボスにも物語性や動機付けがきちんと用意されてたりして本当に良かったです。
単なる販促漫画ではない、一個の作品でした。
あまりに漫画として出来が良いので新装版になって再出版されてました。
今になって読み返してみてもボンボンの漫画って面白いんですよね…なんか昔が懐かしくなります。


偏見かも知れないですが、当時を思い返すと学校ではだいたいボンボン派が文化系やオタク、コロコロ派が体育会系だった気がします( ・Д・)

藤咲さん、どうもsun
ボンボンにサキエル……
ボンボンにエヴァが載っていたとは。
自分は大学四年だった気がします
>ボンボン派が文化系やオタク
まったくその通りです。
中高ともに美術部です。

いいblogですね
読んでしまいました
ありがとう

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/49732622

この記事へのトラックバック一覧です: ガンプラ展に詣でて参りました!:

» 怒涛のガンダムSEED [ガンダムSEED]
ガンダムSEEDについて調べています。いろいろありますなぁ ブログで拾ってみました。とりあえず10件ほど萌通.com ガンダムでCV桑島法子のキャラは死亡フラグの法則16名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2010/10/12(火)00:19:40.58ID:jlwi7oIwOCV桑島法子.機動戦士ガンダムSEED(ナタル・バジルール、フレイ・アルスター)機動戦士ガンダムSEEDDESTINY(ステラ・ルーシェ)...... ヌレイヌ : 【アニメ】「サイバーフォーミュ... [続きを読む]

» ガンダムSEED について調べてみた [ガンダムSEED]
今日は最近の個人的に話題のガンダムSEEDについて語ります。私の周りではガンダムSEEDについて話す機会が多く、皆さんそれなりのマニアになっています。そんなことで私もインターネットでガンダムSEEDについて調査してみることにしました。PSストア:「グラディウスII」「天外魔境」などPCEアーカイブス新作 ...(PoweredbyBIGLOBEウェブリブログ)本日PSストアが更新され、PCEアーカイブスに「グラディウスII」「天外魔境ZIRIA」が追加され、ビデオストアに「機動戦士ガンダムSEEDD... [続きを読む]

« タモさんの仕事論 | トップページ | 龍馬伝 第39話 馬関の奇跡 »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト