2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

記事検索できます

最近のトラックバック

« 都民ら、大阪や名古屋に避難開始→自己責任で | トップページ | 切れた電池は温めろ »

2011/03/16

登坂淳一が東京に戻ってる

NHKの銀髪の貴公子 登坂淳一さん、先日まで北海道で地震関連のニュースを読んでましたが、今日(3月16日) 水蒸気を上げ始めた福島第一原発のニュースを読んでいます。

自衛隊のみならず、NHKも後方に控えていたアナウンサーを投入ですか。ラオウが馬から降りた的な状況なのでしょうか。

というか単に北海道赴任は一年のローテーションだったのでしょうか?

視聴者の反応

http://news020.blog13.fc2.com/blog-entry-1356.html

NHK広報の反応
http://twitter.com/#!/NHK_PR/status/47853041352843264

福島第一原発4号機の写真が出てますが、これは瓦礫じゃないのか?

定年前の方がこの原発に立ち向かおうとしているというニュースを読んで、目頭が熱くなりました。

福島第1原発の事故で、情報提供の遅れなど東京電力の対応に批判が集まる一方、最悪の事態を避けるため、危険を顧みず作業に当たる同社や協力会社の社員もいる。地方の電力会社に勤務する島根県の男性(59)は、定年を半年後に控えながら、志願して応援のため福島へ向かった。
 会社員の娘(27)によると、男性は約40年にわたり原発の運転に従事し、9月に定年退職する予定だった。事故発生を受け、会社が募集した約20人の応援派遣に応じた。
 男性は13日、「今の対応で原発の未来が変わる。使命感を持って行きたい」と家族に告げ、志願したことを明かした。話を聞いた娘は、家ではあまり話さず、頼りなく感じることもある父を誇りに思い、涙が出そうになったという。
 東京電力側の受け入れ体制が整った15日朝、男性は自宅をたった。特別なことにしたくないと考えた娘は見送りはせず、普段通りに出勤した。「最初は行ってほしくなかったが、もし何かあっても、自分で決めたことなら悔いはないと思った」と話し、無事の帰宅を祈る。
 男性の妻(58)は「彼は18歳の時からずっと原発の運転をしてきた。一番安全なものをやっているという自信があったんだと思う」と話す。出発を見送り、「現地の人に安心を与えるために、頑張ってきて」と声を掛けたという。 

http://news.nifty.com/cs/headline/detail/jiji-16X913/1.htm

« 都民ら、大阪や名古屋に避難開始→自己責任で | トップページ | 切れた電池は温めろ »

コメント

うかつなことに、ついさっきまで、この名前とこの人の顔が結び付いてませんでした。ある日を境に一瞬で銀髪になっちゃった、あのお兄さんだったんですね。

北海道に移ったという話のときももちろん結び付いておらず、今回久しぶりに顔を見るようになって、「あ、そういえば長らく見えなかった」と気づいたしだい。

baldhatterさん、どうもsun
そうです。あの突然白髪になった人です。北海道では来たときに大々的にPRしてました。去るときは突然でした。

2011年3月現在、NHK札幌所属だが、東北地方太平洋沖地震による震災報道応援要員のため、地震後の同年3月16日から、NHK放送センター(東京・渋谷)からNHKニュースを担当している。

さらに白くなる(当社比)んじゃないかと。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/51134310

この記事へのトラックバック一覧です: 登坂淳一が東京に戻ってる:

» 登坂淳一 マロ [コシ・ファン・トゥッテ★]
麻呂見参! の時報と同時に現われたNHKの顔? と言うか、NHKの「エース」です。 表の民放が安住なら、裏のNHKはこの方! 登坂淳一さん。 通称:麻呂(由来は知らない) 結構前にHPで71年生まれの「タメ」ってのを知って、 何となく好感持てた。 全国 登坂淳一が東京に戻ってる NHKの銀髪の貴公子 登坂淳一さん、先日まで北海道で地震関連のニュースを読んでましたが、今日(3月16日) 水蒸気を上げ始めた福島第一原発のニュースを読んでいます。 自衛隊のみならず、NHKも後方に控えていたアナウンサー... [続きを読む]

« 都民ら、大阪や名古屋に避難開始→自己責任で | トップページ | 切れた電池は温めろ »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト