2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

記事検索できます

最近のトラックバック

フォト

« 低レベル放射能なら良いという学者がオーストラリアにもいる | トップページ | 戦国鍋TV 曲直瀬道三 »

2011/07/19

ほこXたて NWS超硬合金 三度目の勝利

ある意味、矛盾の盾と矛の対決に一番近い対決。とにかく凄い。

日本タングステンのNWS超硬合金はこれまで二連勝。

そして三度目となる挑戦者、古河ロックドリル株式会社の油圧クローラドリル

チューブの感じとか長いアームとかやけにかっこいいですね。

しかし強いですね、NWS超硬合金。

タングステンは第二次世界大戦中から戦車の砲弾に使われてます(今の自衛隊も)。

タングステンの作り方がありました。

融点が3800度(鉄が1500度)と高いため(太陽炉でも3000度)、放電加工をするそうな。電気なら貫通できるのか。

« 低レベル放射能なら良いという学者がオーストラリアにもいる | トップページ | 戦国鍋TV 曲直瀬道三 »

コメント

憶測ですが、NWS超硬合金はやはり放電加工機やレーザー加工機を用いて加工しているのではないでしょうか…。
ドリルがダメでも温度には勝てないでしょうから

無名さん、どうもsun
それで対決したらさすがにNWS超硬合金でも負けますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/52247206

この記事へのトラックバック一覧です: ほこXたて NWS超硬合金 三度目の勝利:

« 低レベル放射能なら良いという学者がオーストラリアにもいる | トップページ | 戦国鍋TV 曲直瀬道三 »

見たもの読んだもの

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

無料ブログはココログ

最近読んだ本