2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

記事検索できます

最近のトラックバック

« 和時計欲しいですね。 | トップページ | 「野田への献金は日本名でやった」←これはもうテロだろ。 »

2011/09/03

埼玉と千葉産の製茶から基準値超セシウムっていうけどさ

静岡産じゃ怖いからと、他県のを飲んでいたら逆に被曝してたというオチ。

やっぱりお茶は静岡。検査もされてるし。

製茶から基準値超セシウム 埼玉と千葉産、商品回収へ
 

市販されている埼玉県産と千葉県産の製茶計4品から国の暫定基準6 件値(1キログラム当たり500ベクレル)を超える放射性セシウムが検出されたことが3日、厚生労働省の調査で分かった。

 埼玉県産の茶で基準値超えが確認されたのは初めて。埼玉、千葉両県は同じ時期に製造された商品を回収する方針で、周辺産地の調査も始めた。

 厚労省が新たに始めた抜き打ち検査で判明した。埼玉県産は同県内の2業者と東京都内の1業者が製造した3品で、1530~800ベクレルを検出。千葉県産は千葉市内の業者が製造した1品で2720ベクレルを検出した。

http://www.47news.jp/CN/201109/CN2011090301000353.html

福島県の農産物しかり、静岡のお茶しかり、他県のじゃないのとねと安心できないと、食べていたら被曝してましたね。残念。

目黒のサンマを思い出します。

(聞くのがめんどくさい人向け)。

殿様が目黒 (後述)まで遠乗り(あるいは鷹狩)に出た際に、供が弁当を忘れてしまった。殿様一同腹をすかせているところに嗅いだことのない旨そうな匂いが漂ってきた。殿様が何の匂いかを聞くと、供は「この匂いは下衆庶民の食べる下衆魚、さんまというものを焼く匂いです。決して殿のお口に合う物ではございません」と言う。殿様は「こんなときにそんなことを言っていられるか」と言い、供にさんまを持ってこさせた。これは網や串、金属、陶板などを使わず、サンマを直接炭火に突っ込んで焼かれた「隠亡焼き」と呼ばれるもので、殿様の口に入れるようなものであるはずがない。とはいえ食べてみると非常に美味しく、殿様はさんまという魚の存在を初めて知り、かつ大好きになった。

それからというもの、殿様はさんまを食べたいと思うようになる。ある日、殿様の親族の集会で好きなものが食べられるというので、殿様は「余はさんまを所望する」と言う。だが庶民の魚であるさんまなど置いていない。急いでさんまを買ってくる。

さんまを焼くと脂が多く出る。それでは体に悪いということで脂をすっかり抜き、骨がのどに刺さるといけないと骨を一本一本抜くと、さんまはグズグズになってしまう。こんな形では出せないので、椀の中に入れて出す。日本橋魚河岸から取り寄せた新鮮なさんまが、家臣のいらぬ世話により醍醐味を台なしにした状態で出され、これはかえって不味くなってしまった。殿様はそのさんまがまずいので、「いずれで求めたさんまだ?」と聞く。「はい、日本橋魚河岸で求めてまいりました」「ううむ。それはいかん。さんまは目黒に限る」。

殿様が、海と無縁な場所(目黒)でとれた魚の方が美味いと信じ込んでそのように断言する、というくだりが落ちである。世俗に無知な殿さまを風刺する話でもある。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%AE%E9%BB%92%E3%81%AE%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%BE


サンマはお刺身もうまし。

お茶の放射能で発生する活性酸素は同じお茶に含まれるカテキンで抑えられるとか。そもそも放射性カリウムが含まれているらしいですよ。↓

お茶と放射能 -お茶でがんになる?-

イヤなら外国産もあります。

« 和時計欲しいですね。 | トップページ | 「野田への献金は日本名でやった」←これはもうテロだろ。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/52639058

この記事へのトラックバック一覧です: 埼玉と千葉産の製茶から基準値超セシウムっていうけどさ:

« 和時計欲しいですね。 | トップページ | 「野田への献金は日本名でやった」←これはもうテロだろ。 »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト