2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

記事検索できます

最近のトラックバック

« 森田芳光監督が急性肝不全、61歳で死去 | トップページ | タイムスクープハンター・スペシャル 「戦国SOS カラス天狗を追え!」 »

2011/12/21

坂の上の雲 12回 敵艦見ゆ その3 (画像と感想を交えつつ)

奉天会戦。

松川といい伊地知といい、参謀が悪者の坂の上の雲。

総司令部は第三軍に多くを期待してはおらんのだ。

そりゃないでしょう。

しかし勝った。乃木はまたも頑張った。

秋山好古 秋山真之 アマゾン

連合艦隊が佐世保港から出帆した二月二十日、煙台の満州軍総司令部に各軍司令官が招集された。各軍司令官がこのように、一堂で顔を合わせるということは、開戦以来初めてのことであった。

大山巌総司令官が立ち上がる。
Zzzzzzz
この奉天の会戦においては、我は帝国陸軍の全力を挙げ、敵は満州において用うべき最大の兵力を引っ提げてもって、勝敗を決せんとす。

Onesegpc_20111221_16373400
この会戦において勝ちを制したる者は、この戦役の主人となるべく、実に日露戦争の関ヶ原というも不可なからん。

Onesegpc_20111221_16375600
いざ!と大山

いざ!と各軍司令官たちは盃をあおる。

杯を割るんだ。

この満州最大の都会は正式には奉天府という。

クロパトキンが奉天付近において握っていた兵力は、三十二万という開戦後空前の大兵力であった。

Onesegpc_20111221_16412501

Onesegpc_20111221_16413142

Onesegpc_20111221_16413809

これに対し、大山・児玉が握っている日本の野戦軍は総ざらいしても二十五万でしかない。

Onesegpc_20111221_16414450

Onesegpc_20111221_16441493

砲の概数はロシア側は一二〇〇百門、日本側は九九〇門。

これだけの兵力が戦線百キロに展開して、一大決戦を行うとなれば、世界史上空前の大会戦になるであろう。

Onesegpc_20111221_16442101

三月一日朝

Onesegpc_20111221_16455371

Onesegpc_20111221_16460073

Onesegpc_20111221_16461432

Onesegpc_20111221_16461571

奉天会戦の火蓋が切って落とされた。

(詳しい戦いの状況はこちらをどうぞ)

Onesegpc_20111221_16515396

Onesegpc_20111221_16515490

Onesegpc_20111221_16515578

Onesegpc_20111221_16520692

全日本軍の一番左を乃木軍が北へ進んでいる。

乃木に課せられた作戦目的は、遠距離運動をもって敵の右翼(日本側から見れば左)へ出、さらに迂回してその背後を突くというものであったが、彼が理解した自分の任務の性質は「全軍の犠牲になる」という悲劇的なものであった。

Onesegpc_20111221_16545796

機関砲何をしている!
Onesegpc_20111221_16550904

第三軍・津野田参謀が戦意喪失した兵士を奮い立たせる。

迫り来るロシア兵。
Onesegpc_20111221_16551131

Onesegpc_20111221_16551792

一斉になぎ倒せ!
Onesegpc_20111221_16552253

Onesegpc_20111221_16552546

火力が違いすぎます。このままでは北進どころか、第三軍は壊滅してしますと前線から戻ってきた津野田が報告する。
Onesegpc_20111221_16552785
乃木は黙っている。

総司令部に前線部隊から報告が入ってくる。
Onesegpc_20111221_17013185

秋山支隊は第八師団の攻撃を西方から支援中であります。

近衛師団および第十二師団は沙河を挟んで敵と対峙し、砲撃戦を実施中です。

第四師団は金山屯付近の敵を攻撃中なるも、敵は頑強に抵抗中であります!

第三軍の前進速度が遅すぎる!猛進し、敵の右翼を叩け!と松川。
Onesegpc_20111221_17024901

津野田!貴様ら第三軍は作戦を理解しておるのか!

火力が足りないと津野田。野戦重砲の一個大隊を回してもらえませんか?
Onesegpc_20111221_17024987

主力は中央だ!貴様らには重砲一門割けん!と松川は拒否する。

駄目なら一個中隊でも!と津田野が食い下がる。

ここで松川のきつい一言。

総司令部は第三軍に多くを期待してはおらんのだ。
Onesegpc_20111221_17044893

(それを言っちゃう?)

Onesegpc_20111221_17045754
(あれ?乃木がピンチなのに児玉はそれでいいのとか思ってしまいますよ)

津野田が黙って電話を切る。

総司令部はなんと言うた?と乃木。
Onesegpc_20111221_17064439
津野田は何も言わない。

Onesegpc_20111221_17065940
津野田、言え。

「総司令部は第三軍に多くを期待していない。兵を渡してもまた無駄死にさせるだけだろう」と。
Onesegpc_20111221_17070815

わかったと乃木が立ち上がり。天幕を出て行った。

悲運の将軍、乃木希典。

総司令部に好古が児玉に呼ばれてやってきて、開口一番、松川に作戦が巧妙すぎやせんかという。
Onesegpc_20111221_17091734_2

まず乃木さんが左を突く。クロパトキンが驚いて兵力を振り向ける。すると今度は右を突く。敵が驚いて右に行く。そこで手薄なっているはずの(敵)中央を突破……というんじゃろ?
Onesegpc_20111221_17180990

今は作戦批判はやめて頂きたいと松川。
Onesegpc_20111221_17181331

(ここでわかるのは好古は作戦行動を指示されるものの、その作戦の真の目的までは伝えられていない。複雑すぎる作戦は失敗します。相手が予想どおり動かない危険性とそれを作戦的に埋め合わせられない可能性が高くなります)

好古と松川の対立を和らげるように、児玉がまさに奇策じゃと好古に笑いながら言う。
Onesegpc_20111221_17241556

だが作戦が求めるようにクロパトキンがそううまく反応するとは好古には思えない。

だが児玉はこの作戦は敵がクロパトキンであるがゆえの作戦だという。

ヤツは過敏な神経を持っておる。ゆえに反応する。危ういことは確かじゃ、じゃがこの作戦を通じて、日本軍は攻めの姿勢をとり続ける。そこにこの作戦の本分がある。
Onesegpc_20111221_17263146

攻めて攻めて、一歩でもロシアの陣地を踏めば、日本の勝ちを世界に大声で言えるかもしれん。

この一戦で、日本の戦力は尽きるじゃろう。じゃがその尽きる瞬間には優勢の位置を占めておらねばならん。天佑でもなんでもいい、勝機を掴まねばならん。ゆえに死んでも前に進まねばならん。それは乃木も承知の上じゃ。

命令!秋山支隊は臨時に乃木軍に合すべし。
Onesegpc_20111221_17313217

乃木軍北進の先駆けとなり、遠く奉天北方の鉄道を破壊せよ。

(間接的ながら児玉は乃木を助けるわけですね。そうでなくては)

秋山、神速をもって行動せよ。騎兵の本領じゃろう。存分にやれ!

奉天北方へとひた走る秋山騎兵団。

Onesegpc_20111221_17330123

三月二日
Onesegpc_20111221_17331145

Onesegpc_20111221_17331551

Onesegpc_20111221_17332418

Onesegpc_20111221_17333246

Onesegpc_20111221_17333287

Onesegpc_20111221_17334034
戦術の原則として、小部隊が大部隊を包囲するということはあり得ない。ところが大山・児玉はその原則を無視してやってのけた。

Onesegpc_20111221_17343728
(露軍の鉄条網に木の板を渡す日本軍工兵)

Onesegpc_20111221_17350785

このためクロパトキンは日本が包囲作戦に出た以上、よほど大きな予備部隊を隠しているに違いないと錯覚した。

Onesegpc_20111221_17361034

Onesegpc_20111221_17361395

Onesegpc_20111221_17361801

大山・児玉がやってのけた、この奉天包囲作戦は日本軍にとってはやむを得ない冒険であったにせよ、危険極まりないものであった。

Onesegpc_20111221_17362275

Onesegpc_20111221_17362335

Onesegpc_20111221_17363970

Onesegpc_20111221_17365842

Onesegpc_20111221_17370262
工兵が手榴弾に点火して敵機関砲陣地に投げ込む。

突撃を続ける日本兵
Onesegpc_20111221_17370956

奉天駅。客車に設えた司令部に陣取るクロパトキンは、奉天北方に日本騎兵団六千が現われたとの知らせを受ける。
Onesegpc_20111221_18091373
北進する秋山騎兵団は実際の二倍の六千と拡大されて伝わった。

