2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

記事検索できます

最近のトラックバック

« 白雪姫が日本を馬鹿にしてる | トップページ | 福島県児童の「20ミリシーベルト/年」の薄弱な根拠 »

2011/04/23

シリアスマンが面白かった ★★★★★

同じコーエン兄弟のトゥルーグリッドはエンターテインメントとしていいですが、シリアスマンはコーエン兄弟のブラックユーモアが炸裂しています。

まじめな男(シリアスマン)のラリー・ゴプニクに不条理が次々と襲いかかり、敬虔なユダヤ教徒として生きてきた男を「不安」の渦のなかに引き込んでいきます。

ラリーやサイ・エイブルマン(「出来る男」って意味ですね)をはじめ、キャラが強烈。

ネタバレあります。

コーエン兄弟は漠然とした、掴みどころのない不安に苦しめられる人を描かせたら天下一品と思います。

最初のイディッシュで喋る夫婦の話で、夫の誘いで家に来たのですが、妻はそのラビが死んだと思っており、邪悪な魂に操られた死体だとアイスピックでラビの胸を刺します。これが後でラリーが授業で語るシュレーディンガーの猫と同じで、刺して見て血が出なかったら悪魔。血が出たら人間(この場合、死にますが)。

刺したら、血が出ました。これがコーエン兄弟。笑ってしまいました。

大学の教員として終身雇用(tenure:終身地位保証と訳され定年まで契約更新なしに勤めることのできる)されるかどうかを決める審査が迫る数学教授ラリー・ドプニックは、娘と息子と妻の4人で郊外のベッドタウンに住んでいます。ジョークも言わないような堅物に近い男です。テストの点が辛いという電話が来るくらいです。しかし息子はユダヤ学校(ヘブライ語とか教えてます)でラジオを聞いていたり、マリファナを吸ったりしてます。

病院で検査を受けるシーンから始まり、もうすぐ息子のユダヤ教ととしての成人式だねと医者に言われるところから始まります。幸福から落ちていくのがコーエン兄弟の法則です。

そんな彼のオフィスに韓国系の生徒クライブが訪ねてきて、F(落第)からC(可)に中間テストの評価を上げて欲しいと、そうしないと奨学金がもらえなくなると頼みに来ます。しかしラリーは断ります。クライブが出て行くと、大金が入った封筒が机にありました。気がついてオフィスから出て行くのですが、もうクライブは見当たりません。

隣はユダヤ教徒ではなく、どことなく凶暴で、自分のウチの方にまで芝を刈り込んで「侵略」を始めています。

家に帰って家族と夕食を食べ、夜中に採点していると、妻が突然、離婚したいのでゲート(ユダヤ教の離婚状)を書いて欲しいと言い出します。激しく動揺するラリー。相手はサイ・エイブルマンという男でした。この男、ボルドーの上等なワインを持ってラリーに会いに来て、ラリーを抱き寄せて言います。

俺たちはうまくいくよ。

なのに、妻と一緒にエイブルマンと食事をしているとき、ラリーに子供たちのために家から出てモーテルで暮らしたらどうだいと言い出します。頭のおかしなおじさんアーサーと一緒にラリーはモーテルに住むことになります。

アーサーは妙なことをノート一杯に書くようなヤヴァイ人で、違法賭博で捕まったり、ノースダコタまで行って男を買って捕まったりする問題児です。

数学部長はラリーを誹謗中傷する匿名の手紙が届いているけど、終身雇用の審査には響かないからと、なだめているようで逆に心配になるようなことをラリーに言います。

妻との離婚問題、大学の終身雇用、問題を起こすラリー、頼んでもいないレコードの通信の支払い請求、反ユダヤに見える、銃で狩りをする隣人。すべてが精神的にラリーを追い込んでいきます。離婚のことで相談に行った弁護士に、ユダヤ教の偉い人であるラビの話を聞いてはとアドバイスします。

若い下位のラビは、ラリーに神への信仰を失ったとしても、神がいると思って「駐車場の自分の車」も見方を変えれば違って見えると言います。何でも「駐車場の話」に持って行くのが薄っぺらくて笑えます。

ラリーが街中でクライブを見つけて車の中から匿名の誹謗中傷してるのはお前だろうと怒鳴っていたら追突事故を起こした後、弁護士のところを訪れているときに、息子から大変なことになったと電話で呼ばれて家に帰ってみると、妻が号泣しており、サイ・エイブルマンが事故死したことを知ります。これは偶然なのかとラリーはその意味を別のラビに聞きます。

次にラリーが会いに行ったラビの話が面白いです。ユダヤ教徒(コービ)じゃない男がユダヤ教徒の歯医者を訪れ、その歯形を取ると、なんと歯の裏にヘブライ文字が刻まれていました。そんなヤツは他に一人もいない。これは何かの啓示なのかと考え、文字が数字かもしれないと思って電話してみたら、普通のスーパーマーケットでした。字の意味としては「救え」のような意味になると。そこで歯医者はこのラビにアドバイスを求めました。そこで話が終わります。なんて答えてやったんだとラリーがキレます。別にキミには関係ないだろうとラビは笑いますが、ラリーが食い下がってくるので、ラビは答えます。神の啓示でも何でもないと。

つまりラリーの今の身に起こっていることに、神の意志も、人生の意味も何もないと。面白いことにラリーは授業で「不確定性原理」を証明します。そこに死んだはずのエイブルマンがいます。そして数学は「可能性の芸術」だと言います。それは違うだろうとラリーは答えます(それはオットー・フォン・ビスマルクが政治について言ったそうです)。そしてラリーの頭を掴んで、黒板に叩きつけます。俺は真剣な男だ。俺は真剣にお前の妻とファックしたと。そこで目が覚めます。そしてラリーは隣人のセクシー妻に誘われて、一緒にマリファナとか吸ってしまいます。段々グダグダになっていくラリー。

しかしなんとか持ち直し、息子もマリファナでラリったまま成人式に臨み、頭がハイになりながらも、なんとかやり遂げます。ここでラリーは、妻から大学に匿名の誹謗中傷を送っていたのはエイブルマンだったと打ち明けられます。ラリーは終身雇用を得られることになります。万事うまくいき、大学のオフィスで手紙を見ていると、弁護士からの請求書が届いていました。3000ドル。かなりの金額です。ラリーの手元にはクライブが置いていった賄賂が残っています。ラリーは悩みに悩んだあげく、FからCに改ざんします。そして突然の電話。悪事がばれたのかと驚くラリーが電話を取ると、医者が検査結果を教えるから今から来て欲しいと言われます。電話じゃダメなのかと聞き返すと、ダメだと。今、竜巻注意報が出ています。

ここで終わるのが、コーエン兄弟。面白かった!

豆知識

コロンビアハウスレコードからレコードから送られてきたけど(息子が勝手に頼んでいた)、どんなの聞いていないとラリーが怒りますが、そのレコードはサンタナのAbraxasというらしく。このAbraxasはアブラカタブラに由来し、グノーシスでは神を意味しているそうです。つまりラリーは魔法と神を否定していることになるそうです。

エンドロールの最後、動物愛護のマークが出た後に

No Jews were harmed in the making of this motion picture

と書かれています。

「この映画の制作においてユダヤ人が傷つくようなことは行われておりません」

これがオチかっ!

コーエン兄弟はユダヤ人じゃなかったら顰蹙ものですね。

« 白雪姫が日本を馬鹿にしてる | トップページ | 福島県児童の「20ミリシーベルト/年」の薄弱な根拠 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/51472026

この記事へのトラックバック一覧です: シリアスマンが面白かった ★★★★★:

« 白雪姫が日本を馬鹿にしてる | トップページ | 福島県児童の「20ミリシーベルト/年」の薄弱な根拠 »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト