2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

記事検索できます

最近のトラックバック

« セシウム除去にはヒマワリ→高温好気性堆肥菌 | トップページ | タイムスクープハンター 3 第1回 のろしをあげよ! »

2011/05/12

ごめん一号機の水位全然足りてなかった。でもなんで冷えたの?炉心が全部溶けちゃってたからさ!

これはなんですか?ボケと突っ込み?3月にこんな発表されたら確実にパニックになってましたね。

1号機の核燃料、完全露出し溶融 圧力容器の底で冷却

東京電力は12日、福島第1原発1号機で、原子炉圧力容器内の冷却水の水位が想定よりも低く、長さ約4メートルの燃料が完全に露出して、溶け落ちたとみられると発表した。どれくらいの燃料が溶けているかは不明。溶けた燃料は圧力容器の底を傷付け、そこから水や溶けた燃料が外側の格納容器に漏れた可能性もあるとしている。

 これまで圧力容器内の水位は通常時の燃料上端から約1・5~1・7メートル下とみられていたが、水位計を調整して測った結果、5メートル以下と分かった。ただ圧力容器の表面温度は、上部から下部まで100~120度と比較的低く、東電は「燃料は(水に漬かって)冷却できている」と強調している。

 東電はこれまで、炉心の損傷割合は55%と推定していた。関係者は燃料がすべて溶けた可能性も否定せず、損傷度合いが深刻であることは確実だ。

 経済産業省原子力安全・保安院の西山英彦(にしやま・ひでひこ)審議官は「圧力容器内のさまざまな測定計が正常状態でないと思っている」とし、慎重な検証が必要との見解を示した。

 2号機では3月14日に燃料全体が一時露出したことがある。

 東電は燃料を冷やすために11日までに1号機圧力容器内に計1万トン余りの注水を続け、同時に格納容器に水を満たす「冠水」作業に取り組んでいたが、水漏れなどを受け、方針を見直すことを明らかにした。新たな冷却システムの設置も準備しているが、いまだに圧力容器内の状態を把握しきれておらず、今後の計画にも影響しそうだ

 東電は原子炉建屋内に作業員を入れ、大まかな水位変化が分かる程度だった水位計を調整した上で測定し直した。その結果、通常時の燃料上端から5メートル下まで水があることが確認できなかった。水位計に異常は見つかっていないという。

http://www.47news.jp/CN/201105/CN2011051201000254.html

枝野官房長官が会見ときに汗が噴き出してて炉心溶融してたし、アメリカ政府は80km圏内退避勧告を出しましたし、最悪の状況を覚悟してたんでしょうね。しかしよく耐えたなと。人工衛星の「はやぶさ」とか、最悪の状況から這い上がるのが日本のデフォルト設定なんでしょうか。

これでもか、これでもかと、新しい装置と人力を投入したおかげで、実際にそこまで酷いことにはなりませんでした。おかげで、福島以外の地域は今も普通に生活できてますし。

当時、原子炉に穴が開いてましたとか言われたら、こっちも胃に穴が開いてたかもしれません。

しかし炉心が溶けて落ちたおかげで、燃料棒を冷やすことができたというのは、なんというパラドクスでしょう。原子炉の健全性は100%保たれていなかったために水位は上がらず、炉心が溶融して原子炉の底に落ちたことで水に浸かることができ、ホウ酸の効果もあって温度が下がったのでしょうか?逆に結果オーライと(当然、燃料棒が壊れないのが一番ですが)。

果たして二号機から四号機までどうなっているのか。やはりレベル7の事故ですよ。しかし格納容器があった福島第一原発と格納容器がなかったチェルノブイリの差は歴然です。

格納容器は蚊取り線香の金属の受け皿みたいなことなんですかね。受け皿がなかったら、畳が焦げちゃったり、灰が飛んだりします。

すでにアメリカ軍のCBIRFは撤収しているので、今すぐに危機的な状況になることはないと思います。

« セシウム除去にはヒマワリ→高温好気性堆肥菌 | トップページ | タイムスクープハンター 3 第1回 のろしをあげよ! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/51651536

この記事へのトラックバック一覧です: ごめん一号機の水位全然足りてなかった。でもなんで冷えたの?炉心が全部溶けちゃってたからさ!:

« セシウム除去にはヒマワリ→高温好気性堆肥菌 | トップページ | タイムスクープハンター 3 第1回 のろしをあげよ! »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト