2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

記事検索できます

最近のコメント

最近のトラックバック

« 北海道がNorth Sea Road | トップページ | 龍馬伝 第45話 龍馬の休日 »

2010/11/09

フリーター家を買う 第4話

カラオケ屋で誠司が、うつ病の母親が死んだらホッとするんだろうなあと泣くシーン、共感できます。

一緒に住んでいるわけではありませんが、それでもいろいろと呼び出されて自分のスケジュールで動けなくなります。会社員だったら絶対に対応できませんでした。

そういうことをサポートしてくれるヘルパーの人がいると極めて助かります。介護する人もうつ病みたくなることがあるんじゃないでしょうか。

ただ精神病院のシーンで診察のあと、付き添いの家族と先生だけで話しあってますが、自分が付き添っている病院はそうではありません。確かに家族だけで話したほうがいいなと思ったりします。

人生には時として予想もしない出来事が降りかかってきます。しかし神は乗り越えられる試練しか与えないと信じるしかないですな。

« 北海道がNorth Sea Road | トップページ | 龍馬伝 第45話 龍馬の休日 »

コメント

うつ病に限らず、病気の家族の看護や介護は大変ですよね。自分のスケジュールで動けなくなるのがきつい。家族の協力で息抜きに出かけられても、なんとなく罪悪感があって心から楽しめなかったりするし。

父の介護をしていたときは、末期癌で長くはないことがわかっていたし、家族の協力もあったのでなんとかなりましたが、先が見えないと介護をする側が精神的に追い詰められてしまうのも無理はないと思います。

Adoさん、どうもsun
それは大変でしたね。
>なんとなく罪悪感があって心から楽しめなかったりするし。
こちらの場合、身内ですが、親戚なのでそこまで精神的なコミットメントはないだけよいいかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/49983363

この記事へのトラックバック一覧です: フリーター家を買う 第4話:

« 北海道がNorth Sea Road | トップページ | 龍馬伝 第45話 龍馬の休日 »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト