2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

記事検索できます

最近のトラックバック

« 猫肉火鍋中毒死事件は毒殺だった やはり中国 | トップページ | 孤独のグルメ 門前仲町の焼き鳥と焼きめし (感想だけ) »

2012/01/04

ジョージ・ポットマンの平成史 童貞史(後編)

まさか高度成長期の裏で男子の童貞化が進んでいたとは!

童貞の屍を越えて日本は経済大国の高みへと登りつめたのか!

昭和40年代頃、女性の婚前性交渉率は戦後と比較して10%

そして経験豊富な女性たちは「童貞は気持ち悪い」と軽蔑。

世は「童貞氷河期」へと突入していく。

なぜ高度経済成長期に童貞が突如激増したのか?

これは「下山事件」「三億円事件」と並ぶ日本戦後史上最大の謎とされている(笑)。

Onesegpc_20120104_20560112

興味深い仮説が登場する。

その鍵を握るのが「上野駅」

Onesegpc_20120104_20575765

集団就職の男子たちが上京に原因があるという。

Onesegpc_20120104_21001646

ここからBGMが坂の上の雲(笑)

かつての農村漁村には様々な童貞喪失の社会的機能があった。

Onesegpc_20120104_21010579

Onesegpc_20120104_21010926

Onesegpc_20120104_21011440

しかし高度経済成長期に入り、集団就職→都市には童貞喪失のための社会装置はない→童貞増加。

Onesegpc_20120104_21012373

Onesegpc_20120104_21012787

Onesegpc_20120104_21013621

そして童貞に鞭打つかのごとく政府が「赤線」を廃止。

Onesegpc_20120104_21062381

Onesegpc_20120104_21062754

それが「赤線」の廃止によって、業態が「とある風呂」(泡ノ国ですか)に変わり、料金が大学初任給の1/3にまで上昇。

Onesegpc_20120104_21064450

童貞喪失のセーフティーネットは失われたといっても過言ではない。

(赤線廃止は東京オリンピックと関係があるのでしょうか)

バブル期、女性の大学進学率で男子とのデートが活発化→風俗で童貞を捨てるのはけしからんというシロウト童貞批判が展開される。

Onesegpc_20120104_21071454

Onesegpc_20120104_21071965

Onesegpc_20120104_21072598

Onesegpc_20120104_21072771

しかしここには「デート」を市場として利用したい企業の思惑もあった。

Onesegpc_20120104_21074370

Onesegpc_20120104_21074867

Onesegpc_20120104_21075732

重厚長大から軽薄短小へ日本の経済がシフトすると、シロウト童貞の地位が低下した。

Onesegpc_20120104_21080285

Onesegpc_20120104_21080740

Onesegpc_20120104_21081595

この絵面を見て、思い出しました。

相原コージの「文化人類ギャグ」

まさにあの世界。

しかしバブル崩壊をきっかけに童貞擁護論が再び台頭、その地位を回復する。

Onesegpc_20120104_21085096

Onesegpc_20120104_21090425

Onesegpc_20120104_21091535

Onesegpc_20120104_21092203

80年代の恋愛=消費主義。

90年代以降の恋愛=節約主義。

しかしご飯冷めるよ(笑)。

企業は童貞の巣窟、オタク文化へ方針転換。

Onesegpc_20120104_21535515

Onesegpc_20120104_21093092

Onesegpc_20120104_21540507

Onesegpc_20120104_21094065

そしてAKBが台頭する。

片思いの歌詞からいろいろ探ってました。

いつの時代も消費者はカモというわけか!

葱はどこだ!

面白かったです。

« 猫肉火鍋中毒死事件は毒殺だった やはり中国 | トップページ | 孤独のグルメ 門前仲町の焼き鳥と焼きめし (感想だけ) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/53655540

この記事へのトラックバック一覧です: ジョージ・ポットマンの平成史 童貞史(後編):

« 猫肉火鍋中毒死事件は毒殺だった やはり中国 | トップページ | 孤独のグルメ 門前仲町の焼き鳥と焼きめし (感想だけ) »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト