2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

記事検索できます

最近のトラックバック

« 児玉清死去 | トップページ | サラリーマンNEO 6 第2回 »

2011/05/17

本震直後に非常用復水器3時間停止 福島1号機

福島第一原発の一号機の非常用復水器を「マニュアルに従って」停止したらしいです。

一号機は壊れたんじゃなくて、壊したんですね!

ふざけるな~!

福島第1原発事故で東京電力は16日、非常時に原子炉を冷やす1号機の非常用復水器が、本震直後から3時間にわたり止まっていたとの調査結果を公表した。東電はマニュアルに従って止めた可能性を強調するが、津波ではなく、地震の衝撃による不具合だった可能性がある。1号機は後に炉内の温度が上がり、炉心溶融を起こしている。

 通常、炉内の水蒸気は主蒸気管を通じてタービン発電機に導かれる。原子炉が非常停止した際は、非常用復水器に蒸気が導かれ、内部にためてある水で冷却して水に戻し、その水を炉心に注入して冷却する。稼働後、8時間は冷却できる設計になっている。

 東電が発表した震災直後のデータによると、本震発生から6分後の3月11日午後2時52分に1度は復水器が起動し、炉の圧力は急低下。しかし、同午後3時には炉内の圧力が上昇に転じた記録が残っており、東電はこの時点で復水器が止まったと判断した。

 津波が襲ったのは、装置が止まった30分後。さらにその後、午後6時10分に復水器が再び動いたが、12日未明までには完全に止まった

 東電によると、炉内の温度が1時間に55度以上下がる場合は、冷却装置を止めるようマニュアルに示されている。

 松本純一原子力・立地本部長代理は「午後3時にかけて炉内の圧力が急低下した。この時に温度も下がり、止めた可能性がある」とマニュアルに沿った行動だったと強調。ただし、根拠は示さなかった。また、「地震による損傷を示すデータはないが、可能性も否定できない」とも述べた。

 東電が15日に公表した解析結果によると、1号機では震災から約5時間で炉内の燃料が壊れ始め、16時間後の3月12日午前7時前にはほぼすべての燃料が溶け落ちた。

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2011051790014812.html

これは地震で壊れたんじゃなくて、マニュアルどおりに操作して壊した可能性が高いです。地震が起こって非常用復水器に不具合が起こったらなら、どうして津波が襲って他の冷却システムが壊れたあとで、勝手に機能回復したのでしょうか。そんなうまい話があるんでしょうか。

どこかの関西の大学の教授が津波の前から冷却システムが停止してしまっていたというのは当たってましたが、まさか誰かが止めていたとは。マニュアルでしか判断してはいけない嗚呼、日本文化の悲しい性。

子供じゃないんだから東電には「壊した」と「壊れた」の区別はつけて頂きたい。

« 児玉清死去 | トップページ | サラリーマンNEO 6 第2回 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/51697930

この記事へのトラックバック一覧です: 本震直後に非常用復水器3時間停止 福島1号機:

« 児玉清死去 | トップページ | サラリーマンNEO 6 第2回 »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト