2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

記事検索できます

最近のコメント

最近のトラックバック

« 雪に突っ込んで壊れた車のバンパーを見てもらい行った | トップページ | 孤独のグルメ 第11話「文京区根津 飲み屋さんの特辛カレー」 »

2012/03/16

第9地区 面白い

エビ(プローン)と揶揄されるエイリアンが良く出来てるし、主人公の馬鹿っぽさも良いなあ。

第9地区からエイリアンを強制退去させるところから主人公がエビなっていき、勤め先の実験素材になっちゃて、義理のお父さん相手に戦うことになるし、もう息をつかせぬ怒濤の展開。

渡る世間はエビばかり。

エイリアンのパワードスーツもカッコイイ。

MNUが使うデカイ装甲車は南ア製のGILAっていうMRAPですな。

http://www.armedforces-int.com/article/mrap-vehicles.html

同じ監督が作ったHALOの映画のプロトタイプ

http://youtu.be/d6g1yyWEfks

« 雪に突っ込んで壊れた車のバンパーを見てもらい行った | トップページ | 孤独のグルメ 第11話「文京区根津 飲み屋さんの特辛カレー」 »

コメント

面白いですよね。
SF映画ファンからは不評も聞きますが皮肉った内容と展開の激しさが良いです。
パワードスーツはえび顔を最高にかっこよくした感じでたまりませんでした。

藤咲さん、どうもsun
SFファンが嫌いなんですか!
あれが面白くないとは、残念でちゅね~って頭を撫でて放っておくしかないですね。2011年の「星雲大賞」を受賞しています。

パワードスーツの顔に髭がついてて、良い感じですね。ガンダムの顔に目とかつけるのと同じだなあと(顔がある時点で人間ぽい)。接地を3本のドリルみたいな足もカッコイイですね。

まあ人格のある生物としてのエビたちと人間と両方のエゴやらスラム街の匂いが現実の世界を投影して描きたかった全てでしょうし、あれをSF映画としてのみ観て駄作だって言うのがズレてる気がしますね。
SFとして異星人の文化みたいなものを掘り下げはしなかったし、物語を動かす為にのみあの黒い液体はあったかも知れませんが、別にいいじゃねえかって(笑)
超面白かったし。

藤咲さん、どうもsun
面白いのが最初にあるべきで、SF云々はガンダムをSFじゃないとか言ってるのと同じレベルだと思います。

欲張っていろんな要素を盛り込むと、日本のよくある駄作映画の1本が出来上がりますね(テレビシリーズなら多面的な方が面白くなったりしますが)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/54237283

この記事へのトラックバック一覧です: 第9地区 面白い:

« 雪に突っ込んで壊れた車のバンパーを見てもらい行った | トップページ | 孤独のグルメ 第11話「文京区根津 飲み屋さんの特辛カレー」 »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト