2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

記事検索できます

最近のコメント

最近のトラックバック

« JIN-仁-第6話 | トップページ | ほこXたて シイタケ対決 »

2011/05/23

斑目発言にでたらめ指示の菅総理

福島第一原発の海水注入が中止された真相は闇ですが(そもそも真相が闇って、指揮系統とか権限が明確じゃないのは政府として機能不全に陥っていると思いますが)、おそらく斑目氏が海水注入による臨界の可能性はゼロではないと言われて、菅総理(か政府の人間が)海水注入を一旦停止したのではないかと思います。理由は?

左翼(福島みずほ症候群)だからです。

班目氏発言「再臨界、ゼロではない」と政府訂正

政府・東京電力統合対策室は22日、福島第一原発1号機の原子炉への海水注入を3月12日に中断した際、内閣府原子力安全委員会の斑目春樹委員長が菅首相に「再臨界の危険性がある」と進言したとしていた21日の発表を訂正した。班目氏の発言について、「首相から再臨界の可能性を問われ、可能性はゼロではないとの趣旨の回答をした」と改めたが、再臨界の問題が注入中断に影響した可能性に変わりはなく、野党はわずか1日で訂正されることになった経緯も含め、国会審議で追及する構えだ。

 発言内容の訂正は、班目氏が22日、首相官邸で福山哲郎官房副長官、細野豪志首相補佐官に申し入れた。出席者によると、発表の訂正を求める班目氏に、福山氏らが「可能性はゼロではない」と発言したとする案を提示、班目氏も了承したという。細野氏は22日夜、記者団に、「(発言内容の)基本路線は変わっていない」と述べた。その後、菅首相に訂正を報告した。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110522-OYT1T00444.htm

たとえば投資で損する「可能性はゼロではない」と言われた場合、次に取り得る行動は2つにひとつ、「リスクは低いから投資する」か「リスクは低いけど絶対安全じゃないから投資しない」かです。これは「車を運転すると事故を起こす可能性があるから車を運転しない」といういうふうにも言えるでしょう。

確かに車に乗らなければ事故には遭いません。絶対に安全です。しかし田舎に住んでいて家族が心臓発作を起こしたとします。そして救急車が来るまでに1時間かかると言われた場合、どうしますか?選択肢は2つ:

事故に遭うリスクがあるから車に乗って心臓発作を起こした家族を病院へ連れては行かないという選択肢もありますし、リスクを冒しても急病の家族を病院へ連れて行くという選択肢もあります。

普通なら事故のリスクを冒しても、車を運転して家族を病院に連れて行くでしょう。たぶん菅総理でも車を運転して、病院に連れて行くでしょう。この心臓発作を起こした家族を福島原発事故に当てはめれば「炉心溶融の危機を抱えた原子炉」です。なのに菅総理は注水を止めさせた。なぜか?

「炉心溶融の危機を抱えた原子炉」という影のリスクを考えられなかったからでしょう。それは菅総理が「ゼロリスク症候群」池田信夫氏曰く、「福島みずほ症候群」だからです。菅総理は浜岡原発を停止しました。30年間に東海地震が起こる確率が80%以上だから止めました。それによって引き起こされる弊害をまったく考えていません。

想定外の状況において未来を判断するときに知識は関係ありません(想定外ですから既存の知識ではわかりません)。判断者の性格と経験で決まります。菅総理はリスクと言われると後ろ向きになるタイプだと思います。

池田信夫氏は、「福島みずほ症候群」でこう書いています。

首相の「要請」で浜岡原発が停止されてから、各地で原発停止の住民運動が広がっている。それは当然だろう。地震確率0.0%の福島第一原発で事故が起こったのだから、地震のリスクを基準にすれば日本のすべての原発が危険だ。

この問題で一貫して明快な主張をしているのは、社民党の福島みずほ党首である。彼女は以前から浜岡の停止を求めており、今度はさらに進んで「命を大事にするために、すべての原発を即刻止めるべきだ」と主張している。その通りである。もっと一貫して、命を大事にするために、すべての自動車と飛行機の禁止を求めてはどうだろうか。

彼女に代表される「絶対安全」を求めるヒステリーは、日本社会の病である。これは彼女が派遣労働の禁止を求めていることと無関係ではない。どちらも目先の不快な現象をなくすことだけを求め、その結果を気にしない。原発を止めることによる「安心」のメリットはわかりやすいが、それによって電気代の値上げや成長率の低下が起こるのは先のことなので、因果関係がよくわからない。夏になって電力が足りなくなったら、また「政府の失策だ」とか何とか攻撃すればいいのだ

http://news.livedoor.com/article/detail/5574924/

福島みずほが何を言っても構いません。沖縄から米軍基地をなくせとか言ってる御仁です。米軍は絶対安全ではないと叫びますが(犯罪犯すふざけた米兵はいます)、中国リスクを無視しているわけです。問題は政権を握っている菅総理が福島みずほみたいに絶対安心とか考えると逆に被害を拡大するわけです。

米軍が沖縄からいなくなってもいいですが、それによって空洞化する対中国防衛をどうするのか考えてなくていいのが福島みずほで、考えなきゃいけないのが総理大臣です。

「心臓発作を起こした家族」の話に戻りますが、長らく日本は臓器移植が行われていませんでした(生体肝移植を除いて)。脳死がヒトの死ではないとしていたからです。それは、脳死で生き返るリスクはゼロではないとしたからとも言えます。そのために臓器移植をすれば助かった方もおられるはずです。菅総理も「脳死から生き返る」リスクを考えて、助かる命を助けなかったと言えます。

« JIN-仁-第6話 | トップページ | ほこXたて シイタケ対決 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/51751134

この記事へのトラックバック一覧です: 斑目発言にでたらめ指示の菅総理:

« JIN-仁-第6話 | トップページ | ほこXたて シイタケ対決 »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト