2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

記事検索できます

最近のトラックバック

フォト

« 鹿肉一直線 | トップページ | 平清盛 第7話 光らない君 »

2012/02/25

フリンジ・シーズン2は面白い でもブラウン・ベティは評価が低い

最初はXファイルぽいなと思って見てましたが、シーズン2の「ピーター」から超絶面白い。

しかし「ブラウン・ベティ」は、テイストが突然変わって最初どうしようかと思った。

ピーターが失踪して、ジョイントを吸って完全に決まってるウォルターがオリビアの姪のエラにお伽噺をするわけですが、その舞台がウォルターの母親が好きだったという探偵小説とミュージカルがゴチャゴチャになっている、ジョークみたいな展開でした。

今までシリアスな展開に舵を切っていたのにいきなり、こんなふざけた展開はどうなのかと思ってましたが。意外と面白い。1940年代ぐらいに、パソコンとか携帯電話があるというのはスチームパンクぽくて面白い。ブロイルズって歌がうまいんだ。

ウォルターの失われた心臓というのはウォルターとの親子の絆だというのがわかりますよ。しかしこの話の落とし所はどこなのかと。

ピーターの心臓が盗まれて、その犯人がウォルターだと判明し、やっぱこのお伽噺はウォルターは自分がピーターをこっちの世界に連れてことだとわかり、ピーターはウォルターに心臓を取り返して去って行きます。なるほど、ウォルターはピーターがいなくなってしまうのはしょうがないと思っているわけですが、エラはそれじゃお伽噺として間違ってると大人を批判。そしてピーターは、ウォルターにも良心があると思い、心臓をウォルターにも分け与えます。

前回のピーター・ウェラー(ロボコップ!)がウォルターに出した「白いチューリップ」の手紙(泣きそうになった)と同じで、ウォルターに絶望することはないという話なんですな。

童話に絡めてウォルターの心情を描いたのは、エンディングの展開に向けて種を撒いたとみるべきか。

IMBDを見ると、ここから評価が8/10とか9/10になっているので、これがギャラクティカのシーズン終わりぐらい評価が高いです。

« 鹿肉一直線 | トップページ | 平清盛 第7話 光らない君 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/54068199

この記事へのトラックバック一覧です: フリンジ・シーズン2は面白い でもブラウン・ベティは評価が低い:

« 鹿肉一直線 | トップページ | 平清盛 第7話 光らない君 »

見たもの読んだもの

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

無料ブログはココログ

最近読んだ本