2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

記事検索できます

最近のトラックバック

フォト

« たてXほこ 当ると必ず割れるカラーボール VS どんな衝撃でも吸収するマット | トップページ | アイアンクロスでドイツで再び:歴史の流れに逆らってみる(参) »

2011/09/20

光吸収100倍の太陽電池を開発 やるな岡山大!

さすが日本という技術です。

これでまた日本は太陽電池で世界一になれるかもしれませんね。

二位よりは一位でしょ。

光吸収100倍の太陽電池を開発 岡山大、生活排熱で発電も

光の吸収率が従来のシリコン製の100倍以上の太陽電池を、岡山大大学院自然科学研究科の池田直教授のチームが「グリーンフェライト(GF)」と名付けた酸化鉄化合物を使って開発している。

 この太陽電池はこれまで吸収できなかった赤外線も発電に利用できる可能性がある。池田教授は「赤外線は熱を持つものから出ている。太陽光以外に、火を扱う台所の天井など家中、街中の排熱でも発電できるかも」としており、2013年の実用化を目指す。

 GFは粉末状で、土台となる金属に薄く塗る。1キロワット発電する電池を作るコストは約千円が目標で、約100万円かかる従来のシリコン製に比べて大幅に安いパネル状になっている従来型では難しい曲げ伸ばしができ、煙突や電柱に巻き付けるなど設置場所は幅広い

http://sankei.jp.msn.com/science/news/110919/scn11091916400001-n1.htm

これは5月にブログに書いたのですが、当時の話ではどれくらいの性能の太陽電池なのかよくわかりませんでした。いろいろな光エネルギーの利用

100倍って凄いぜよ。

日の本の国、ニッポン。

しかし夜間などの赤外線での発電効率はどれくらいか気になります。ただ補助発電としてはかなり有効だと思います。

自然エネルギーの問題は蓄電だとよく言われます。電気分解して水素ガスにして燃料電池で電気を取り出すというシステムはあると思いますが。

【永久機関完成か!?】光吸収率100倍の太陽電池が開発された件

さすばにネタでしょうが、無理だと思いますよ。

すでにアメリカでも同じようなのが開発されてます。

第121回 赤外線を電気に変える太陽電池(?)の使い道

そこでどういうものなのか書かれています。熱起電力電池というそうです。

地上には赤外線を出している物体が結構ある。特に工場や大規模な施設などではそうである。各種の「炉」、溶鉱炉やら焼却炉やらみなそうだ。エンジンやボイラーなども当然そうである。燃焼を伴うものは高温となるので、赤外領域にピークのあるエネルギー輻射を「ガツン」と出しているのが普通なのだ。学校で習った熱の流れ方、すなわち対流、伝導、輻射の「輻射」である(まぁ、インフルエンザで熱がでても赤外線は出ているが、この発熱分を過大評価するような人は読者にいないと考えよう)。

 これを効率的に電気に変えることのできるデバイスを作った、というのが今回の発表である。「大きく実用化に近付いた」といったコメントも書かれているが、発表したのが研究機関であり、実用化=商業化と考えると、まだまだ時間がかかりそうな技術である

一度作れば半永久的にエネルギーを回収できるのだからワンタイムの製造にかかるエネルギーは無視してよい、などといわないように。半導体製品にせよ、電気回路を作るのに必須なコンデンサなどの受動部品にせよ、耐用年数は10年から20年程度であるのが普通だ。がんばってもう少し伸ばすにせよ、その辺の装置の寿命を勘案し、その間に回収できるエネルギーから製造にかかるエネルギーを引かないと駄目なのだ。そう考えると、単なるエネルギーとして収支を合わせるのは、相当キツそうなことが想像される。駄目だとはいわないが、道のりはかなり遠そうだ。

 それよりも、廃熱を使って電池レスあるいは配線レスで何か装置を動かすという発想の方が現実的かもしれない。大局的なエネルギー収支でなく、局所的な発電だ、ということに重きを置いてみるのだ。大分前にも一度書いた記憶のあるエナジー・スカベンジング系(もう少し語感のよいエナジー・ハーベストという方が最近は主流だが)の電池がないのに動く装置、という行き方である(「第97回 電池なしで動く無線センサーの怪?」)。とりあえず工場やプラントをモニタリングする計測装置などに使ってみるのはすぐにもできそうである。

ある程度「ガツン」とした熱源でないとまともに発電できないということでしょう。(絶対温度の4乗に比例して赤外線放射量が増えるそうで、この太陽電池だとどの程度の熱源から電気を起こせるのかは素人なのでわかりません)

原子炉に設置すれば、原子炉の通常冷却システムが壊れたときに、非常用ポンプの電源切れということも防げるかもしれません。

熱起電力電池はいずれ原子核の崩壊熱を電力に変換することもできるのでは。

« たてXほこ 当ると必ず割れるカラーボール VS どんな衝撃でも吸収するマット | トップページ | アイアンクロスでドイツで再び:歴史の流れに逆らってみる(参) »

コメント

地中熱発電に利用すれば日本は資源大国になれるね (^o^)

地熱発電も良いオプションだと思います。研究を進めればいいと思います。

ただ反対派もいるので、それにどう対処するか対処法を示す必要はあります。(特に有毒ガスが出た場合)。

○利用する排水に含まれている成分が水質汚損の原因となる恐れもあります。温水が抜けて行きますと、地盤沈下などが起こったりもしますね。
○開発リスクが高い
そこを開発して本当に発電できるだけのポテンシャルがあるかは、
やってみないと判りません。
また、自然災害の影響を受けやすい(地震や火山や)
○ガスの発生
熱水や蒸気などの地熱流体に含まれるガスがあります。
塩化ナトリウム・ホウ素・砒素・水銀・硫化水素等は公害になります。
坑井が暴噴しますと、それらが噴出しますね。
○立地条件が難しい
発電できるだけのポテンシャルを地中にもつ場所で無いといけません。
○発電コストが高い
他発電に比べますと、コストが高くなります。
○リードタイムが短い(10~15年)
地熱利用限度ですね。設備の耐久年数もあります。

http://www.kirisima.org/%E5%9C%B0%E7%86%B1%E9%96%8B%E7%99%BA/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/52777586

この記事へのトラックバック一覧です: 光吸収100倍の太陽電池を開発 やるな岡山大!:

« たてXほこ 当ると必ず割れるカラーボール VS どんな衝撃でも吸収するマット | トップページ | アイアンクロスでドイツで再び:歴史の流れに逆らってみる(参) »

見たもの読んだもの

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

無料ブログはココログ

最近読んだ本