2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

記事検索できます

最近のトラックバック

« ブラタモリ 第3シリーズ 動物・前編 | トップページ | マネーボールは野球の夢 »

2011/11/11

トルコの地震で救出された近内さんは好みのタイプ

トルコの地震で倒壊したホテルの下敷きになり救出された近内みゆきさんは結構タイプです。

近内さん「ここでは死ねない」…枕が頭を防護

201111113258271n

10日、トルコ東部ワンで読売新聞の取材に応じる近内さん=田尾茂樹撮影 【ワン(トルコ東部)=田尾茂樹】トルコ東部ワン県の地震で倒壊したホテルの下敷きになり救出された「難民を助ける会」メンバーで、元読売新聞記者の近内みゆきさん(32)が被災から一夜明けた10日、ワン市内で読売新聞の取材に応じ、「今後も被災地の支援活動を続けたい」と語った。

 近内さんはホテルの自室で、「難民を助ける会」の本部にパソコンでメールを送っている時に地震が起きた。次第に大きくなる揺れに、「これは大変かも知れない」と思った。

 気がつくと崩れた壁や天井に挟まれて身動きがとれなくなっていた。救出されるまでは、「パソコンの電源ランプの明かりと水と枕が救助を待っている間の支えだった」という。

 「ここでは、死ねない。この明かりが私を助けてくれる」と信じた。そして崩れそうな壁から枕が頭を守ってくれたという。

 レスキュー隊員がやってくるまで数時間、ひたすら小さく丸くなって耐えた。やがて、がれきが少しずつ取り除かれ、大きくなっていく外からの明かりに、「自分は助かるんだ」と実感した。

 「同僚を失ったことには言葉も出ない」とショックを隠さない近内さん。ただ、「国際協力の世界で自分に何ができるか試したくて、この仕事を始めた」だけに、「一度、日本に戻ることになると思うが、またすぐにトルコに戻って、支援活動をしたい」と話していた。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111111-OYT1T00177.htm

未亡人の憂いのようなものを感じます。

ちょっと真木よう子に似てるような気がします。

「難民を助ける会」での写真もありました。

http://www.aarjapan.gr.jp/

http://www.aarjapan.gr.jp/activity/report/2011/1109_805.html

正面は関根麻里ぽいですね。

« ブラタモリ 第3シリーズ 動物・前編 | トップページ | マネーボールは野球の夢 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/53218811

この記事へのトラックバック一覧です: トルコの地震で救出された近内さんは好みのタイプ:

« ブラタモリ 第3シリーズ 動物・前編 | トップページ | マネーボールは野球の夢 »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト