2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

記事検索できます

最近のトラックバック

« エネミー・ラインに野沢那智 | トップページ | ほこXたて メロン対決 »

2011/08/22

リドリースコットがエイリアンのみならずブレードランナーの新作も!

スコットおじさん大忙しですね。73才の現役監督。

2012年に滅亡してくれるな地球!

2019年のロサンゼルスまであと7年……

リドリー・スコットが新作「ブレードランナー」で再びメガホンを取ることになった。アルコン・エンターテインメントが製作を手がけるこの新作を、監督が1982年のオリジナル版の前章にするつもりなのか、それとも続編にするつもりなのかはまだ決定していないとDeadline.comは報じている。

 フィリップ・K・ディックのSF小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」を大まかな原作とするオリジナル版では、地球上に住む人造人間を見つけ出す役目を任された「ブレードランナー」のリチャード・デッカード(ハリソン・フォード)が、人造人間の女性に惹かれてしまうことで人生が大きく変化し、その女性が破壊されないようと葛藤する姿が描かれていた。今回の新作で、スコット監督がフォードに再演を依頼するかについては未定だ。

 現在「エイリアン」の前章にあたる「プロメテウス」を制作中のスコットは、その新作が「かなり危険な」感じの作品になると先日明かしていた。「この作品はかなり過激で危険なものになるよ。得体の知れないものって感じだね」「神や創造者についてなのさ。宇宙の創造主だよ。あとは生物戦争のために作られたエイリアンっていうのかな?それか惑星を破壊するような生物って感じかもね」。

http://www.rbbtoday.com/article/2011/08/20/80112.html

このプロメテウスの写真に興奮します。
Prometheus

プロメテウスは3Dらしいです。
http://youtu.be/xBB5BHlL6w0

こういう緊張感のあるブレードランナーがみたいですね。

こういう感じもいいですが

あのロイ・バッティーの最期を超えるシーンはないと思うんですよね。期待半分、不信感半分。

どんな映画も時と共に消えていく。雨の中の涙のように。


ブルーレイの最初の炎のシーンが恐ろしく綺麗です。

« エネミー・ラインに野沢那智 | トップページ | ほこXたて メロン対決 »

コメント

マジっすか!?
微妙な出来の小説「ブレードランナー2」の映画化だけは回避していただきたいところです!

Haruさん、どうもsun
その小説は読んでないです。
コレクターズボックスに入っていたドキュメンタリーを見ると映画に全然使われていないアイディアがたくさんあるようなので、それをやって欲しいです。
(タイレルが本当は死んでいて、目を潰されちゃうあれはレプリカントだとか)
スーシー(寿司)と呼ばれる冷たい魚のような主人公がいいですね。
ウィリアム・ギブスン脚本っての見たいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/52540675

この記事へのトラックバック一覧です: リドリースコットがエイリアンのみならずブレードランナーの新作も!:

« エネミー・ラインに野沢那智 | トップページ | ほこXたて メロン対決 »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト