2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

記事検索できます

最近のトラックバック

フォト

« TPPとはなにか? なぜわかりにくいか? | トップページ | 11人もいる!イケメン男子とデブと前原議員と原辰徳と中井貴一と宅麻伸と柳沢慎吾 »

2011/11/18

ブラタモリ 動物篇 後編 上野動物園

日本の在来馬って小さいとは聞いてましたが、あんなに小さいとは!

ハシビロコウっていいな。

江戸時代に輸入されていた動物はヒョウ、ラクダ、ヤマアラシ ヒクイドリ、ゾウ 

そしてヲーランウータン(笑)
Onesegpc_20111118_17125237

将軍や大名は日本にいない珍獣をステータスシンボルとして飼っていたが、大名が亡くなると、息子に受け継がれるか、売りに出されて町の見世物になった。

2大トップスターはゾウとラクダ。

ラクダが人気を博したのは、
Onesegpc_20111118_17165851
輸入したオスとメスがたまたま仲が良く、それを見た江戸の町人たちが、あやかりたいと夫婦円満の福をもらいたいと押しかけたそうです。

そうですか~と先生の話を聞いていたマダム久保田
Onesegpc_20111118_17181259

少女漫画のような眼をしてますね。まつげが長い。

素晴らしい着眼点です。

Onesegpc_20111118_17211182
まつげが長いのは砂よけだけどね!

動物の見世物小屋をさらに進化させた花鳥茶屋なるものもあったそうです。お茶を飲みながら鳥を鑑賞できるいわばテーマパーク。

そのDNAを今に受け継いでいるのが、掛川花鳥園

江戸時代の動物園を再現。
Onesegpc_20111118_17243415

Onesegpc_20111118_17250198
シャレオツな着物。

見世物小屋→花鳥茶屋ときて、明治5年には湯島で日本初の博覧会が開催。

その時に展示されたモノのカタログ。
Onesegpc_20111118_17271956
人骨(右上)、ワニ、アシカなどの剥製。サナダムシ(笑)絵のクオリティーが古代文書。

博覧会は常設展示を行う博物館に変わっていく。今でも上野の博物館に剥製ありますね。

博物館でも特に人気があったのが生きた動物の展示。それがやがて動物園として独立。明治15年に日本初の動物園が誕生する。

メスゾウの牙を探すの図
Onesegpc_20111118_17323626
やっぱりゾウは大きい。

Onesegpc_20111118_17334329_2
耳には血管が通っていてラジエーターになってるんだそうな。

上野動物園の猿山は房総半島の愛宕山を模して昭和6年に左官職人の手で作られたそうです。
Onesegpc_20111118_17353940

枯山水的な雰囲気を出しております。

Onesegpc_20111118_17370603
当時はかなり画期的なものだったんだとか。

ヘビクイワシの餌やり。餌は大好物のアオダイショウ
Onesegpc_20111118_17403106
ウナギみたいなものでしょうか。

脚でヘビをキックして弱らせて食べる。
Onesegpc_20111118_17423620
餅つきようにキックを続ける。

動かないハシビロコウ
Onesegpc_20111118_17435881
人気なんだとか。カピバラに通じるものがあります。

変な後頭部
Onesegpc_20111118_17450525

眼が面白い。

週に2~3回撮影にやってきて30万枚を取った猛者が登場。

マダム久保田に襲いかかるクマ
Onesegpc_20111118_17502989
ウチにゃテレビねーんだよ!

クマの人口冬眠室
Onesegpc_20111118_17513315

Onesegpc_20111118_17515360

Onesegpc_20111118_17520128
冬眠の様子も来園者は観察できるんだとか。

Onesegpc_20111118_17534898
世界初の展示方法だそうです。

明治15年、開園当時の敷地はこれだけ
Onesegpc_20111118_17551000
谷間のへんぴな所でした。

Onesegpc_20111118_17560156

うをのそき(日本初の水族館)もあったとか。
Onesegpc_20111118_17563792

現在の敷地
Onesegpc_20111118_17580190

上野動物園内にある藤堂高虎の石塔(寛永寺)
Onesegpc_20111118_17591482
完全非公開の藤堂家歴代の墓所が上野動物園内にあるのだとか。このあたりは元々藤堂家が所有していたが、寛永寺(ブラタモリで江戸時代のテーマパークだと紹介していた)建設の際に土地を幕府に寄進。明治以降、寛永寺の敷地が上野動物園になっていく中でも、藤堂家の墓だけは残されてきた。

飼育員は仕事の最後にお風呂に入らないといけません。
Onesegpc_20111118_18063990

逃げた動物を捕まえるネット
Onesegpc_20111118_18080471
マダム久保田を確保!

手作りの犀で捕獲の訓練
Onesegpc_20111118_18084792
最後は麻酔銃で撃つ。

戦国時代に武者が使っていた馬(在来馬)、小さい!
Onesegpc_20111118_18103282
秋山好古が馬格で優るコサック騎兵を破るために機関銃などの装備の充実を腐心したのもわかります。

Onesegpc_20111118_18103684
かつては50種類いた在来馬も今では8種類に減ってしまいました。

Onesegpc_20111118_18123956
在来種を守るべく上野動物園ではこども動物園内にて飼育しているとのこと。

野間馬
Onesegpc_20111118_18142335
もう78頭しかいない。

パンダは中国に1600匹いるそうですが、それよりも在来馬は少ないんだとか。

アグー豚とか100頭しかいない口之島牛も上野動物園で飼育展示しているとのこと。

ハシビロコウ@アマゾン

« TPPとはなにか? なぜわかりにくいか? | トップページ | 11人もいる!イケメン男子とデブと前原議員と原辰徳と中井貴一と宅麻伸と柳沢慎吾 »

コメント

>クマの人口冬眠室

冬眠ってすごいんですよね。心臓の鼓動とか信じられないくらい遅くなるそうで。一時的に動物になれるなら経験してみたいことの一つです。(あとは脱皮とか(笑))
ハシビロコウの顔はツボにはまると爆笑してしまいそうです(笑) 動画のタイトルも笑えるhappy01

居住地からのアクセスがいいので、自分が子供だった頃から、自分が子供を連れていくようになるるまで、何度も行ったことがありますが、デートで行ったことだけはないw

水族館、今は新しくなってしまいましだ、古かったときの水族館の雰囲気が大好きでした。

おじゃま丸さん、どうもsun
不況の時は冬眠できるといいですよね。ハシビロコウの顔はカピバラに匹敵する破壊力がありますね。

baldhatterさん、どうもsun
残念ながら上野動物園には一度しか言ったことないです。しかも男同士で(笑)
「魚のぞき」を見た記憶がうっすらあるんですが、トカゲの展示とかとごっちゃになってるかもしれません。

愛宕山をググってみましたが、それらしい景観ではありません。
Wikiによると県内に同名の山が複数存在するみたいですね。
詳しく知りたいと思います。

TOKYOROSEさん、どうもsun
ウィキペディアで見ましたが、何か違うようなので、戸田恵子さんのナレーションのまま転記しました。

わかったら教えてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/53274611

この記事へのトラックバック一覧です: ブラタモリ 動物篇 後編 上野動物園:

« TPPとはなにか? なぜわかりにくいか? | トップページ | 11人もいる!イケメン男子とデブと前原議員と原辰徳と中井貴一と宅麻伸と柳沢慎吾 »

見たもの読んだもの

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

無料ブログはココログ

最近読んだ本