2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

記事検索できます

最近のトラックバック

フォト

« 室蘭港の防災フロート、建造以来初めて震災被災地へ | トップページ | 自衛隊の活動写真をプライベートライアン風に »

2011/03/21

スーパーレスキューの屈折放水車も原発に投入

日本の底力すごいですな。超兵器の数々。

何でも出てくるこの流れに レオンの1シーンを思い出します。

I told you. Benny, Bring me everyone.
What do you mean everyone?
EVERRRRYONE!!

(だから)言っただろ。ベニー、全員もってこい。
全員ってどういうことですか?
全員だ!!

事態好転の“切り札”「屈折放水塔車」命中率向上・危険性軽減【産経

 福島第1原発3号機への放水に投入された東京消防庁の特殊車両「屈折放水塔車」。地上30メートルにある使用済み核燃料貯蔵プールに、22メートルの高さから放水できるため、地上からの放水より命中率が上がる見通しだ。海水をくみ上げる送水車との連動で放水の持続性もアップした。

 作業は車両のバッテリーが上がるといったトラブルとも闘いながらの厳しいものとなった。しかし、軌道に乗れば無人操作も可能で作業員の被曝(ひばく)の危険性が軽減でき、事態好転の“切り札”となる

 屈折放水塔車は「ブーム」と呼ばれる折り畳み式のパイプを上に伸ばし、最高で地上22メートルの高さから毎分3・8トンの水を放つことができる。

 放水塔車に水を送り込むのが、送水車「スーパーポンパー」だ。ホース延長車があれば、最長で2キロ先の水源から水を供給できる。送水車は原発敷地内の岸壁から海水をくみ上げ、敷設した長さ800メートルのホースを放水塔車につないだ。

 これまで放水作業にあたってきた自衛隊の消防車両や警視庁の高圧放水車では、地上からの「打ち上げ」になる上、タンクの容量から1回に1、2分の放水しかできなかった。また、有人操作のため被曝の危険性も高かった

 しかし、無人操作が可能な放水塔車と送水車を組み合わせ、隊員の安全を確保しながら貯蔵プールに大量の水をピンポイントで注ぎ込むことが可能になった。7時間の連続作業で容量約1440トンのプールに1千トン以上の放水を目指す

 連続放水は事態好転への明るい動きといえるが、放水は“応急処置”にすぎない。最悪の事態回避には、失われた電源の復旧作業を急ぎ、原発の冷却機能回復が待たれる。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110319/dst11031920380083-n1.htm


1分57秒くらいから。

日本の無人化技術は無駄ではなかった。

« 室蘭港の防災フロート、建造以来初めて震災被災地へ | トップページ | 自衛隊の活動写真をプライベートライアン風に »

コメント

さらにスゴイ兵器(?)も投入されるらしいですよ。「野外炊具1号」。
カレーライス作ってる動画がありました。
http://www.gizmodo.jp/2011/03/1_65.html

Adoさん、どうもsun
「第11話、出撃!野外炊具1号ォォォ!」ですね。
野戦風呂と併せて仕分けできない資材であります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/51179834

この記事へのトラックバック一覧です: スーパーレスキューの屈折放水車も原発に投入:

» 陸上自衛隊 高圧放水車 [ミルキィクイーン]
警視庁の高圧放水車、17日中に作戦実行 機動隊員ら十数人で 2011316 警察庁によると、警視庁の高圧放水車による注水作戦は自衛隊のヘリコプター作戦終了後、17日に実行される予定。午前10時現在、交替で放水作業を行う機動隊員ら十数人は20キロ圏外で待機しており、タイミングを計って、線量測定など安全管理を担当する自衛隊員ら ... 警視庁の高圧放水車 本来は「過激派対策」の切り札 飛距離は… 2011... [続きを読む]

« 室蘭港の防災フロート、建造以来初めて震災被災地へ | トップページ | 自衛隊の活動写真をプライベートライアン風に »

見たもの読んだもの

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

無料ブログはココログ

最近読んだ本