2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

記事検索できます

最近のコメント

最近のトラックバック

« 停電エリア検索システム&電力の使用状況グラフ | トップページ | 電気もガスもなければロケットストーブ »

2011/03/15

漏れ出した放射能はどれくらい危険なのか?

福島第一原発2号機の原子炉格納容器の圧力抑制室が破損した可能性があるそうで、8000マイクロシーベル強の放射線が確認されました。今日になって一時的に400ミリシーベルトが検出されました。500ミリシーベルトだと末梢血中のリンパ数が減るそうです。(離れれば回復はするのでしょうけど)

自然界から受け放射線量という基準もありますが、こうなってくると実際に起きた史上最悪の状況、広島での原爆投下も考える必要があるかと思います。(※福島原発は核爆発が起こることはありません)

広島において放射能症爆心地における放射線量は、103シーベルト(ガンマ線)、141シーベルト(中性子線)、また爆心地500メートル地点では、28シーベルト(ガンマ線)、31.5シーベルト(中性子線)と推定されている。すなわち、この圏内の被爆者は致死量の放射線を浴びており、即日死ないしは1ヶ月以内に大半が死亡した。また爆心地5キロメートル以内で放射線を浴びた被爆者は急性放射線症を発症した。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%83%E5%B3%B6%E5%B8%82%E3%81%B8%E3%81%AE%E5%8E%9F%E5%AD%90%E7%88%86%E5%BC%BE%E6%8A%95%E4%B8%8B

ニュースを見るときは下のような表を意識しておいた方がいいかと思います。

O0602090611106340894
単位はミリシーベルト(=1000マイクロシーベルト)

クリックで拡大できます。

被曝量とガンとの関連性

ある程度まとまった被曝量がある場合、その発癌性は統計的に明確に検出でき、過去に様々に検証されている。広島、長崎の被爆者の追跡調査データから、200mSv(ミリシーベル)以上の被曝について、被曝線量と発ガンの確率が「比例」していることが分かっている。50mSv以上の急性被曝については被曝線量と発ガンの増加が関連しているらしいことが知られているが、相関関係は明瞭でない。

1990年のICRP勧告60号によると、放射線に起因する発がんの確率は被曝線量に対する二次式の形で増えると評価されている。線量が低いときには二次項は一次項よりずっと小さくなるので、実用上は一次式で表される(すなわち線量と発がんの確率は比例している)。その比例係数は0.05、すなわち被曝1シーベルト(=1000ミリシーベルト=1000000ミクロシーベルト)ごとにがん発生の確率が5%あるとしている。なお、線量の大小とがんの重篤度の間には関係が無い。

8000マイクロシーベルトは8ミリシーベルト、0.008シーベルトということになります。

放射性物質が空中に大量に放出すれば、内部被曝ということが起こる可能性もあります。

放射線源を体の内部に取り込んだ場合の被曝を内部被曝という。これに対し、放射線源が体外にあって放射線だけが体に照射された場合の被曝を外部被曝という。放射線源を体内に取り込む経路には以下のようなものがある。

  • 放射性物質を口から取り込む(汚染された飲食物を摂取するなど)
  • 放射性物質が皮膚の傷口から血管に入る
  • 放射性物質のエアロゾルまたは気体を肺で吸い込む

したがって、閉じていない傷のある者は放射性物質の取り扱いを避けるべきである。また、放射性のエアロゾルまたは気体のある雰囲気中ではそれを除去できるフィルターを有した呼吸保護具等を装備しなければならない。放射性物質が皮膚表面に付着しただけでは内部被曝とはならないが、手を汚染した場合は、その後の飲食、喫煙または化粧などによって汚染を体内に取り込む可能性が高い。したがって、放射性物質を取り扱う区域内では飲食、喫煙または化粧を行ってはならず、また取り扱いを中断・終了するときは必ず手に汚染がないことを放射線測定器で確認しなければならない。

基本的に花粉症対策と同じだと池上彰さんが言ってました

日本政府はアメリカにも支援を求めたようです。まだ被害を最低限に抑える努力は続けられています。

« 停電エリア検索システム&電力の使用状況グラフ | トップページ | 電気もガスもなければロケットストーブ »

コメント

国民すべてが被爆するかもしれない
今被災している方はすべて被爆するかもしれない また救援に行っている国内外の救援隊も被爆するかもしれない

3重苦のような状況
個々の責任で行動し 自分でわが身を守らなければサバイバルできないと思う。

どうもsun
万が一放射性物質が大量に放出されれば全国が被爆するかもしれません。ただ被曝量によって大丈夫なこともあります。どれくらい被爆するかは、その時の風向きによるでしょう。

>個々の責任で行動し 自分でわが身を守らなければサバイバルできないと思う。

万策尽きれば、そうなると思います。現状、非被災地域でガソリンや灯油を買い込みにより、もっとも必要とされる被災地に渡らなず、状況を悪化させるというもあるようです。被災していない地域では、サバイバルの前に自制も必要かと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/51124938

この記事へのトラックバック一覧です: 漏れ出した放射能はどれくらい危険なのか?:

« 停電エリア検索システム&電力の使用状況グラフ | トップページ | 電気もガスもなければロケットストーブ »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト