2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

記事検索できます

最近のトラックバック

« 坂の上の雲 12回 敵艦見ゆ その1 (画像と感想を交えつつ) | トップページ | 日本が中国国債購入へ→やめろ! »

2011/12/20

坂の上の雲 12回 敵艦見ゆ その2 (画像と感想を交えつつ)

黒溝台会戦から連合艦隊の出航まで。

コサック騎馬軍団の猛攻を、多大な犠牲を払って防いだ秋山支隊。

露軍による突然の大攻勢に慌てる満州軍総司令部に現われる第三軍乃木将軍。

参謀の判断が前線の将兵の生死を握ります。

秋山好古 秋山真之 アマゾン

一月二十五日、午前三時

黒林台・秋山支隊前線基地
Onesegpc_20111220_00290995_2

Onesegpc_20111220_00375826
何かを感じて大地に耳をつける。

Onesegpc_20111220_00380092
(こういう「前兆」を示す仕草がいいです)

Onesegpc_20111220_00380439
馬の足音。

Onesegpc_20111220_00382948

Onesegpc_20111220_00383175

Onesegpc_20111220_00385017
コサック騎馬軍団が夜の闇から現われた。

コサック騎兵は突撃する馬上から小銃を撃ってくる。
Onesegpc_20111220_14510995
まるでロンメル戦車隊が走行しながら主砲を撃ったようだ!

大攻勢の圧力に日本軍の前線は破られた。

後方の司令部にもロシア軍の砲撃。
Onesegpc_20111220_00392387

このままでは全滅すると、前哨の二個小隊が後退を決定する。

Onesegpc_20111220_01591551
炎上する黒林台。

黒林台が敵の夜襲を受け、前哨の二個小隊が撤退したとの報告が好古のもとに届く。
Onesegpc_20111220_02001185

Onesegpc_20111220_02015462
来たか!

Onesegpc_20111220_02015609
雪降る日の太陽(北海道で冬によく見ます)

Onesegpc_20111220_02020664
好古が自ら敵攻勢部隊を見に来る。

Onesegpc_20111220_02020917
好古は敵を見つめる。

同行する清岡がその数に唖然とする。三万どころでは……
Onesegpc_20111220_02021351

木じゃない。

コッサク騎兵だ!
Onesegpc_20111220_02021704
敵ながらこれはカッコイイ。

Onesegpc_20111220_02022365
砲兵も連れている。

秋山支隊と同じではないか。

Onesegpc_20111220_02022665
各隊に伝えよと好古が命じる。

Onesegpc_20111220_02141270
固守せよ。何があっても退くな。

秋山騎兵隊の兵士たちが馬を掩堆に入れる。
Onesegpc_20111220_02151993

騎兵を育てた以上は、世界一のコサック騎兵団とサシで戦ってみたいという子供じみた妄想は、好古の中にも多少は息づいていたが、しかしその衝動を抑えぬくことが、彼の戦闘指揮原理であり、このため彼の騎兵部隊は、戦闘となれば馬を捨てて徒歩兵となり、射撃戦の形をとることによって、コサックと戦った。

Onesegpc_20111220_02170423

Onesegpc_20111220_02170729
コサックは日本軍の拠点に味方の砲撃の中、突っ込んできたのか。なんと勇壮な。

砲撃で吹き飛ぶ日本軍の観測陣地、機関砲陣地。
Onesegpc_20111220_02175226

Onesegpc_20111220_02181173

Onesegpc_20111220_02183026

Onesegpc_20111220_02190660
コサックが剣を抜いて日本軍へ突撃してくる。

Onesegpc_20111220_02190748

Onesegpc_20111220_02193279

Onesegpc_20111220_02194768_2

Onesegpc_20111220_02194821

Onesegpc_20111220_02194901
敵の砲撃をものともせずコサック騎兵は突き進む。

Onesegpc_20111220_02195529
日本兵が迎え撃つ。

Onesegpc_20111220_02200631

Onesegpc_20111220_02200804

Onesegpc_20111220_02201610
騎兵がその打撃力を生かして前線に風穴を開けて、歩兵がその間隙から敵陣へと殺到する。

Onesegpc_20111220_02202726

Onesegpc_20111220_02202418_2

Onesegpc_20111220_02203332

Onesegpc_20111220_02203634

Onesegpc_20111220_02203934_2
歩兵と激突。

炸裂する敵砲弾。
Onesegpc_20111220_02205356

Onesegpc_20111220_02212085
敵の火力は強大!このままでは突破される危険あり!

Onesegpc_20111220_02214460
敵の攻撃は熾烈を極めており、味方兵力は急速に消耗しております!

Onesegpc_20111220_02215912
援軍をお願いします!

第四師団正面が敵の砲撃を受けたとの報告が満州軍総司令部に入る。
Onesegpc_20111220_02225070

直ちに撃退せよと松川が命じる。

秋山支隊の李大人屯正面は、前哨の黒林台が後退しましたと松川が児玉に言う。
Onesegpc_20111220_02460953

さらに沈旦堡守備豊辺支隊は、砲四十門の砲撃を受け、死傷者続出です。

児玉が秋山支隊への援軍編成を急げと命じる。

しかし予備の第八師団はすでに出払っていると松川。

中央から引っこ抜いてでも、左翼(秋山支隊の戦線)へ回せ!と児玉が怒鳴る。
Onesegpc_20111220_02512556

左翼が潰されれば、そこから全日本軍は崩壊する!ロシアは包囲戦を仕掛けてくるぞ!

第一軍の藤井、第二軍の落合に電話をつなげ、出せる師団をすべて報告させよ!と児玉が命じているとき、総司令部の扉が開いた。

Onesegpc_20111220_02512942
乃木のジジイか。

Onesegpc_20111220_02515307
ああ。

Onesegpc_20111220_02520292
疫病神だと松川が罵る。

遅くなりましたと乃木が大山巌総司令官に言う。
Onesegpc_20111220_14595787

乃木さあ、ご苦労様でしたと大山巌総司令官がねぎらう。
Onesegpc_20111220_02523267

Onesegpc_20111220_15041195
乃木、よう来てくれた。これから面白いぞと児玉が乃木の肩を叩く。

Onesegpc_20111220_15041382
岩山相手ではないからのうと児玉が笑う。乃木も笑う。

Onesegpc_20111220_15054512
大騒ぎしてもどうにもならん、軍司令部は勝つように軍令を出していく。

Onesegpc_20111220_15071917
児玉は元来、日露戦争を純粋な意味での軍事的勝利で解決できるとは思っていなかった。冷静な計算の上では、どのように日本軍が勇戦敢闘しても、五分五分に持ってゆければ上等であり、それをなんとか作戦の面で敵を凌駕して、六分四分に漕ぎ着けるというのが大山・児玉の目標であった。

Onesegpc_20111220_15080515
軍医と看護兵が負傷兵を手当てする。

Onesegpc_20111220_15081553

Onesegpc_20111220_15081593

Onesegpc_20111220_15081654

Onesegpc_20111220_15082471

日露戦争の陸戦は、六分四分というわずかな勝ち星を得つづけて今日まで来た。

「秋山閣下、危険です」という部下の言葉を退け、好古は前線に立つ。
Onesegpc_20111220_15082960

Onesegpc_20111220_15083625
ここを破られれば全軍が崩壊するぞ。

Onesegpc_20111220_15084662
決して退くな。たとえ最後の一兵になっても、守りきるんだ!

Onesegpc_20111220_15085695

Onesegpc_20111220_15091082

しかし二年目に入ったこの戦争がもし三四年も続くようなら、日本の財政は死滅の危機に瀕することになるかもしれない。

Onesegpc_20111220_15091182

「戦争による財政的滅亡」という危機感が最初からあったために日本政府がこと時ほど、国家運営の上で、財政的感覚を鋭くしたことは、それ以前にも、それ以降にもない。

Onesegpc_20111220_15093454

この同じ民族の同じ国がはるかな後年、財政的にも無謀極まりない太平洋戦争をやったということは、ほとんど信じがたいほどであった。

(この赤子の世代が太平洋戦争に出征したわけですね。深い)

Onesegpc_20111220_15093723

Onesegpc_20111220_15172815
(好古の家でした)

※その「財政的にも無謀極まりない太平洋戦争」とシナ事変がどうして出来たかについては「圓の戦争」を見てもらうとわかります。

一月二十九日
Onesegpc_20111220_15551648

Onesegpc_20111220_15552326

Onesegpc_20111220_15553029

Onesegpc_20111220_15553579
ロシアが退いたぞ!ロシアが退いたぞ!

Onesegpc_20111220_15560275
おい、何をぼ~っとしておる。穴蔵から馬を出してやらんかい!と好古。ここ数日、お天道様を拝んでおらんぞ。我らは騎兵ぞ!

Onesegpc_20111220_15590226
はっ!

(黒沢明が好きそうな構図)

Onesegpc_20111220_16002025

黒溝台会戦はロシアが発動し、その主動(今なら主導)によって行われた。その途中、ロシア軍は成功寸前の体制を示しつつ、退却してしまった。この会戦は、日本軍にとって決して勝利とは言えない。いわば防戦の成功であった。

Onesegpc_20111220_16005329

好古が前線に斃れたロシア兵を見て、「清川、埋葬してやれ」と命じる。敵にも慈悲を見せる武人の鑑です。

前線に現われた松川作戦参謀が、好古のもとへやってきて「難戦でしたな」とねぎらう。
Onesegpc_20111220_16031334

だがそう言った松川を好古がたしなめる。

Onesegpc_20111220_16031803

難戦というて片付けては死んだ者に無礼だ。

Onesegpc_20111220_16032332

Onesegpc_20111220_16032775

もともと敵が大集団でやってくるという様子については、アシの手元から何度も報告し、警報してきたところだ。それを軽視しきっていたためにこの不始末だ!

Onesegpc_20111220_16034409_2
松川そうは思わんか?こんな事はいかんのだ!

Onesegpc_20111220_16035428
何も言い返せない松川。

参謀の判断が前線の将兵の生死を分ける。参謀は重責を負っているわけです。

バルチック艦隊はマダガスカルのノシベという漁港に居座り続けていた。Onesegpc_20111220_16101807
ドイツの石炭会社との紛争。本国からの訓令の曖昧さ。第三艦隊との合流の問題。などが重なって、どうにも錨を揚げるわけにはいかないのである。

いつどこからバルチック艦隊が現われるか、(松川みたいに)見誤れば満州に展開する日本帝国陸軍を全滅させ、日本をも滅ぼしかねない。

真之は自宅の畳に寝そべり、天井を見つめている。
Onesegpc_20111220_16132234


季子が真之に豆を渡す。
Onesegpc_20111220_16511432

季子が天井を見上げる。
Onesegpc_20111220_16541981

何もありゃせんと真之。しかしアシには天井が地図に見える。

変わった人ねと季子が笑う。

バルチック艦隊が、どこを、どう来るのか?と真之は考えていた。

この前、新聞記者さんに言っていたあれねと季子。

Onesegpc_20111220_16582435
行こかウラジオ、変えろうかロシア、

ここが思案のインド洋じゃ。

さてそろそろ時間かと真之が立ち上がる。

Onesegpc_20111220_16594734
また行ってきます。留守を頼みます。

Onesegpc_20111220_17001039
行ってらっしゃい。

Onesegpc_20111220_17000001

Onesegpc_20111220_17021345
連合艦隊が佐世保港を出たのは二月二十日である。

Onesegpc_20111220_17021478

Onesegpc_20111220_17021834

軍艦行進曲が三笠艦上で演奏されたのは日本海海戦を通じてこの時だけである。

Onesegpc_20111220_17023070

Onesegpc_20111220_17025073

Onesegpc_20111220_17030607
連合艦隊、勇ましいですな。

« 坂の上の雲 12回 敵艦見ゆ その1 (画像と感想を交えつつ) | トップページ | 日本が中国国債購入へ→やめろ! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/53525076

この記事へのトラックバック一覧です: 坂の上の雲 12回 敵艦見ゆ その2 (画像と感想を交えつつ) :

« 坂の上の雲 12回 敵艦見ゆ その1 (画像と感想を交えつつ) | トップページ | 日本が中国国債購入へ→やめろ! »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト