2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

記事検索できます

最近のトラックバック

« 「IE離れにIQが影響」は巧妙な捏造だったのか! | トップページ | 怪しいお米、セシウムさんって言ってるのはどいつだ! »

2011/08/04

セカイでニホンGO 学力までもガラパゴス?最新ニホン教育事情

考える教育、言うは易く、行なうは難しじゃないですかね。

日本は考える文化でなくて感じる文化ですから。

聞いた話ですが、日本では技術系の論文でも「~と思われる」とか書くそうです。理論的な話なのに思われるってなんだよって話ですが、そうしないとすわりが悪いそうです。

場の調和が重要なので

フィンランドの物語を作る話は面白いです。

主人公の名前、性格、職業、特技、秘密を書いて、

それで物語を即興で作って発表。

フィンランドもそんな教育になったのも未曾有の経済危機(番組の説明がちょっとよくない。ソ連に経済的に完全に依存していたので、ソ連崩壊で経済がどん底におちた)を経験したから体制改革を考えたのであって、今の日本人はなんとなく政治は他人事的な雰囲気ありますよね。

「技は盗め」というのが職人の中にありますが、これを突き詰めると自分で考えることだと思います。

余談:最後の文部省が出した、「蜘蛛の糸」の最後のお釈迦様の場面は必要かどうか、その理由を述べよという問題。

個人的にはあった方が地獄に落ちていった主人公との対比、凡俗な利己主義から解脱できない人間の無常感があっていいと思いますが、ジュニアのこの問題を出すことすらおかしいというのは納得できます。それに国際社会では通用しないとキレる中国人はどうなんだろう。外交は基本曖昧。尖閣諸島は曖昧にしないからアメリカと対決して、空母が必要になるんじゃないかな。それをまとめに入った加藤晴彦はある意味で優秀だと思います。

理論的発想だけではなくおかしな発想も重要でしょう。

「おかしな発想シート」 

これはいい頭のトレーニングになります。

« 「IE離れにIQが影響」は巧妙な捏造だったのか! | トップページ | 怪しいお米、セシウムさんって言ってるのはどいつだ! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/52391143

この記事へのトラックバック一覧です: セカイでニホンGO 学力までもガラパゴス?最新ニホン教育事情:

« 「IE離れにIQが影響」は巧妙な捏造だったのか! | トップページ | 怪しいお米、セシウムさんって言ってるのはどいつだ! »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト