2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

記事検索できます

最近のトラックバック

フォト

« 財布を新調しました。 | トップページ | 神山健治監督最新作はサイボーク009 »

2011/10/04

フリーター、家を買う。スペシャル

フリーターだった武 誠治が家を買って次に何がどうなるかと思ったら、次は嫁か。

とんだリア充のサクセスストーリーだ!

言い過ぎました。

竹中直人が凄く良かったです。ていうか誠治より誠治の両親の話が本筋。ああいう見栄っ張りのようで良い人ていうのは、笑いながら怒れる竹中直人しかいないなと。

誠治の母、寿美子は両親に結婚を反対されていたのを押し切って結婚していたために、一度も実家に戻っていなかった。しかし実家が取り壊されることになり、兄が寿美子のもとを訪れたが、寿美子はおらず、誠治の父、誠一との間になにか険悪なムードが漂う。というのも寿美子には誠一よりも妹にふさわしい、一流大学を出た、品行方正の男がいたので、誠一のことをよく思っていなかったのだった。

だから誠一は誠治に大学とか一流企業への就職とかに必死だったのですね。

なんやかんやあって、寿美子の兄は母から誠一に宛てた手紙を出さずにおいたのを、最終的に誠治を介して誠一に渡し、母は寿美子の父が誠一にプライドが高くて頑固だと言ったけれど、それは父親本人で、そんな父と一緒になって幸せだったし、寿美子も誠一と一緒なって幸せになれると思うと伝えたかったのだった。

そして誠一が一家で初めて寿美子の実家へ墓参り。

その流れを汲んで、誠治は真奈美にずっと一緒にいたいとプロポーズ。「私も」と真奈美。

ええ話やン。

ハローワークの北山さんと誠治は完全な飲み友達になってました。
Onesegpc_20111004_23233971

そして良いところで電話をかえけてくるお邪魔虫。

今度は何を買うんでしょう。

« 財布を新調しました。 | トップページ | 神山健治監督最新作はサイボーク009 »

コメント

観ました!親父がセイジにデレてた(笑)
あの親子の、風呂場での距離感ほほえましくてにょにょしますね(・∀・)

しかし竹花さんはリア充と見た(^ν^)

藤咲さん、どうもsun
>観ました!親父がセイジにデレてた
確かに仲良くなってましたね。

充実はしてますが、決してリア充ではないですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/52910480

この記事へのトラックバック一覧です: フリーター、家を買う。スペシャル:

« 財布を新調しました。 | トップページ | 神山健治監督最新作はサイボーク009 »

見たもの読んだもの

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

無料ブログはココログ

最近読んだ本