2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

記事検索できます

最近のトラックバック

« 武田鉄矢が孔子の「論語」を解釈すると | トップページ | デカワンコ ちょっとだけリターンズ »

2011/04/30

母乳から微量の放射性物質

以前に福島の市民団体が計測した値と比べると、ずいぶん低下しています。

母乳から微量の放射性物質

福島県や茨城県など、関東や東北の5つの都と県に住む母親23人の母乳を厚生労働省が調査したところ、7人から微量の放射性物質が検出されました。母乳について、摂取を制限する国の基準はありませんが、厚生労働省は水道水についての国の指標をいずれも大きく下回っていることから、乳児の健康への影響はないとしています。

これは厚生労働省が、今月24日から28日にかけて、福島、茨城、埼玉、千葉、それに東京の5つの都と県に住む23人の母親の母乳を調査したものです。その結果、

福島県いわき市の母親の母乳から放射性物質の「放射性ヨウ素」が1キログラム当たり3.5ベクレル検出されたほか、「放射性セシウム」が1キログラム当たり2.4ベクレル検出されたということです。このほか、茨城県常陸大宮市で1人、茨城県水戸市で1人、茨城県下妻市で1人、茨城県笠間市で2人、千葉県千葉市で1人の母親の母乳から、いずれも1キログラム当たり2.2ベクレルから8ベクレルの放射性物質が検出されたということです

母乳については摂取を制限する放射性物質の国の指標は設けられていません。これを乳幼児に対し水道水や牛乳の摂取を制限する国の暫定基準値である「放射性ヨウ素」1キログラム当たり100ベクレル、「放射性セシウム」1キログラム当たり200ベクレルと比べると検出された放射性物質は、この基準値を大きく下回りました。このため、厚生労働省は「検出された放射性物質は微量で、乳児の健康への影響はないと考えられる。授乳中の母親には過度に心配せず、ふだんどおりの生活を送ってほしい」と話しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110430/t10015647491000.html

以前に市民団体が調べた結果が、

福島など4県の女性9人の母乳検査で、茨城、千葉両県の4人から1キロ当たり最大36.3ベクレルの放射性ヨウ素131が検出されたと発表した

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201104/2011042000827

ずいぶん低下しています。

この放射性ヨウ素の割合がヨウ素の全体の何%に当たるかが知りたいですね。

8ベクレルの母乳を1kgで1年間摂取したとすると、64マイクロシーベルト(0.064ミリシーベル)になるようです。

http://testpage.jp/m/tool/bq_sv.php?guid=ON

妊娠と気付かずに胸部X線撮影や胃透視を受けてしまったら

平成11年の東海村の事故でも心配されたのは胎児への影響でした。これまでの研究結果をまとめると、妊娠2ヵ月(第2~6週)に浴びたX線量が5レム以下なら奇形を生じる心配は全くありません。レム(rem)とはX線防護を目的とした線量の単位。そこで、これを人体への影響の程度を表す線量=シーベルト(Sv)に換算すると、胎児に危険を生じる最小量(しきい線量)は50~100ミリシーベルト(mSv)です。母親が胸部撮影を受けたとき、胎児の受ける線量は0.002mSv以下。胃の造影でも1分あたり0.22mSvですから、15分間としても3mSvに過ぎません。

とはいえ、放射性物質が少ないことに越したことはないので、摂取経路の特定も必要かと思います。

« 武田鉄矢が孔子の「論語」を解釈すると | トップページ | デカワンコ ちょっとだけリターンズ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/51535858

この記事へのトラックバック一覧です: 母乳から微量の放射性物質:

» 茨城 転職 就職 ハローワーク 求人 [茨城 転職 就職 ハローワーク 求人]
茨城の転職 就職 ハローワーク 求人情報を紹介します。 [続きを読む]

« 武田鉄矢が孔子の「論語」を解釈すると | トップページ | デカワンコ ちょっとだけリターンズ »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト