2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

記事検索できます

最近のトラックバック

« ハーツオブアイアン・アイアンクロスを日本でプレイ(2)。例のアレはなかったことに | トップページ | ほこXたて トマト対決 »

2011/07/31

薬害エイズと同じ構造…保安院「やらせ」で首相

これは首相ではなく野党が言いそうな扇情的な話ですね。この他人事のような言い方、首相の言葉とは思えません。

ああごめんなさい、もうすぐ元総理でしたね

こんな総理に官僚も含めて人がついて行くわけがない。海江田さんも泣いちゃいますよ。

薬害エイズと同じ構造…保安院「やらせ」で首相

菅首相は31日、経済産業省原子力安全・保安院が中部電力に「やらせ質問」を要請していた問題について、「私が厚相の時に体験した薬害エイズの構造とそっくりだ。事実なら、(原子力発電所の)安全性を国民の立場でチェックしなければいけない保安院が、(原発を)推進する側の手伝いを(して、立場を)越えている」と述べ、厳しく批判した。

 長野県茅野市での民間主催のエネルギー関連会議のあいさつで語った。

 首相は薬害エイズをめぐり、旧厚生省から製薬会社への天下りなどを取り上げ、「メーカーの利益を尊重する薬務行政」が原因になったと指摘。発言は、今回のやらせ質問も、経産省と電力業界との同様な構造による、との見解を示したものだ。

この人、これで再起を図りたいとしか思えません。NHKのニュースでは、現実的に考えて原発は必要だと言うパネリストもいましたが、民放ではそういう意見に一切触れず。

「やらせ」と「薬害」がどうして同一レベルなのかわかりません。「やらせ」は政府のプロパガンダ、「薬害」は被害拡散を防げなかったのが最大の問題であって、言うなれば菅内閣の福島原発の対応のまずさと比較すべき

菅総理の癒着や天下りがすべての元凶というなら、放射性セシウムに汚染された稲わらが全国各地で牛に与えられたのは、農水省の癒着や天下りが原因ということになるのではないでしょうか。その責任は菅直人総理大臣にはないのでしょうか

※癒着や利権構造がいいとは言ってませんが、いわゆる原子力村が閉鎖的な社会でなくても、福島の原発事故は起ったでしょう。原子力村を批判する反原発の人たちにこう聞いてみるといいでしょう。原子力村がなければ原発は100%安全か?

原発が推進されたのはオイルショックがあったのを菅直人「元」首相は忘れてます。今の東南アジア諸国が発展のためにエネルギーを必要としているのと似ています。ただその後の対応のまずさは、閉鎖的な構造にあると言えると思います。

放射能をちょっとでも体内に入れると末代まで影響が出るという世の中の雰囲気がありますが、紫外線にも同じ事が言えるようです。

紫外線を浴びたらダメだ、ガンになると思われていますが、それは極端に浴びたような状況であって、ある程度は浴びないといけないようですよ。

がんも怖いけど、日焼け避ける方がずっと体には悪いかも

この30年の間に新聞・TVが垂れ流した怖い記事のせいで、みんなすっかり太陽を恐れるようになってしまったと批判するCannell氏のような専門家が最近ますます増えている。彼らが言うには、太陽を避けた結果、血中に自然に育まれるビタミンDは自然が元々意図した量のほんの一部となり、これが原因でいろいろ恐ろしいことになっている、がん罹患率の大幅増加もそのひとつだ、というのだ。

<中略>

例えばクレイトン医科大学のビタミンD研究家であるRobert Heaney医学博士は、ランダムに32件もの検査を行ったが、大半の結果はこの仮説を強く裏付けるものだったと指摘する。例えば平均年齢62歳の女性グループに毎日大量のビタミンDサプリメントを投与する大がかりな調査では、摂取開始からたったの4年で対照群に比べあらゆる種類のがん発症率がなんと60%も減ったのである。

「がんは何十年もかかって進行する病なのに、たった何年か摂取しただけでそんなにガクンと減るなんて一体どういうことなのだ?」と疑り深い人は思うだろう。思って当然だ。これについてHeaney氏は、(短期間で減るのは)検出可能になる前の小さな腫瘍の段階でビタミンDが腫瘍の成長・転移を食い止めてしまうからではないか、と考えている。「どうせなら私もそんながんに罹ってみたいものだよ―大きくならないがんにね」(Heaney氏、2010年6月筆者と談話の中で)

<中略>

カナダがん協会は2009年、ビタミンD摂取の推奨量を1日1000 IUに引き上げたが、ただ、それでも「ビタミンDが大事」という話は我々の体が形成されたときの周辺の自然環境を考えても、存外納得がいく。結局なんだかんだ言ってもビタミンDは、ただ太陽の紫外線を浴びるだけで体内に自然に生まれるものなのだから―。

強い日差し(4月から8月にかけての11:00 AM-3:00 PMに差す日光のような強度)の中にたった10分ボケッと突っ立ってるだけで、人の体内にはなんと牛乳コップ200杯分のビタミンDができる。「ことビタミンDに関しては自然は何故こんなにも早業なのだろうね? 自然は普通こういう早業はしないものなのに」とJohn Cannell氏は問いかける。

もちろん氏が暗に言わんとしている答えは、それだけ安定的に大量のビタミンDを確保する前提で我々の体が造られているからだ、ということである。

ところが最近専門家がテストを行う被験者の数が増えるにつれ、米・カナダ・北欧に住む文字通り全人口が今深刻なビタミンD不足を抱えている実態が徐々に分かってきた。原因は何なのか? おそらく何十年という長きに渡って我々が太陽から隠れてきたせいではないかと、Cannell氏はじめビタミンD評議会所属の医師たちは睨んでいる

その影響は我々が自覚しているより遥かに酷いことも考えられる。自閉症の爆発的増加も、妊娠中に母親の体内のビタミンD摂取量がゼロに近く、産後も小さな乳幼児の時に日光から隔絶されて育つことが原因なのでは...と危惧する専門家も今は多い。

米疾病管理予防センター(The Centers for Disease Control :CDC)によると、今やビタミンDを充分摂取している乳児は文字通りゼロに等しいという。具体的に欠乏比率がどれぐらいかというと、CDCが2011年より前に推奨していた低い体内摂取基準をベースに割り出しても、乳児全体の90%は摂取不足なのだ。

Cannell氏によると、自閉症有病率が最も高いのは、雲と雨が最も多く、よって血中ビタミンD量が最も低いエリアらしい。スウェーデンの研究でも日光欠乏と自閉症を強く関連付ける結果が得られている。

さらに同じ緯度に住む人でも黒人は体内ビタミンDが白人の半分で、自閉症に罹る確率は倍だ。逆にソマリアのように太陽が燦々と降り注ぎ、ほとんどの人がほとんどの時間を野外で過ごす土地では自閉症は文字通り確認もされていない

あとこれも事例的証拠で恐縮だが、自閉症は比較的裕福で高学歴な人に高い確率で起こる極めて稀な難病のひとつ。富裕な高学歴層と言えば、まさに最も日焼け止めに熱心で、子どもを屋内にかくまっておく確率が高い層ではないか...。

<中略:自閉症の件はかなり議論の余地のある話です>

1973年、まだ医学部の学生だった頃、Cannell氏は人間の母乳にはビタミンDはほとんど含まれておらずゼロかそれ近い、と教わり、「そんな馬鹿な話あるか、と思った」そうだ。2011年に電話で雑談の折に出た話だが、「どうして自然はこれほどまでに人間の命に欠かせぬ物質を乳児から奪うのだ?」と思ったという。氏はこう続けた。「実は妊娠中の女性がビタミンDを1日5000 IU摂取し始めると、すぐさま母乳には授乳中の赤ちゃんに充分行き渡る量のビタミンDが含まれるんですよ。つまり毎日女性が自然に浴びるべき量を確保する、鍵はそこにある、というわけです」

しかしこうした事実とは裏腹に(これはビタミンD協議会に所属する医師・研究者が大いに腹を立てていることでもあるのだが)、アメリカ食品医薬品局(FDA)の推奨する1日のビタミンD摂取量は相も変わらずたった400 IUのまんまだ。同局はビタミンD研究のほとんどは「不完全」あるいは「矛盾する」ものだと公式に述べており、石橋叩いてゆっくり渡る慎重なアプローチなのである。

<中略>

「いいですか、よく聞いてくださいよ。幼児期の自閉症、ぜんそく、自己免疫疾患が爆発的に増えていることは今や誰でも知っている。それもこれもみんな太陽から子どもを遠ざけた時点から始まっていたんですよ。25年前から降って湧いた三つ巴のパーフェクトストームで、子どもが浴びる日光の量はすっかり変わってしまった。まずひとつ目は1980年代に社会を恐怖に陥れた幼児性犯罪者の台頭、ふたつ目が皮膚がんの恐怖、最後が任天堂&ビデオゲームのブーム。今の子どもは外で遊ばなくなってしまった。遊び場もがらんとしている。子どもを走り回らせるだけで悪い母親と呼ばれてしまう。子どもが日焼けなんてした日にゃ児童福祉法違反で通報だ。子どもの脳の発達がこんな風にビタミンD抜きで進まなければならない状況はかつて一度もなかった

<※過保護な親が子供をダメにするのは古代ローマの皇帝ネロからです。>

本書は医学書ではないので、ビタミンD研究最前線の人たちの勧めをそのまま紹介するぐらいしか能がないが、彼らが口を揃えて言う一番のアドバイスは「炎症を起こさない範囲で適度な日光浴を日課にする」ことだ。着衣はなるべく薄着がいい。肌が赤くならない範囲でどのぐらいの日光までなら消化できるか、それは本人が一番良くわかっているよね。ものすごく色白な人、ブロンドの人、赤毛の人でもない限り、強い日差しに一度に10分から20分当たっても問題ないだろう。日なたに短パン1丁で寝そべって、仰向け・うつぶせで表裏5~10分ずつ浴びること。UV密度を決めるのは太陽の高さだ。地面に落ちる自分の影が自分の背丈より短かったら、その体で結構な量のビタミンDが生み出せるはずだよ。

人類は原子炉もまともに制御できない、自然エネルギー万歳という方々には、我々はこの世の森羅万象の何を知っていて、何を知らないすらわかってないですけど、言っておきましょう。

自然エネルギーの開発は進めるべきですが、いかんせん成功するか失敗するかは未知数です。少なくとも既存のものは使えます。

« ハーツオブアイアン・アイアンクロスを日本でプレイ(2)。例のアレはなかったことに | トップページ | ほこXたて トマト対決 »

コメント

http://japan.cnet.com/311/power_usage/
↑を見ると東京電力以外のところの電力使用率の方が高く見えます。
このまま原発を即時廃止といった方向へ、仮に流れていくとすると、東電管内以外のところが大変になりそうです。。。

とんとさん、どうもsun
日本人の底力は侮れませんね。節電なんか無理だと思ってましたが、やっちゃうんですね。いかんせん日本は短期決戦型なので、まだ予断を許しません。

関東外が危ないです。

北海道民の40人が泊原発を止めろと裁判所に提訴したそうです。

東電OL殺人事件(ここまで東電絡むか)でご承知の通り、裁判所だって判断は間違うのですから、心配です。

原発止めたらこの40人は我々が必要とする電気をまかなってくれるのでしょうか。
http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C93819695E2E3E2E1E18DE2E3E2EAE0E2E3E39188EAE2E2E2

火力でなんとかしろって灯油の値段上がるでしょうが。
http://www.nikkei.com/news/local/article/g=96958A9C93819491E0E0E2E29C8DE0E0E2E5E0E2E3E39EE6E3E2E2E2;n=9694E3E4E3E0E0E2E2EBE0E2E3E0
シリアの動乱が拡散したら石油やばいです。そんなことこの道民は考えてないよなあと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/52358688

この記事へのトラックバック一覧です: 薬害エイズと同じ構造…保安院「やらせ」で首相:

« ハーツオブアイアン・アイアンクロスを日本でプレイ(2)。例のアレはなかったことに | トップページ | ほこXたて トマト対決 »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト