2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

記事検索できます

最近のトラックバック

« もしも中国軍が北朝鮮に攻めるとすれば | トップページ | 仙石「 消費税15%増税しないと、5年で日本が崩れるけど、それでもいいの?」 »

2011/12/28

ジョージ・ポットマンの平成史 童貞史(前編)

どんなに頑張ってもNHKではできないド変態(の時もある)ドキュメンタリー。

これぞテレビ東京。

江戸時代までは童貞は馬鹿にされていたのに、文明開化した明治・大正になると童貞(チェリーボーイ)が礼賛されるようになります。

人妻史もナレーションが科学的な説明をする中、大人向けの男女のドキュメンタリー映像が流れるという、坂の上の雲の二〇三高地で凄惨な戦闘シーンに、渡辺謙のナレーションで明治国家論が語られるの同じく度肝を抜かれました。

前編では溜池ゴローが、後半では岡本麻弥(エマニュエル夫人の吹き替えだったんですね!)が出るし、話よりもそっちは気になりました。

夫人を愛すると言うことは、それがリアルで行われた場合には不倫になるわけですが、戦国時代の武将では不倫はなかったそうです。大名が家臣の奥さんに手を出したら、家臣団が崩壊してしまいます。なるほど!

そして童貞(前編)。日本のトップアクトレス麻美ゆま(ドM)ですよ。お父さんはフィリピンパブを最初に経営した人なんですねえ。

童貞とは明治初期の造語で、カトリックの修道女のことだそうです。だから、聖母マリアは「童貞マリア」と呼ばれていたとか、今なら「童貞マニア」と勘違いしそうです(しないか)。それから今のような童貞の意味に使われるようになった。

明治以前の日本はセックスが大好き!

江戸時代には「夜這い」とか「童貞開き」セックスすることは社会構造的に認められていた。

実際、日本のティーンエイジャーが学校で学習する代表的古典作品は「ヤリチンの一生をポエムとともに紹介する」伊勢物語(爆笑)や「日本最古のエロ小説とも評される」源氏物語と他国ではありえない異常な内容。

日米修好通商条約が結ばれ(貿易の活発化が予想されたが、不平等な条約と紹介)、こうして日本が外国への輸出を盛んにようとしたとき、不平等条約を物ともせず、エロい景品を付けて(パッケージに裸の女性を描く)タバコを輸出。当時の欧米列強の度肝を抜いたと言われている。

(凄いフィギュアとか秋葉原のそっち系の商品も、この系譜なのではないでしょうか)

なぜかくも日本人はエロい民族なのか?

農耕の田植えから収穫までと性行為が一体化していた民族が日本人なのだ。田植えが終れば豊作祈願で一戦交え、収穫の時にはそれはそれでまた喜びを込めてまた一戦。

新潟県佐渡市のつぶろさし(県指定無形民俗文化財)


豊作祈願。

「童貞開き」とは身体的に成熟した男子が、あらかじめ指定された三~四十代の婦人から性の手ほどきを受けるという風習。

童貞は「夜這いも」できない意気地なしを馬鹿にされ、「墓場のミミズ」(生きた穴には入れない)と言われたのだとか。

これが明治期になると、童貞を尊ぶ逆転現象が起る。その背景にあるのは西洋キリスト文明から導入された「恋愛」の概念である。恋愛とは清く正しいもの、(婚前は)SEX抜きで愛し合うもの。非常に崇高で価値のあることとされた。

一九二〇年代の大学生は童貞を保持すべきものと認識していた。

まさに西洋からの

LOVE注入ですか。

この明治大正期の童貞否定から童貞礼賛への転換は、科学者たちでさえ、童貞推進論を展開したことは、文明論を紐解くすべての研究者に、いかに科学がイデオロギーに左右されるかを如実に示した重要な事例である。

鈴木先生もそんな話でした。

2011年に見た凄い一本。

« もしも中国軍が北朝鮮に攻めるとすれば | トップページ | 仙石「 消費税15%増税しないと、5年で日本が崩れるけど、それでもいいの?」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/53591083

この記事へのトラックバック一覧です: ジョージ・ポットマンの平成史 童貞史(前編):

« もしも中国軍が北朝鮮に攻めるとすれば | トップページ | 仙石「 消費税15%増税しないと、5年で日本が崩れるけど、それでもいいの?」 »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト