2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

記事検索できます

最近のトラックバック

« 第9地区 面白い | トップページ | 平清盛 第10回 「義清散る」 »

2012/03/17

孤独のグルメ 第11話「文京区根津 飲み屋さんの特辛カレー」

ゴローの胃に新たな歴史を刻んだサバサンド革命。

そして飲んだくれたプチブルジョアのサラリーマンに、ゴローの正義のアームロックが炸裂する。

おばあちゃんのカレーを馬鹿にするヤツは許さない。

20120317164441

日暮里って読めない。御徒町とタメをはる。

20120317164522

メールじゃなくて葉書ってのが彼女らしい。

おっきい!と子供の声。

20120317164532

後ろにスカイツリー。

おっきい!

20120317164547

まあね。

吹いた。

根津に来るとワクワクするゴロー。個人の店が多いのが楽しいらしい。

こんな所にも猫。

20120317165316

とりあえず挨拶。

20120317165322

かりんとう饅頭

20120317165431 

ちょいとそそる。

20120317165556

有名なお菓子なのか。

「なんだかこの店に根っこが生えてしまいそうだ」とかりんとう饅頭とお茶でほっこりするコロー。

お土産に20個注文。

「ちょいと」がアラブの石油王なみ。

「マキちゃん」の店。

20120317170041

サンドイッチを食べていたので後にしようと思ったら見つかってマキちゃんが声をかけてきた。

20120317170055

家族八景のセーラー服もよかったよ。

キュウタ~
20120317170108
犬が好きなのか。意外だ。

マキちゃん、サンドイッチを食べる。
20120317170354_2

織物だけじゃなくて、雑貨もやった方がいいとアドバイスしたのはゴロー。

おかげで店は繁盛。

根津の人はちょうど良い距離感を保ちつつ親切なんだそうな

去り際にキュウタにもお別れの挨拶。

201203170000

これで屋台の「チリビーンズのせホットドッグ」とかぶっ込んできたら、すべてぶち壊し。

あのサンドイッチうまそうだったなあ

20120317170822

と腹の虫が騒ぎ出した直後に

尿意。

20120317170841

コーヒーとお茶を飲み過ぎた。

みっともないがマキちゃんのところでトイレを借りよう。

20120317171300

閉まってる。

参ったなあ。

ここ、開いてるな

20120317171315

トイレを借りられた。

飲んでいったらと客に言われる。

20120317171417

飲めないんでとゴローが恐縮する。驚かれる。

美保純だ。

鳥の煮込み

20120317171736

皮とこんにゃくと豆腐。確かに珍しい。

20120317171840

うまい。

20120317171932

お代わりをください。

ゴローの胃が騒ぎ出した。

なにか食べたいものありますか?何でも作りますよ。

20120317172210

え?と狼狽えるゴロー。

ここは真昼の「深夜食堂」か。

サンドイッチとか?とゴローが聞いてみる。

え?と聞き返される。

20120317172210_2

いいえ無茶ぶりでしたと前言撤回。さっき知り合いが食べててと。

そういう時、ありますよねと言われる。

できますよ。裏メニュー。

常連さんも同じメニューだけだと飽きちゃうじゃないですか。

20120317172636

トレイを借りただけの一見さんにも裏メニュー。

なにか菩薩のような神々しさがあります。

CM開けに出てきたサンドイッチ。
20120317172737
ごめんなさいサバしかなかったので。

サバ?とゴロー

フランス人か!

パリで女優さんと一悶着あったですからね。

20120317172749

じっと見る。

20120317173024

20120317173413

サバサンドと頭の中で繰り返すゴロー。

大丈夫か?(Cava?)

20120317173511

20120317173522

大丈夫だよ。

大、大、大丈夫だよ~。

志村けんか。

一瞬生臭そうに思ったが、全然良いじゃないか。

20120317173940

うんうん、これはいい。

なんだか胃袋に新しい歴史が刻まれたようだ。

サバサンド革命。

こんなに日本茶が合うサンドイッチは初めてだ。

トルコではサバサンドを食べるそうな。

落ち着きすぎじゃないか俺?

20120317174434

初めて来たのに帰ってきた気がする。

食べたいものを言ったら、すぐ出してくれる。

婆ちゃんちみたいだなあ。

なんだか婆ちゃんのライスカレーが食べたくなってきた。

20120317174539

カレーライスもできますか?

できますよ。

でも大丈夫ですか?

カレーの臭いがしてきた。

20120317174719

20120317174753

ちゃんと辛い。ちゃんとうまい。カレーはいつ何時食べてもうまい。

いいなあ、ジャガイモ・ごろごろタイプ。

付け合わせがらっきょチャンなのも心憎い。

突然の酔っ払い。

20120317175007

しけた店だぜ。

モト冬樹だ。

こんな店でカレー?

20120317175130

ゴローがスプーンを置いた!

私のことは良いですよ、でもね、酔っ払ってこの店と、こういうカレーを悪く言うのはやめてください。

20120317175242

カレーと言えばウルトラマン。ハヤタがスプーンを握って変身しようとした。

酔っ払いに表に出ましょうと言う。

偉そうに。

20120317175636

なんだこの野郎。デケエ面するんじゃねえよ。

酔っ払いがゴローに殴りかかったら、

20120317175638

20120317175641

即制圧。

ただ大きいだけじゃない。

尿意のないゴローは無敵。

逃げる酔っ払い。

20120317175900

やってしまった。いかんなあ。

冷めたカレーも十分美味しいとゴローは食べようとするが、店の人も温めると言って引かない。

気を遣ってやや小盛りになっている。

20120317180009

カレーの臭いとうまさが、嫌な気分を忘れさせてくれる。

ルゥのどろり感が死んだ婆ちゃんのに似ている。

あなた独り身?と店の女将。

20120317180326

ええとゴローが応えると、

これ持って帰って温めて食べてください。

20120317180335

カレーのお土産。

きっとまた食べたくなるカレーだ。

20120317180532

また来ちゃうんだろうな。

また見ちゃうんだろうな。

« 第9地区 面白い | トップページ | 平清盛 第10回 「義清散る」 »

コメント

>犬が好きなのか。意外だ。

原作のイメージだと、犬や猫みたいな人間に近い感情を持つ動物より、魚やサボテンを好みそうですよね。
小沢真珠は家族八景でセーラー服になってたんですか!(回想シーン?)
モト冬樹の登場の仕方があまりに唐突(笑)
原作のアームロックは店主の横暴さがきっかけでゴローが自分の哲学を語るっていう重要な意味があったと思うのですが、ドラマのこれはあまり意味がないような。

おじゃま丸さん、どうもsun
そういえば、ゴローはデパートの上でサボテンとか観てましたね。

>小沢真珠は家族八景でセーラー服になってたんですか!(回想シーン?)
家政婦の七瀬が心を読んじゃうシーンだったと思います。

原作の方がいいというのは同感です。原作は架空ぽいから店主にアームロックするのはありでしょうが、実際の店を出しちゃうと多方面に問題あるんでしょうね。

マキちゃんが性に合ってるらしい「根岸の持ち味」を馬鹿にした酔っ払いにゴローがキレてるのはアリと思いますし、アームロックの後、おばあさんから、死んだおばあちゃんの味に似ている気がするカレーを持たせてもらう(美保純ではない)方が、自分の家のような感じがする根岸ぽさが出てるような気もします。カレーを持たせるためにアームロックが必要だったかもしれませんね、唐突感はありますが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/54243218

この記事へのトラックバック一覧です: 孤独のグルメ 第11話「文京区根津 飲み屋さんの特辛カレー」:

« 第9地区 面白い | トップページ | 平清盛 第10回 「義清散る」 »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト