2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

記事検索できます

最近のトラックバック

フォト

« 地震におけるメディアの限界 | トップページ | 停電エリア検索システム&電力の使用状況グラフ »

2011/03/14

危機的状況でも飲み水を確保するためのサバイバル術

給水、炊き出し場所一覧
http://u-pyon.com/m/

救援が来ないこともあります。そんな時に水を確保できる方法です

①泥水や濁った水を飲料水に変える方法

  1. 底を切り取ったペットボトルを、さかさまにしてつるす。
  2. そのペットボトルの中に小石・木炭(焚き火の燃え残り)、砂か小砂利、丸めたバンダナの順番で入れる。
    (一番下が小石、バンダナが一番上)
  3. フタに小さな穴をあける。
  4. 濁った水を入れる。
  5. たまった水を約10分間煮沸して、飲み水にする!

http://www.outdoor-skill.com/water/drinking.html

②北米先住民族の知恵~インディアン井戸

にごった川や池のそばに穴を掘る。
最初はにごった水が出てくるが、時間が経つと澄んでくる!
※井戸の水位は川や池の水位と同じ高さまで上昇してくる。

http://www.outdoor-skill.com/water/indian.html

③火を使わず太陽を利用して雪を溶かす方法。

  1. 板やダンボールの上に黒いビニールシートを置く。
  2. その上に雪を載せる。
  3. 溶けた水を容器の中に集める。

雪の中に小石を入れるとさらに溶けやすくなる。

http://www.outdoor-skill.com/water/snow2.html

④太陽熱蒸留法

  1. 地面に直径0.5~1mの穴を掘りビニールシートをかぶせ中央を凹ませる石を置く
  2. 中央から蒸発した水分がシート内側をつたってコップにたまる
  3. 穴の中には濡れた衣類や青草を入れる。いざとなったらオシッコだっていい!

http://www.outdoor-skill.com/water/sun.html

⑤海水を蒸留する

  1. 大鍋に海水を入れ、中央にコップを置きぬらしたタオルで湯気がもれないようにパッキングして、海水を入れた中華鍋をのせ焚き火にかける。
  2. 沸いた海水から立ち上る湯気が中華鍋の底で冷やされ、鍋の底をつたわってコップにたまる。

この原理がわかっていれば、中華鍋のかわりにアルミホイルやその他の容器を使ってもできる!

中華鍋に海水を入れることで蒸気になった大鍋の海水を冷やす効果があるわけですね。中華鍋に雪を入れればさらにいいのかも。

http://www.outdoor-skill.com/water/seawater.html

⑥雨水を効率よく集める方法

  1. 防水布やシートを斜めにはる。
  2. おもりに石を一つのせる。
  3. おもりのすぐ近くに、水をためる容器を置く。
  4. 泥がはね返らないように、小石をしいておくとよい

http://www.outdoor-skill.com/water/rain.html

« 地震におけるメディアの限界 | トップページ | 停電エリア検索システム&電力の使用状況グラフ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/51120744

この記事へのトラックバック一覧です: 危機的状況でも飲み水を確保するためのサバイバル術:

« 地震におけるメディアの限界 | トップページ | 停電エリア検索システム&電力の使用状況グラフ »

見たもの読んだもの

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

無料ブログはココログ

最近読んだ本