2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

記事検索できます

最近のトラックバック

« サラリーマンNEO 6 vol.20 | トップページ | Junk山里亮太の不毛な議論でモテキの解説を »

2011/09/28

在日米軍が震災時の自衛隊の貢献を伝える動画を作成

日本のマスコミなんかより全然作りがウマイです。


自衛隊員が立っているのはアメリカぽいです。
最初と最後のお爺さん、見ているこっちも泣けてきます。

最初に使われているのは映画「レクイエム・フォー・ドリーム」のテーマ曲(アレンジは別の映画「サンシャイン2057」で使われているバージョンに似てます)。


この曲を震災に使うというのはちょっとうまいなと。

この映画の設定は

西暦2057年、太陽はその輝きを弱め、地球は氷に閉ざされた世界になっていた。そんな中、太陽に向かう宇宙船イカロス2号には、日本人船長カネダをはじめ、副船長のハーヴィー、物理学者のキャパ、精神科医のサール、植物学者のコラゾン、エンジニアのメイスとトレイ、パイロットのキャシーで成る国際色豊かな8人が乗り込んでいた。彼らの使命はマンハッタン島ほどもある核爆弾を太陽に送り込み、死にかけている太陽を再生させることであった。

太陽がもの凄い綺麗な映画です。あの神々しい輝きは心に残ります。

« サラリーマンNEO 6 vol.20 | トップページ | Junk山里亮太の不毛な議論でモテキの解説を »

戦争・軍事関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 在日米軍が震災時の自衛隊の貢献を伝える動画を作成:

« サラリーマンNEO 6 vol.20 | トップページ | Junk山里亮太の不毛な議論でモテキの解説を »