日露戦争を通じて最大の謎がこの時から始まる。

Onesegpc_20111221_18123717
それでは鉄道路線が遮断されてしまれ、全軍が窮地に陥るとクロパトキン。

そして全軍に命令した。
Onesegpc_20111221_18143201
北方に脅威あり、渾河の線まで退去せよ。

幕僚がその判断に異を唱える。

六千ごときの兵力ならば、閣下の予備隊および狙撃兵第三旅団(ここでいう狙撃兵は小銃兵のこと)を向かわせれば、撃退できましょう。
Onesegpc_20111221_18171459

しかしクロパトキンの判断は揺るがない。この北方の脅威に対処するには、いったん戦術的に退去し、戦線を整理したのちに、反撃に出るのが良策である。

しかし日本軍の攻撃はそう長くは持ちませんと別の幕僚が言う。せめてもう一両日。
Onesegpc_20111221_18200084

そうだなとクロパトキン。
Onesegpc_20111221_18204192
体制をしっかり守って、敵に何も残さないで退去しろ。

Onesegpc_20111221_18211293
奉天は引き払うぞ、急げ。

三月九日朝、異様な気象現象が満州の野をおおい、この会戦を一層劇的なものにさせた。

Onesegpc_20111221_18264371

Onesegpc_20111221_18321768

Onesegpc_20111221_18324953

「大風塵 起ル」という意味の表現が、あらゆる戦闘報告や記録に出てくる。

この狂風と黄塵が天地を昏くしつづける前、未明からロシア軍の撤退が始まっていた。

Onesegpc_20111221_18330748

Onesegpc_20111221_18330909

好古たちは撤退するロシア軍を目にする。

Onesegpc_20111221_18351459

勝っているのになぜじゃと騎兵たちは困惑する。

見よと好古。
Onesegpc_20111221_18355851
奉天じゃ。

Onesegpc_20111221_18361582

Onesegpc_20111221_18363064
乃木にも奉天が見えた。

奉天会戦にて日本軍は勝利した。

Onesegpc_20111221_18371148

Onesegpc_20111221_18371421
児玉が朝日に手を合わせる。

この辺りがキリじゃなと大山巌が言う。
Onesegpc_20111221_18375610
三月も経てばロシアは更に巨大になって攻めてきましょうと児玉は言い、東京へ帰ると告げた。講和工作を急ぐためだった。

火を付けた以上は、消さねばなりませんと児玉が言う。
Onesegpc_20111221_18390631


Onesegpc_20111221_18401132
二人が朝日に手を合わせる。

Onesegpc_20111221_18402273
そいなら、児玉さあ、よかふうにお願いしもすと大山が児玉を送り出す。

Onesegpc_20111221_18410348
本当の戦いはここからだった。ここで講和できなければ日本は滅ぶ。

秋山支隊による行動はクロパトキンを怯えさせ、思考を狂わせ、ついには決戦への気持ちを萎えさせた。

奉天会戦はどうみてもロシア軍が負けるべき戦いではなかった。兵力、火力ともに日本軍よりも、格段の差で優位に立っていた。

が作戦で敗れた。それも徹頭徹尾、作戦で惨敗した。

秋山騎兵団が帰路に就く。
Onesegpc_20111221_18440015
秋山閣下、バルチック艦隊を相手に。海軍はどの程度に勝ちましょう?

Onesegpc_20111221_18445164
そうじゃのう淳は、海軍はたとえ泳いででも、ロシアの軍艦にたどりつくじゃろう。我らはただ、それだけを期待しておればよい。

バルチック艦隊が極東への最後の曲がり角ともいうべきシンガポール沖に達したのは、四月八日であった。
Onesegpc_20111221_18465765

Onesegpc_20111221_18474298
次回に続きます。

« 森田芳光監督が急性肝不全、61歳で死去 | トップページ | タイムスクープハンター・スペシャル 「戦国SOS カラス天狗を追え!」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/53528508

この記事へのトラックバック一覧です: 坂の上の雲 12回 敵艦見ゆ その3 (画像と感想を交えつつ) :

« 森田芳光監督が急性肝不全、61歳で死去 | トップページ | タイムスクープハンター・スペシャル 「戦国SOS カラス天狗を追え!」 »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト