2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

記事検索できます

最近のトラックバック

« ガンダムAGE 第12話 反逆者たちの船出 | トップページ | ジョージ・ポットマンの平成史 童貞史(後編) »

2012/01/04

猫肉火鍋中毒死事件は毒殺だった やはり中国

ネコを日常から食べているというのも驚きですが、ネコ鍋で官僚が実業家を毒殺というのも、日本ではなかなかありえない話です。

常に我々の常識の上をゆく国です。

「謎解きはディナーの後だった」ということですか。

2012年1月1日、広東省陽江市陽春市警察は、猫肉火鍋中毒死事件は毒殺だったと発表。すでに容疑者を逮捕したことを明かした。2日、国際在線が伝えた。

12月23日、広東省人民代表大会の龍利源(ロン・リーユエン)代表が猫肉火鍋を食べた後、中毒症状を示し死亡した。一緒に食事していた2人にも中毒症状があったことから原因は猫肉火鍋にあると見られていた。一部では猫肉に問題があったのではとも噂されていたが、陽春市では猫肉を食べるのはごく一般的な習慣であるため、毒殺の可能性が高いと見られていた。

捜査の結果、容疑者が明らかとなった。龍代表と一緒に猫肉火鍋を食べ、軽い中毒症状を示していた陽春市八甲鎮農村業務弁公室副主任の黄光(ホワン・グワン)が逮捕された。企業家でもある龍代表は、地元政府の山林関連事業請負に成功していたが、その受注を手伝ったのが黄。ところがその際に龍代表の資金に手を付けてしまい、2人はもめていたという。

23日、黄は龍代表を八甲鎮の山林視察に誘い、その後一緒に猫肉火鍋を食べた。相手の目を盗んで猛毒の植物ゲルセミウム・エレガンスを鍋に入れるという殺害手法だったという

http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=57562&type=

ネコが原因だと普通は思います。ネコなんか食べないのでまたゲテモノ食いでやらかしたかと。「好奇心はネコを殺す」なのかと思ったら、そうしたから実業家の金を不正流用した官僚が、隠蔽のために殺したという顛末。

万事休すの官僚は「猫(鍋)の手も借りたかった」ということですか。

« ガンダムAGE 第12話 反逆者たちの船出 | トップページ | ジョージ・ポットマンの平成史 童貞史(後編) »

コメント


932241

文化の違いはおもしろいですね。逆に海外に住む日本人がフグを食べて死んだら、事故か、ことによると自殺で片付けられるかもsun

おじゃま丸さん、どうもsun
確かにフグで死んだら自業自得で片付けられそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/53652949

この記事へのトラックバック一覧です: 猫肉火鍋中毒死事件は毒殺だった やはり中国:

« ガンダムAGE 第12話 反逆者たちの船出 | トップページ | ジョージ・ポットマンの平成史 童貞史(後編) »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト