2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

記事検索できます

最近のコメント

最近のトラックバック

« ブラタモリ 羽田、池袋・巣鴨、江戸城外堀 | トップページ | デカワンコ 第4話 »

2011/02/05

鳥には重力が見えるというSPECがあるらしい

爆笑問題のニッポンの教養でカラスの知的行動についてやってましたが、そのオープニングでSPECのBGMが流れてました。たしかにカラスは滑り台で遊んだり、石鹸をお楽しみで食べたりと、人間のような行動をしていてSPECぽいです。

しかし鳥類は重力が見えるそうです。これぞ本物のSPEC。

「鳥は量子もつれで磁場を見る」:数学モデルで検証

その結果、2つの電子の一方が、数ナノメートル離れ、対になっているもう一方の電子とは少しだけ異なる磁場を感知する。磁場がこの電子のスピンをどのように変化させるかによって、さまざまに異なる化学反応が生じる。理論上は、鳥類の目の全体で生じるこうした化学反応の多くが、地球の磁場を、さまざまに変化する光と影のパターンとして描き出していると考えられる。

実験室でのシステムでは、原子を絶対0度近くまで冷却しないと、量子もつれの状態を1000分の数秒より長く維持できない。これに対し、生体では温度と湿度が高すぎて、量子状態を長い間維持することはできないように思われる。だが実際には、維持できているように見えるのだ。

http://wiredvision.jp/news/201102/2011020322.html

鳥は人間の最新技術をもってしても出来ないことができているようです。

鶏も鳥かごの中から重力が見えてるんでしょうかね。

この重力の可視化がコンパスになるならGPSのように使えるんじゃないかと思ったりします。

« ブラタモリ 羽田、池袋・巣鴨、江戸城外堀 | トップページ | デカワンコ 第4話 »

コメント

昨年、少しお邪魔させていただいたKTです。遅れた挨拶となりますが、今年もよろしくお願いします。

「鳥は重力が見える(らしい)」。自然には、私達人間が知らない事象がまだまだ沢山あるのでしょうね。産業の技術開発の場では、自然から知識・アイデアを学ぶという流れも増えてきましたが、重力を感知できる技術も開発されるかもしれませんね。実用という点では、竹花さんのいうように、GPS的な使われ方がするのかな。

そういえば、ドラマの「SPEC」最終回は結局見れませんでした(泣)。折を見て、レンタルを借りようかとも考えていますが、深夜帯あたりで再放送してくれないかな~とも思っています。お金をケチってというよりも(いや、お小遣い少ないのでそれもありますが(笑))、DVDだと画質が劣ってしまうので、HD画質で見たいな~と。BDレンタルがもっと増えてくれるといいのですけど、セル販売と違って、まだまだですね。

それでは、失礼します。

ほー。磁場を感知できる動物がいるって話は聞いたことがありますが、まさか目で見てるとは思いませんでした。
磁力も重力も「力」なので、体で感じるんだろうと思ってしまいますよねsun

KTさん、どうもsun
ご無沙汰です。SPECの最終回は見れませんでしたか、それは残念でした。たしかにHDに慣れるとDVD画質はちょっと落ちますね。
映画化すれば短期集中再放送されるでしょうが、どうなんでしょう。

鳥が使っているのできっと役に立つと思います。

おじゃま丸さん、どうもsun
「重力」を見てるんですね。感じてるんじゃなくて見ているって不思議です。
「拡張現実」的な方法なら人間にでも見られると思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/50784008

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥には重力が見えるというSPECがあるらしい:

« ブラタモリ 羽田、池袋・巣鴨、江戸城外堀 | トップページ | デカワンコ 第4話 »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト