2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

記事検索できます

最近のトラックバック

« 勇者ヨシヒコと魔王の城 第9話 | トップページ | 和時計欲しいですね。 »

2011/09/03

いかに生きるかを「人狼」に見る

最後のセル画長編アニメ「人狼」の展覧会をするそうです。

あれは渋い。

セル画使用の最後の長編アニメ「人狼 JIN-ROH」-杉並アニメーションミュージアムで企画展

杉並アニメーションミュージアム(杉並区上荻3、TEL 03-3396-1510)で9月21日より、「第27回企画展『人狼JIN-ROH』セル画展~アナログアニメーションの魅力~」が開催される。

 2000年に公開された沖浦啓之監督のアニメーション長編映画「人狼 JIN-ROH」。「第54回毎日映画コンクール・アニメーション賞」「ファンタスポルト1999最優秀アニメーション賞・審査員特別大賞」など国内外で多くの賞を受賞し、世界からも高い評価を得た同作品は、「セル画」を使用して制作された日本で最後の長編アニメーション作品でもある。「『手描き』『セル画』を使用することにこだわった映像は、アナログ技術の集大成であり、デジタル技術に置き換わった現在のアニメーションと比べても引けを取らない。逆に画面から醸し出す迫力は見るものを圧倒する」と話すのは同ミュージアム事務局の藤田さん。

 10年ほど前に同ミュージアムに寄贈されたという、同作のセル画や原画(鉛筆画)、背景画を用いデジタル技術と比較しながら、アナログ技術の魅力を探る。「寄贈された品々はかなりのボリュームになるので、背景画を入れ込んだ象徴的なシーンなどをチョイスして展示する」と藤田さん。作品解説のパネル、制作機材、関連グッズ(フィギュア、DVD)、沖浦監督や「プロダクションI.G」石川社長のインタビュー映像などを紹介。開催記念の特別上映として同作の上映も予定する(上映スケジュールはホームページで発表予定)。

 沖浦監督が総製作期間7年を掛けて完成させた新作アニメーション映画「ももへの手紙」が、来春に公開されることが決定した。同じ監督作品でデジタル技術を使った同作品の、特報映像や制作資料なども会場で併せて紹介する。

 「今回は『人狼JIN-ROH』にフォーカスしたアナログ制作技術の解説展示を行い、アナログからデジタルに変遷したこの10年間のアニメーション制作現場の変貌を楽しんでいただく企画展。TVアニメでもほとんど使われなくなったセル画を見ていただくあまりない機会。アナログ技術の魅力を味わってほしい」とも。

 開館時間は10時~18時(最終日は16時まで)。月曜休館(祝日の場合は翌平日休館、夏季電力需要増加に伴い会期中の9月22日・26日・27日は休館)。入館無料。

http://kichijoji.keizai.biz/headline/1234/

人狼とパトレイバー2は押井守の傑作です(人狼は脚本)。あと立喰師列伝もクセはありますが悪くないです。「人狼」に出てくる連中も過去になりつつ人間たちです。

アーマードスーツみたいなのを着用し、MG42機関銃を持って反乱分子の鎮圧にあたる「特機隊」の青年と若い女性の話です。

「あの決定的な敗戦から十数年」--第二次世界大戦の戦敗国・日本。戦勝国ドイツによる占領統治下の混迷からようやく抜け出し、国際社会への復帰のために強行された経済政策は、失業者と凶悪犯罪の増加、またセクトと呼ばれる過激派集団の形成を促していた。そして本来それらに対応するはずの自治体警察の能力を超えた武装闘争が、深刻な社会問題と化していた。政府は、国家警察への昇格を目論む自治警を牽制し、同時に自衛隊の治安出動を回避するため、高い戦闘力を持つ警察機関として「首都圏治安警察機構」通称「首都警」を組織した。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E7%8B%BC_JIN-ROH

このyoutubeのはいい仕上がりです。

中島みゆきの世情は劇中には流れませんか、この歌詞は映画の雰囲気をうまく伝えていると思います。

世の中はいつもかわっているから
頑固者だけが悲しい思いをする

シュプレヒコールの波 通り過ぎていく
変わらない夢を流れに求めて
時の流れを止めて変わらない夢を
見たがる者たちと戦うため

不器用な男たちがもがく生き様。

男は罪の意識に苛まれながらも、組織を選んで、ケジメをつけた。そういう話です。

あとパトレイバー2も同じ流れ。

俺たちが守るべき平和。だが、この国の、この町の平和とは一体何だ?

神がやらなきゃヒトがやる。

まさか三沢が……

だから遅すぎると言ってるんだ!

「組織の利益」と「志」の葛藤。それは後藤も柘植も同じ。

全然方向性は違いますが北野武のDOLLSも秀逸

« 勇者ヨシヒコと魔王の城 第9話 | トップページ | 和時計欲しいですね。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/52636617

この記事へのトラックバック一覧です: いかに生きるかを「人狼」に見る:

« 勇者ヨシヒコと魔王の城 第9話 | トップページ | 和時計欲しいですね。 »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト