2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

記事検索できます

最近のトラックバック

フォト

« サラリーマンNEO 6 第3回 | トップページ | タイムスクープハンターがヒューゴ賞を受賞! »

2011/05/25

仏・アレバ社 原発汚染水1トンにつき2億円を提示

優しい顔してふんだくる。これがフランス流ですよ。高すぎるだろう!

数十億円で収まるそうです。よかった。(リンク

仏・アレバ社 原発汚染水処理費用に1トン2億円を提示

3月末、フランスのサルコジ大統領が同国の原子力企業「アレバ」社のCEOを同行して来日した際に、菅直人首相はもみ手をしながら歓迎し、“原発をよろしく”と勝手なトップセールスをやった。

 その結果がこうだ。経産省幹部が明かす。

「フランス側から提示されている処理費用はとんでもない金額だ。なんと汚染水処理に1トンあたり2億円もかかるという。最終的に汚染水は20万トンに達すると見られているので、それだけで40兆円。東電どころか日本が破綻してしまう

 国民には負担を押しつけ、外国には土下座する菅政権の典型的失敗だ。汚染水処理など国内企業でもできる。すぐにアレバには去ってもらっても構わないはずだが、きっと菅政権はその“言い値”に近い額を払うだろう。

※週刊ポスト2011年6月3日号

http://www.news-postseven.com/archives/20110525_21234.html

確かに放射能汚染水を処理できる企業はあるようです。

“振動”する膜で汚染水処理 東電に提案、テクノアルファ

産業用装置を扱う専門商社テクノアルファ(東京都品川区)は、小さな穴が無数にあいた膜を揺らしながら不純物を取り除く「振動膜式ろ過装置」を原子力分野に提案する。東日本大震災に伴う原子力発電所事故では、放射性物質を含む汚染水の処理装置が注目されており、同社も東京電力に採用を働きかけ始めた。納入実績を弾みに東電以外の電力会社にも提案、汚染水処理事業の拡大を狙う。

この装置は、「ナノメートル(ナノは10億分の1)レベル」という微細な穴をもつろ過膜と、その膜に1秒間に60回以上の振動を加えることが特徴だ。

 汚染水をろ過膜に通すことで、まず、放射性物質と塩分などの不純物がせきとめられ、通過した水は汚染が除去される。常に膜を振動させることでせきとめられた物質が膜にはりつかないようにし、膜の目詰まりを防ぐ。目詰まりが減れば、ろ過膜の寿命が長くなり、膜の交換を減らせる。

 さらに装置は、1辺が約2メートルという正方形のスペースがあれば設置できる。コンパクトでありながら1台で、1時間あたり約20トンの汚染水を処理できる。

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110508/biz11050817030003-n1.htm

日本ポリグルという会社の汚染水浄化剤も有効かもしれません。納豆のネバネバを使ってるそうです。

汚染水処理に40兆円と汚染水処理の実績を持って行かれては、日本はまったくいいとこなしですよ。汚染水放出は国際テロだとかビビらせる輩がいるから40兆円も言い値で払うことになるんですよ。危険厨は経済観念がなさ過ぎます。日本で核燃料処理を進めていれば、こういう処理技術の蓄積があったんだろうと悔やまれます。反原発派が処理工場の建設にも反発したから、日本には核事故の後始末に関わるノウハウがない。

原子炉の国産化したんだから、処理もできるだけ日本でしないと。技術立国ではないのか日本は。

フランスにチーズがあるなら、日本には納豆があるんじゃ!

アレバにコンサルタント費用を払えばいいんじゃないかと。

アマゾンの原発関連の本

« サラリーマンNEO 6 第3回 | トップページ | タイムスクープハンターがヒューゴ賞を受賞! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/51766153

この記事へのトラックバック一覧です: 仏・アレバ社 原発汚染水1トンにつき2億円を提示:

« サラリーマンNEO 6 第3回 | トップページ | タイムスクープハンターがヒューゴ賞を受賞! »

見たもの読んだもの

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

無料ブログはココログ

最近読んだ本