2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

記事検索できます

最近のトラックバック

« ほこXたて メロン対決 | トップページ | このアイフォーン・フォー!じゃない! »

2011/08/23

DEEP PEOPLE 声優 野沢雅子、古谷徹 小山力也

深い。古谷徹は普段からリーダーぽい。

ジブリ的にはどうなんでしょう。

小山力也がジャック・バウアーを演じるとき、英語のアクセントの呼吸に合わせる。

Drop the weapon!はを捨てろ!(普通の日本語では、銃を捨てろ!)

凄いですねERでジョージ・クルーニーを演じたときは、ちゃんとエピネフィリンとか調べて収録に臨んだとか。

ラスカルの声が野沢雅子だとは知りませんでしたね。

古谷徹、甘く囁くときはマイクの近くで、クールにかっこよく喋るときはマイクから離れる。そんな技があるんですね。

キャシャーンの声はかっこよかった。

星飛雄馬は子供から青年へ成長していくので、声質だけでなく

子供の頃は父ちゃん!、しかし成長になるとちゃん!

と父に甘えた子供から独立した男になるのを表現。なるほど。

アムロの成長という話で、

最初にアムロが出撃するとき、

アムロ、行きます!

と伸ばして戦闘に怯えてるのを大声でごまかしているのですが、シャアとの戦いを経て成長したアムロは、

アムロ!行きます!

と力強く伸ばさない。

深いです。

関根さん(古谷徹と同い年!)の大滝さんと長島さんは素晴らしい。長島さんは台詞を読まない。大リーグ養成ギブスをつけたら絶対乳首を挟まれるって(笑)。

声優の主役は座長をやるので、収録現場の雰囲気を維持するのもひとつの役目だそうで。ゲストの脇役が主役より目立とうとすると、雰囲気が悪くなると、古谷徹が今の演技、監督の意図と違ってましたもう一度やらせくださいと、監督をたてる。するとレギュラースタフも立てる。これで場が収まる。あと上がってる新人がいたら、自分からわざととちってみせる。

いい話です。

« ほこXたて メロン対決 | トップページ | このアイフォーン・フォー!じゃない! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/52543736

この記事へのトラックバック一覧です: DEEP PEOPLE 声優 野沢雅子、古谷徹 小山力也:

« ほこXたて メロン対決 | トップページ | このアイフォーン・フォー!じゃない! »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト