2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

記事検索できます

最近のトラックバック

« 「サリー」でセシウムが5万分の1に | トップページ | エネミー・ラインに野沢那智 »

2011/08/21

小沢批判を18年続ける日本メディアをオランダの大学教授批判

なるほど「大メディアが小沢批判に傾斜している」というのは一理あります。韓流ブーム、世界に日本のアニメが受け入れられているどうもしっくりこない部分はあります。

ではヒトラーは戦後60年間批判されまくりではないですか。擁護しろと?

小沢批判を18年続ける日本メディアをオランダの大学教授批判

民主党代表選が本格化する中で、またぞろ政・官・報から「反小沢」の大合唱が巻き起こっている。この“恒例行事”を、「日本の歪んだ民主主義政治の象徴である」と喝破するのは、長年にわたって日本政治を研究し続けてきたカレル・ヴァン・ウォルフレン氏(アムステルダム大学教授)だ。

私は30年以上にわたって日本政治、そして日本と国際社会との関係を取材・研究してきた。その立場から自信を持っていえることは、現在の日本は、民主主義国家としての命運を左右する重要な転換期を迎えているということである。

その最大のキーマンが小沢一郎氏だ。私は現在の日本政治において、本当の意味での改革を成し遂げられるのは彼以外にないと考えている。

しかし、民主党の代表選がいよいよ始まろうとする中で、小沢氏に対して再び官僚や新聞・テレビメディアによる攻撃が強まっている。私は『誰が小沢一郎を殺すのか?』(角川書店刊)の中で、

繰り返される「反小沢キャンペーン」が、いかにアンフェアで悪意に満ちた「人物破壊」を目的としたものであるかを論じた。

もちろん他の国でも、政敵に対するネガティブキャンペーンはある。だが、小沢氏に対する攻撃は、1993年の自民党離党・新政党結成以来18年の長きにわたって続いてきた。これほど長期にわたって個人を標的にした「人物破壊」は世界に類を見ない。

<中略>

また、去る7月28日に行なわれ、約10万人がインターネットで視聴した小沢氏と私の対談も、大メディアは完全に無視した。その場で小沢氏は「官僚主導の政治から、政治家主導、国民主導の政治に変えなくてはならない」「その代わり、国民の代表である政治家は自分自身の責任で政策を決定、実行しなくてはならない」と語った。しかし、そうした重要な発言も、メディアが報道しなければ国民の政治的現実とはならない。

逆に、些細な政治上の出来事が過大に誇張されて報道された場合、それは重要な政治的現実として国民の脳裏に焼きついていく。一昨年以来続けられてきた「小沢資金疑惑」の報道ぶりは、小沢氏が国家への反逆行為を起こしたとか、あるいは凶悪なレイプ犯罪をしたかのような暴力的な書き方だった

しかし、読者は新聞記者が書いた意見を、自分たちも持つべきだと思い込むようになる。強大なメディアはこうして情報を独占し、“政治的現実”を作り出して、国民世論に重大な影響力を与えてきた。

全文はこちら↓

http://www.news-postseven.com/archives/20110821_28968.html

その最大のキーマンが小沢一郎氏だ。私は現在の日本政治において、本当の意味での改革を成し遂げられるのは彼以外にないと考えている。

これを見たとき、アドルフヒトラーも同じような事を言われていたなと。個人的には小沢さんはいろいろなモノをすでにぶっ壊して破綻したのではないかと思っています。

小沢さんが高速道路無料化を言ってるそうですが、これは高速道路をもう一度郵便を国有化しようという流れと同じでしょう。ヒットラーも整備しましたねオートバーン。

子ども手当もそう。人気とりのポピュリズムですよ。

ソウル市長、給食無料化住民投票が不成立なら辞職

呉市長は野党民主党などが主張する給食の全面無料化に対し、一貫して反対する立場を取っており、住民投票を通じて民意を問うことを進めてきた。

 一方、民主党などは給食の無料化が予算関連事項にあたり、法律上、住民投票の対象にならないなどと主張し、投票自体のボイコットを呼び掛けている。

 大衆に迎合する「福祉ポピュリズム」に警鐘を鳴らして来た呉市長は、この日の会見でも自身の信念を説き、投票を呼びかけた。その上で33.3%に達しない場合は、辞職するとした。住民投票が未開票になった場合、市政運営に大きな支障が出るとみられる。

10万人が視聴って凄いようですが、テレビの視聴率で言えば0.1%。これでは民放なら打ち切りです。

小沢さんは良いことは言います。

「官僚主導の政治から、政治家主導、国民主導の政治に変えなくてはならない」「その代わり、国民の代表である政治家は自分自身の責任で政策を決定、実行しなくてはならない」

政治家主導で混乱させたのは民主党じゃないですか。あなたがいう政策の責任はどうなるんだと。

小沢さんは改革したいけれども、自分のルールでしか政治のゲームができないようです。しかし政治はみんなのルールで行わなければダメなので、自分のルールでゲームがしたければ、革命しかないですね。

小沢一郎ウェブサイトにあるオピニオンから抜粋

個別(戸別)所得補償制度の創設
世界貿易機関(WTO)における貿易自由化協議と、各国との自由貿易協定(FTA)締結を促進する一方、農産物の国内生産を維持、拡大する。そのために、基幹農産物については、わが国の生産農家の生産費と市場価格との差額を各農家に支払う「個別(戸別)所得補償制度」を創設する。

補助金の廃止で陳情・利権政治を一掃
個別補助金の存在は官僚支配を許すと同時に、国会議員を地域と官僚機構との間の単なる窓口係におとしめている。さらに、その関係が補助金をめぐる様々な利権の温床になっていることから、地方のことは権限も財源も地方に委ねる仕組みに改め、国会議員も国家公務員も国家レベルの本来の仕事に専念できるようにする。

農家の個別保障はいいのに、個別補助金は官僚支配の温床だと言ってます。お金をあげれば自給率が上がるのか?超円高のこの時期にFTAをアメリカと締結したら個別保障はいくらあっても足りないのでは?輸入食品が安くなればなるほど税金がつぎ込まれるシステムでしょう。

地方分権は支持しますが。現在の東北震災後の各県レベルの行政はどうなんでしょう、がんばっておられるとは思いますが、原発の対応もふくめて国に最終対応を求める(責任を預ける)っていう姿勢のように感じられます。これでは地方分権なんか無理じゃないかと。その前に一段階必要です。このまま地方分権したら逆に中央集権に逆戻りしかねません。

フランス革命においても性急な改革が皇帝を生み出し、膨大な数のフランス人がナポレオン戦争で死にました。フランス革命によってフランスの国力が衰退した面もあると思います。

変わり方にもいろいろあると思います。まず考え方から。

意見が噛み合わない人たちが話しても必ずねじれる。

個人的には参議院を「良識の府」に戻して、衆議院の圧倒的優位を確立すれば長期政権になります(憲法・法律の変更に寄らずしても慣習化すればいいこと)。ドイツもイギリスも大統領ではなく首相が国権を握っているのに長期政権が続きますが、両国とも実質一院制です。

リーダーシップの欠如と言われますが、

日本は国民一人一人がリーダーなんじゃないかと

日本はエジプトの旧ムバラク政権や、カダフィ政権ではありません。主権在民です。国民の代理として議員がいるわけで、国民側の方向性が定まってないのにリーダーもなにもないのではないかと。(「よくわからない」という意見が過半数を占める状況でリーダーは何ができるのか?)

« 「サリー」でセシウムが5万分の1に | トップページ | エネミー・ラインに野沢那智 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>意見が噛み合わない人たちが話しても必ずねじれる。

日本語を話すインテリは、曲学阿世になる。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812

誰が民主党代表になるかは、その代表がどのような政策の持ち主であるかが当方の関心事。
バラマキ4Kを民主党の政策から完全に削除できる人物が代表になってもらいたいが、バラマキ4Kの提唱者である小沢一郎の支持は得られまい。

国民ひとりひとりがリーダーだから、船頭多くして船進まず、というザマになる。ポピュリズムすなわち民主主義。普通選挙で選ばれた政治家がポピュリズムを批判するなど、程度の低いブラックジョークでしかない。かつて麻生政権は定額給付金をばらまき、民主党は子ども手当て、個別所得保障制度というバラマキで票を買い、アメリカは第二次世界大戦では日独に、ベトナム戦争ではベトナムに、21世紀になるやイラクやアフガニスタンに爆弾をばら撒き、金融危機では全世界に不良債権をばら撒いた。民主主義の本質はバラマキである。このオランダ人が日本のメディアを批判するのは、民主主義が本質的に賤民的でうさんくさいものであることを隠蔽し、その責めをただメディアにのみ負わせようという下心があるからに相違ない。

nogaさん、どうも
確かに日本語に未来時制はないです。日本語は素晴らしい言語ですが、
問題を知っておくのは大切だと思います。松岡洋右は英語ができましたが、世界との対話はできなかったようです。

菅左人さん、どうも
確かに政策や人間的な資質は重要だと思います。ばらまいても借金増えるだけですね。

>国民ひとりひとりがリーダーだから、船頭多くして船進まず、というザマになる。
今の国民はひとりひとりが「王様」気取りかもしれませんね。国民目線の名の下に、そういう風にマスコミが誘導しているのかもしれませんが。

>アメリカは第二次世界大戦では日独に
最初に戦争始めたのはドイツであり、ドイツのヒトラーは国民投票で独裁者になったたので、「民主主義が本質的に賤民的でうさんくさいもの」ということを肝に銘じておくべきだと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小沢批判を18年続ける日本メディアをオランダの大学教授批判:

» 究極のところ民主党の代表選は北朝鮮か、支那の共産党かの選択なんだろう。 [罵愚と話そう「日本からの発言」]
「おなじ売国奴でも小沢一郎と菅直人はちょっとちがう、」について  民主党の後継代表選びだが、世代交代をアピールしながら、下馬評にのぼった7人全員が管Vs小鳩のどちらかからの支援を不可欠の要件にしていて、実態としての世代交代の不能を宣言している。実質的には管Vs小鳩の主導権争いと呼んでいい。  さらによく見てみると、北鮮拉致グループへの資金提供でもよくわかるように菅直人はきわめつきの左翼なんだが、その庇護をうけようとしている前原誠司や野田佳彦は右翼の傾向が強いと思われていた人たちなのだ...... [続きを読む]

» IKEA イケア製品のスペシャリスト Witch House ウィッチハウス [Perfect Housewife]
IKEA イケアのことなら信頼の正規取扱店Witch House ウィッチハウスにおまかせください。 [続きを読む]

« 「サリー」でセシウムが5万分の1に | トップページ | エネミー・ラインに野沢那智 »