2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

記事検索できます

最近のトラックバック

フォト

« IEA事務局長「原発代替コスト6兆円超」  | トップページ | たぶんアメリカはコメの自由化を求めてこない »

2011/11/17

『ジョージポットマンの平成史』 白ブリーフ史とファミコン史

白ブリーフ史には村西とおる、ファミコン史には高橋名人が登場!

AMAZING!

白ブリーフ史

アメリカでは暖房の普及により、防寒性に優れた全身一体型の下着ユニオンスーツからブリーフに移った。ジョニーを優しく包むことからスポーツ選手も愛用するようになる。

しかし日本にブリーフが普及するのは終戦後。

スポーツの普及、フリーフは流行の最先端ということで、男性の間に普及。

昭和39年の平凡パンチの宣伝文句は凄い。

世界のガイに仲間入りしよう。

下着でテレフォンの受話器を持つのがカッコイイ時代だったようです。

番組的には、

ブリーフ=戦後日本の国際社会復帰の必要条件

マッチョなガイの豊満な股間が映されて頭がクラクラしてきましたよ。

おそ松くんのデカパンは今で言えばトランクスを履いているがゆえに笑われる対象に。

白ブリーフの有効性は、子供の場合には大便小便にすぐ気がつき対処できるトイレットトレーニングマシーンとしての機能があり、大人の場合は淋病などの膿、ケジラミの出血痕など判別できるツールであった。

しかし1970年代に転機が起こる。サーフィンブームである。サーフィンをしていれば女性と性行為ができると、男性の間でサーフィンに火がついた。更衣室がない浜辺で着替えするとき、股間の膨らみを露骨に見せてしまうブリーフだったら恥ずかしいが、トランクスだったらそれはないので、浜辺ではブリーフが全滅してしまった。丘サーファーによってトランクスは内陸へと浸透していく。

さらには昭和末期、深川通り魔殺人事件の犯人がブリーフ姿で捕まり、世界の北野武がネタにしたことで、ブリーフへのマイナスイメージがさらに低下していく。

平成期に入ると、ビッグトゥモローやSPAなどインテリ向け高級雑誌でブリーフVSトランクス論争が勃発、関根勤は、ブリーフは精子をダメに人類を滅亡させるとトランクスを擁護。チェッカーズの鶴久政治も

白いブリーフって、温室育ちの人生のシンボルだよね

とブリーフを糾弾。女性論者も

白ブリーフは童貞の象徴

と訴えた。

そして白ブリーフはお年寄りや「汁男優」だけが着用するものとなってしまった。

しかしまた今、ブリーフは復権の時を迎えようとしている。クールビスだとトランクスの色が目立ってしまうのだ。

白ブリーフは景気と連動していると語る駒沢女子大学、富田隆教授。

ファミコン史。

ファミコンは低価格で発売したことと、アタリショックを引き起こさないように発売するソフトを吟味したことで大ヒットとなった。

日本語で「超マリオ兄弟」を意味する「スーパーマリオブラザーズ」なるソフトは国内で681万本、世界で4024万本を売り上げた。

アタリショックを受けたアメリカとは逆に、日本ではクソゲーが貴重な存在となり、愛される存在となる。

クソゲーの代名詞は「たけしの挑戦状

当時の人々がクソゲーに寛容だったのは、当時の技術力にも関係があったかもしれない。ファミコンのCPUの演算能力はたったの8ビット。今の一般的なパソコンの1850京分の1。カセットのデータ容量は64Kb。写メ一枚以下の容量しかなかった。

高橋名人が「バグ」を「裏技」と称したこともクソゲーLOVEにつながった。バグでリコールすると開発会社が倒産してしまう、それを回避するための苦肉の策であった。

訴訟社会アメリカでは考えられない「不具合を楽しむ」というこの精神は、古来日本より続き、かけたり歪んだりする茶器にこそ美を見いだす茶の湯の精神にも通じる、日本人独特の美意識の表象なのである。

この日本人独特の寛容な精神が名ソフトを生み出す土壌を作り上げ、ゲームの発展を生んだといっても過言ではない。

また文科省の調査では、問題解決能力、自信獲得効果、チームワークの醸成にファミコンが大きく貢献していたと出ている。

さらにセンター試験「日本史」の点数では信長の野望プレイ経験有りの受験生は無い受験生と比べて12点点数が高かった。(ホント?)

東京未来大学、出口保行教授は語る:

「たけしの挑戦状」も含めて、クソゲーに共通するのが、すべて「不条理」という言葉がキーワードになっている。弱すぎる主人公、絶対にクリアできないいびつな世界がそこにある。それがクソゲーの特徴である。

それ故、クソゲーをプレイしてきたファミコン世代は世の中の「不条理」を受け入れる準備が出来てきて、どこか達観したところがあるかもしれない。

クソゲーで「不条理」に対する免疫をつけましょう!

アマゾン・ゲームバーゲンセール

日本史には信長の野望!

世界史にはシヴィライゼーションなど!

« IEA事務局長「原発代替コスト6兆円超」  | トップページ | たぶんアメリカはコメの自由化を求めてこない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/53263499

この記事へのトラックバック一覧です: 『ジョージポットマンの平成史』 白ブリーフ史とファミコン史:

« IEA事務局長「原発代替コスト6兆円超」  | トップページ | たぶんアメリカはコメの自由化を求めてこない »

見たもの読んだもの

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

無料ブログはココログ

最近読んだ本