2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

記事検索できます

最近のコメント

最近のトラックバック

« 坂の上の雲 12回 敵艦見ゆ その4 (画像と感想を交えつつ) | トップページ | 坂の上の雲 日本海海戦頃の新聞 »

2011/12/24

坂の上の雲 12回 敵艦見ゆ その5 (画像と感想を交えつつ)

東郷は狂ったか!

ロシア海軍戦艦スワロフから右腹を曝す戦艦三笠に向けて主砲が放たれる。

バルチック艦隊の終わりの始まりを告げる咆哮となる。

波間を進む戦艦のリアリティーが半端ないっす。

秋山好古 秋山真之 アマゾン

もう少し近づけと、信濃丸の成川艦長。
Onesegpc_20111223_18152548

病院船のようだが……
Onesegpc_20111223_18154053
こちらを呼んでいるようです。

(東郷が言ったとおり、ここを通りますと言ってバルチック艦隊が現われた)

辺りに艦隊がおるかもしれん。
Onesegpc_20111223_18164267
白んできたな。臨検隊用意!

第三カッター降ろし方、短艇軍装、用意!
Onesegpc_20111223_18164428

左艦首、ロシア艦隊、視認!
Onesegpc_20111223_18175109

Onesegpc_20111223_18181118

敵発見報告を打電せよ!

午前五時五分、三笠が哨戒艦信濃丸からの無電を受信した。

Onesegpc_20111223_18184681

敵ノ艦隊見ユ。地点二〇三。
(こっちも二〇三とはなんたる奇遇)

Onesegpc_20111223_18185401

タ連送(タを連打で「敵ノ艦隊見ユ」の意味)です!

朝の運動をしていたときに敵艦見ユの知らせが水兵たちに告げられる。
Onesegpc_20111223_18204021

Onesegpc_20111223_18205103

Onesegpc_20111223_18210070

やったぞ!
Onesegpc_20111223_18210978
予想どおり対馬海峡にバルチック艦隊が現われて、嬉しさの余り、小躍りする真之。

東郷が連合艦隊に出港を命じる。

Onesegpc_20111223_18220379
真之はバルチック艦隊の位置を確認する。

午前五時、二〇三地点だという。

二〇三と真之が呟く。

真之が大本営宛ての電文を確認する。
Onesegpc_20111223_18221040

「敵艦 見ユトノ警報ニ接シ 連合艦隊ハ 直チニ出動。之ヲ撃滅セントス」

真之は許可するが、最後に思い直して一文を付け加える。

Onesegpc_20111224_00484389

「本日 天気晴朗ナレドモ 浪 高シ」

Onesegpc_20111224_00494143

Onesegpc_20111224_00495131

出港用意!錨を上げ!三笠艦長伊地知

(敵艦を見つけたのは203地点で、三笠の艦長が伊地知とは)

Onesegpc_20111224_00510246

Onesegpc_20111224_00510479

総員、石炭 捨て方!

Onesegpc_20111224_00512396

どの艦も、甲板まで石炭を積み上げていたが、戦闘の邪魔になるので石炭庫に入りきらないものは、迅速に捨てねばならなかった。

Onesegpc_20111224_00531065

これで何杯、天丼が食えるかのう?

Onesegpc_20111224_00531879

Onesegpc_20111224_00532676

Onesegpc_20111224_00532896

Onesegpc_20111224_00533137

(こういう出撃準備のアナログ感に興奮します)

Onesegpc_20111224_00533970

Onesegpc_20111224_00543860

入浴後、「消毒済」の戦闘服に着替えた。外傷を受けた場合の化膿を防ぐためである。

Onesegpc_20111224_00552321

さらに甲板を洗い、砂を撒いた。戦闘で血みどろになった場合に、兵員が足を滑らさないようにするためであった。

Onesegpc_20111224_00554921

Onesegpc_20111224_00555095

霧が濃いかようじゃなあと東郷が、剣帯を締めた真之に言う。

Onesegpc_20111224_00561792

大丈夫です。この霧はきっと晴れますと真之。

Onesegpc_20111224_00565514

「天気晴朗」というのは、視界が遠くまで届くため、取り逃がしは少ないということを濃厚に暗示している。さらに「浪高シ」というのは、ロシア軍艦において大いに不利であった。敵味方の艦が波で動揺するとき、波は射撃訓練の充分な、日本側のほうに利し、ロシア側に不利をもたらす。

Onesegpc_20111224_00572231

「天気晴朗ナレドモ 浪 高シ」

Onesegpc_20111224_01020134

「極めて我が方に有利である」ということを真之はこの一句で象徴したのである。

(一句といったのは、これが俳句みたいなものだから?だから正岡子規の最期が出てきてたのか?)

ロシアも戦いを前にして神に祈る。

Onesegpc_20111224_01020415

Onesegpc_20111224_01021062

Onesegpc_20111224_01021870

Onesegpc_20111224_01022323

Onesegpc_20111224_01022637
ロジェトヴェンスキーが十字架に口づけをする。
(ロシア正教の十字架はローマカトリックとは形が違います)

Onesegpc_20111224_01023157

Onesegpc_20111224_01023710

Onesegpc_20111224_01024792

Onesegpc_20111224_01025493

Onesegpc_20111224_01025734
たなびくロシア海軍旗

戦は近い。

Onesegpc_20111224_01030301

Onesegpc_20111224_01040032

Onesegpc_20111224_01041287
ロシア艦隊現る。

Onesegpc_20111224_01040854

Onesegpc_20111224_01042189

東郷が覗く双眼鏡は日本に数台しかないドイツ製の凄いのだったはず。

Onesegpc_20111224_01042335

Onesegpc_20111224_01042715

戦闘を開始しますと加藤が東郷に言う。

Onesegpc_20111224_01045087

よしと東郷。

戦闘旗を揚げ!

Onesegpc_20111224_01051756

二列縦陣というのではないな。団子になっていると加藤。

Onesegpc_20111224_01062910

距離一万二〇〇〇!

Onesegpc_20111224_01065279

Onesegpc_20111224_01065920

Onesegpc_20111224_01070148

Onesegpc_20111224_01070321

Onesegpc_20111224_01070601

旗旒(きゅりゅう)用意!Z旗、揚げ!

Onesegpc_20111224_01071021

Onesegpc_20111224_01093842

各部へ伝え!長官より、「皇国の興廃、此の一戦に在り」 各員 一層 奮励努力せよ!」

Onesegpc_20111224_01093542

「皇国の興廃、此の一戦に在り!」

Onesegpc_20111224_01101129

距離一〇〇〇〇!

Onesegpc_20111224_01102351

長官、そろそろ司令塔の中に入ってくださいと加藤が言う。

Onesegpc_20111224_01110789

ここにおると東郷。

Onesegpc_20111224_01113414

おいは老人じゃ。今日はこの位置は離れん。

Onesegpc_20111224_01113895

おはんたち、若か者こそ、将来のご奉公が大切じゃ。おはんたちが入れ。

ワシは残りますと真之が加藤に言う。

Onesegpc_20111224_01122671

加藤は自分と真之が東郷の側にいるから、他のものは中に入るように命じる。

距離八五〇〇!

Onesegpc_20111224_01135251

砲術長(安保)、君がひとつ、スワロフを図ってくれんか?と加藤。

Onesegpc_20111224_01142832

今、報告したばかりですが!

しかし加藤に言われた以上、もういちど計測しなければならない。

Onesegpc_20111224_01145637

(この映像、かっこよすぎます!)

Onesegpc_20111224_01145978

もはや八〇〇〇!

まだ東郷は動かない。(じらしてじらして巌流島ですか)

どちら側で戦をなさるんですか!と伊地知艦長が東郷に命令を乞う。

(主砲と副砲を最大限使うには敵に対して右舷か左舷を向けなければならない)

東郷が右腕を上げる。

Onesegpc_20111224_01161142

Onesegpc_20111224_01161342

Onesegpc_20111224_01162209

左に振り下ろした。

Onesegpc_20111224_01162862_2

加藤と真之が顔を見合わせる(予定どおりという意味でしょう)

この時、世界の海軍戦術の常識を打ち破ったところの異様な陣形が指示された。

Onesegpc_20111224_01172364

艦長、取り舵一杯と加藤が命じる。

Onesegpc_20111224_01180884

取り舵になさいもんすか?驚く伊地知。

さよう。取り舵だ!と加藤。

Onesegpc_20111224_01184325

とぉ~りかぁ~じ、一杯!

Onesegpc_20111224_01191259

Onesegpc_20111224_01191559

Onesegpc_20111224_01191845

Onesegpc_20111224_01191967

Onesegpc_20111224_01193648

Onesegpc_20111224_01194135

東郷は狂ったか!

Onesegpc_20111224_01194615
ロジェストヴェンスキーが歓喜する。

これは神のご加護、まさに然り。
Onesegpc_20111224_01200173

Onesegpc_20111224_01202723

連合艦隊がすべての艦が回頭を終わらせるまで16ノットで10分かかる。

Onesegpc_20111224_01215573

Onesegpc_20111224_01203203

黄金の10分を無駄にするな!

バルチック艦隊の主砲が火を吹いた!

Onesegpc_20111224_01215906

Onesegpc_20111224_01215920

Onesegpc_20111224_01215932

続いて副砲も!

Onesegpc_20111224_01220046

戦艦三笠が全速力で左へ回頭する。

Onesegpc_20111224_01213346

この敵前回頭という、捨て身の運動中、三笠以下は艦隊のありたけの速力を出していた。

Onesegpc_20111224_01213679

Onesegpc_20111224_01213846

Onesegpc_20111224_01250467

味方にとっては射撃が不可能に近く、敵にとっては極端に言えば、静止目標を射つほどにたやすい。

Onesegpc_20111224_01250848

Onesegpc_20111224_01251215

Onesegpc_20111224_01250948

Onesegpc_20111224_01251589

Onesegpc_20111224_01252023

Onesegpc_20111224_01261525

これに要した10分という時間は、生と死を分ける魔の時間として無限に永いように思われた。

Onesegpc_20111224_01270262

三笠は一個のドラムに化したように、ロシア製の砲弾に叩かれ続けた。

Onesegpc_20111224_01270595

Onesegpc_20111224_01270715

Onesegpc_20111224_01271956_2

Onesegpc_20111224_01272709

丁字戦法の始まりである。

いい始まりだ!

そして最終回!

« 坂の上の雲 12回 敵艦見ゆ その4 (画像と感想を交えつつ) | トップページ | 坂の上の雲 日本海海戦頃の新聞 »

コメント

この東郷ターンは無論CGですが、映画にも負けない大迫力でした。
CG World最新号で、解説が載るらしいです。

Haruさんどうもsun
>CG World最新号で、解説が載るらしいです。
凄くいいですね。
ロングショットの艦の揺れてる感じがリアルです。

ブルーレイで出るので買うかと思っています。
バトルスターギャラクティカのブルーレイ版を見たら、画質が凄く良かったです。たぶん二〇三高地の土埃など地デジより綺麗に見えるはずです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/53551850

この記事へのトラックバック一覧です: 坂の上の雲 12回 敵艦見ゆ その5 (画像と感想を交えつつ) :

« 坂の上の雲 12回 敵艦見ゆ その4 (画像と感想を交えつつ) | トップページ | 坂の上の雲 日本海海戦頃の新聞 »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト