2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

記事検索できます

最近のトラックバック

« 「日本に損害賠償請求すべきだ」 こんな声が韓国で公然と上がる | トップページ | 入れ歯も作れる自衛隊 »

2011/04/12

福島第一原発事故:事故評価 最悪のレベル7へ

シェークスピアのキャラクターが言いそうなこと。

もうこれ以上なにを恐れることがあろう!

我々は最悪に直面しているのだ。

だが最悪を恐れてきたもの者はさらに恐れるだろう。

もう恐れることがなくなったと。

東京電力の福島第一原子力発電所で相次いで起きている事故について、経済産業省の原子力安全・保安院は、広い範囲で人の健康や環境に影響を及ぼす大量の放射性物質が放出されているとして、国際的な基準に基づく事故の評価を、最悪の「レベル7」に引き上げることを決めました。「レベル7」は、旧ソビエトで起きたチェルノブイリ原発事故と同じ評価になります。原子力安全・保安院は、12日、原子力安全委員会とともに記者会見し、評価の内容を公表することにしています。

原子力施設で起きた事故は、原子力安全・保安院が、国際的な評価基準のINES=国際原子力事象評価尺度に基づいて、その深刻さを、レベル0から7までの8段階で評価することになっています。原子力安全・保安院は、福島第一原発で相次いで起きている事故について、広い範囲で人の健康や環境に影響を及ぼす大量の放射性物質が放出されているとして、INESに基づく評価を、最悪のレベル7に引き上げることを決めました。原子力安全・保安院は、福島第一原発の1号機から3号機について、先月18日、32年前にアメリカで起きたスリーマイル島原発での事故と同じレベル5になると暫定的に評価していました。レベル7は、25年前の1986年に旧ソビエトで起きたチェルノブイリ原発事故と同じ評価になります。レベルが引き上げられる背景には、福島第一原発でこれまでに放出された放射性物質の量が、レベル7の基準に至ったためとみられますが、放射性のヨウ素131を、数十から数百京(けい)ベクレル放出したというチェルノブイリ原発事故に比べ、福島第一原発の放出量は少ないとされています。原子力安全・保安院は、12日、原子力安全委員会とともに記者会見し、評価の内容を公表することにしています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110412/k10015249911000.html

これは「終わりの始まりでなく、始まりの終わり」でしょう。

原発で作業してる方々はまったくもって、バンド・オブ・ブラザースの第101空挺師団です。

« 「日本に損害賠償請求すべきだ」 こんな声が韓国で公然と上がる | トップページ | 入れ歯も作れる自衛隊 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/51370546

この記事へのトラックバック一覧です: 福島第一原発事故:事故評価 最悪のレベル7へ:

« 「日本に損害賠償請求すべきだ」 こんな声が韓国で公然と上がる | トップページ | 入れ歯も作れる自衛隊 »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト