2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

記事検索できます

最近のトラックバック

« 愛媛県産 富士柿は柿じゃない | トップページ | 牙狼<GARO>~MAKAISENKI~ 第6話 妖刀 »

2011/11/25

ブラタモリ 荒川編

荒川みたいな大きな川が人造だったとは。

日本の土木建築技術は侮れません。

Onesegpc_20111125_20573304
これが人工の川ですと!

家があったり、畑があったりするところを掘って作ったんだとか。

マダム久保田もびっくりしてました。

この「荒川」が建設されるまでは今「隅田川」と呼ばれている河川が「荒川」と呼ばれ、新しい川が出来ると名前が荒川と隅田川が入れ替わったのでした。

Onesegpc_20111125_20574773

Onesegpc_20111125_20575721
東京は埋め立てで作られた人造都市ですが、こうやって大規模な土木工事が続けられて変わっていく都市なんですね。

利根の川風は夏には気持ちいい。
Onesegpc_20111125_21091751

昔は工場があったりして川が汚れていたが、今は随分きれいになったそうです。

なぜ荒川は掘られたのか?

まず6000年前の東京の地形
Onesegpc_20111125_21130296
左上の台地が池袋。池袋編で、縄文時代は弥生町は海が近く見晴らしの良いところで貝塚があるとか言っていたような。

そして寒冷化が進んで海が退いたことで現われた海底(東京低地)に川ができたのだとか。
Onesegpc_20111125_21160232

しかし高低差が少ない平地なので川が蛇行して「悩む」。

Onesegpc_20111125_21181570

Onesegpc_20111125_21182184

Onesegpc_20111125_21182498

Onesegpc_20111125_21204407

Onesegpc_20111125_21204760
川があっち行こうかな、こっち行こうかなって…

Onesegpc_20111125_21213460

Onesegpc_20111125_21361818

Onesegpc_20111125_21362220
川は大体、台地の縁を流れる。

台地ファンにとって川は敵でもあるし、それが台地を作った。

水運のおかげで工業は発達するし、山から土砂が運ばれてくることで肥沃な農地ができる。

Onesegpc_20111125_21422190

今回はこの熱いやりとりが一番面白かった。

それで豪雨になって秩父から大量の水が流れてくるたびに、細く蛇行した旧荒川では水が流れにくく、市街地が洪水になってしまう。

Onesegpc_20111125_21264182_2

そこで明治44年(日韓併合の1年後、第一次世界大戦の3年前)から荒川が掘られることになった。
Onesegpc_20111125_21272367

蒸気掘削機
Onesegpc_20111125_21272567
線路を走るっていうのがたまりません。

今ならキャタピラを履かせるでしょうが、当時は線路。

浚渫船でさらに深く川底を掘り下げる。
Onesegpc_20111125_21314993
かっこいい!ラピュタに出てきそうな造形だ!

19年後の昭和5年に
Onesegpc_20111125_21324753
大規模な土木工事は20年かかるんです。 荒川が完成したことで首都圏の水害は減りました。

すぐに仕分けしたらいかんですよ。

荒川の川上り

Onesegpc_20111125_21432614

川幅500メートル。広いなあ

Onesegpc_20111125_21431051

水制
Onesegpc_20111125_21450860

4メートルほど地中に杭を打って川の土砂崩れを防ぐ。

引き波禁止の標識
Onesegpc_20111125_21470351
船舶が航行したときに後方にできる波を引き波というそうです。それを立てるなという標識。アンダー・ザ・ブリッジじゃないんですね。

Uターン禁止
Onesegpc_20111125_21514539

人造の荒川と隅田川の分岐点にある岩淵水門
Onesegpc_20111125_21523476

隅田川の水量が限界を超えて洪水になりそうになると、水門を閉じて川の水が荒川に流れるようにする。最近では4年前の平成19年の豪雨の時に閉じられた。活躍している。

みんなを洪水から守るガンブッチ
Onesegpc_20111125_22384821

岩淵水門の開閉は普段は離れたところにある災害対策室で他の荒川流域の水門とともに集中管理されている。
Onesegpc_20111125_21582762

岩淵水門の高さは堤防から17メートル(ガンダムは全高18メートル)
Onesegpc_20111125_22015704

Onesegpc_20111125_21592814
岩淵水門の扉1つの重さは214トン。イナバ物置の比ではない。

Onesegpc_20111125_22051209
これが3枚で構成されていて、荒川が最高水位に達したときは1500トン以上の水圧に耐えられる。鉄橋の構造が似ているような。

グルグルと階段を登っていく
Onesegpc_20111125_22075001

堤防から17メートルの眺望。
Onesegpc_20111125_22093215

水門の開閉用の巻き上げ機
Onesegpc_20111125_22104676
月に一回の開閉チェックでは遠隔でなく水門にて動作確認を行う。

Onesegpc_20111125_22125664
これで操作する。

操作盤の蓋を閉じているときは
Onesegpc_20111125_22130831
「遠方」

操作盤の蓋を開けると
Onesegpc_20111125_22131759
遠方が機側に。これで水門の操作が可能になる。

この後、タモさんがスイッチ押して巻き上げ機が起動する。水門が閉まるスピード1分間に30センチ。全部閉めるには45分。

遅いから鳩が乗っている。
Onesegpc_20111125_22180496

水門の巻き上げ機のところのBGMと早回しの水門閉鎖のBGMがガンダムだった。

http://www.youtube.com/watch?v=J3cJ0TSShvQ&feature=player_detailpage#t=691s

http://youtu.be/2YWSuflJOjs(颯爽たるシャア)

どうでもいいけど、やっぱりガンダムのBGMは熱い。

荒川の流れと、東京下町の辺りを流れていた古東京川という寒冷期(2万年前)の川の流れに重なっているそうな。現在より120メートルくらい海水面が下がっていた時代の話だそうです。

Onesegpc_20111125_22311303

Onesegpc_20111125_22311517

荒川と古東京川はこんな感じに重なる。
Onesegpc_20111125_22330465
それが「土地の記憶」

2万年前の想像図。
Onesegpc_20111125_22342726
BGMがブレードランナーの冒頭。

http://www.youtube.com/watch?v=YaR5wVL9x2I&feature=player_detailpage#t=61s

ブレードランナーできたか!

徳川幕府の歴代将軍が祈願に訪れていた古刹「浄光寺」(創建西暦860年!)が荒川建設のために移築されたのだとか。

かつての参道
Onesegpc_20111125_22410996

門前に説明書きがない寺はもの凄く腹が立つタモさん。

Onesegpc_20111125_22423857_2
感心したいし、感心もされたいそういう年頃。それは50代から。

葵の御紋が入った厨子。
Onesegpc_20111125_22461503
将軍が来ないときしか開帳されなかったんだとか。今は

徳川家康の手紙、

Onesegpc_20111125_22484928

たぶん右筆が書いたもの。

Onesegpc_20111125_22504118
しかし家康の字は直筆。

凄い寺ですな。

JALで行く国内旅行

国内航空券最安値検索!ANA・JAL・スカイマーク・スターフライヤーをお探しなら!

« 愛媛県産 富士柿は柿じゃない | トップページ | 牙狼<GARO>~MAKAISENKI~ 第6話 妖刀 »

コメント

こんばんわ… 非常にわかりやすい解説付きで勉強になりました。
歴史を感じずにはいられません。
荒川近くなので今度見に行って来る~と思いました。

足立鮫さん、どうもsun
荒川は河童の村長が住んでることしか知りませんでした。荒川を見る目が変わりました。
時代劇に荒川と出てきたら今の隅田川に置き換えないといけません。

この川幅を歩いて実感したことがあります。今回の舞台よりもっと上流、埼玉県戸田市で、ひょんなことから歩いて戸田橋を渡ることになりました。

印象として10分近くも歩いた感じで、いつまで経っても対岸に着きませんでした。

baldhatterさん、どうもsun
10分歩いても渡りきれないとは、本当に広いんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/53333367

この記事へのトラックバック一覧です: ブラタモリ 荒川編:

« 愛媛県産 富士柿は柿じゃない | トップページ | 牙狼<GARO>~MAKAISENKI~ 第6話 妖刀 »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト