2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

記事検索できます

最近のトラックバック

« 日韓が軍事情報を共有へ 政府もようやく目覚めたか | トップページ | the Killing/キリング 15話まで »

2012/04/23

平清盛 第16回 「さらば父上」

話はドロドロしているけど、最後は綺麗に死んでいくのが「平清盛」。

特に忠盛の死に方は綺麗だなと。

大河で主人公の親が死ぬ話はいろいろとありますが、こういうふうに安らかに死ぬ(消える)のは珍しいのではないかと。

20120423141535
寝ている忠盛。

20120423141708
いつかわかるのではござりませぬか、夢中で生きていれば。なぜ太刀を振るうのか、なぜ武士が今の世を生きているのか。

20120423141803
ほら、この子も申しております。

清盛、突然目覚めた。
20120423141812

20120423141819
父・忠盛から譲られた太刀が落ちていた。

20120423141925
しばらく振ってないなと、目覚めた清盛が太刀を振るう。

忠盛が目を覚ました。
20120423141912
「なぜ太刀を振るうのか、なぜ武士が今の世を生きているのか」と舞子の言葉。この仕草は死ぬっぽい。

摂関の座を頼長に譲ろうとしない兄、忠通。
20120423142630

20120423142633

平清盛のブログに出てるこの人だ
http://www.nhk.or.jp/drama-blog/99480/108869.html

20120423142636

忠通の父・忠実に命じられて源為義が忠通の邸宅に討ち入り、摂関の権力の象徴である朱器台盤を奪いに来た。

20120423142810

20120423143107

そなたにこれを授けたかったと忠実が頼長に言う。

20120423143204

20120423143212

20120423143808

父のご恩情、しかと頂きましてございますと頼長。

中国史を紐解けば、家族(内輪)の揉め事に軍隊(とか蛮族)を使うとあとで碌でもないことになるのがわかるのに、目の前の権力に喜んでいるのが頼長の中途半端なところ。

帰宅した父に義朝が怒る。
20120423144039
父がしたことは盗賊と一緒だと。

そうじゃと開き直る為義
20120423144224
一族郎党を食わせるために働いておる。それの何が悪い!

一方、平家の棟梁・忠盛は美福門院の推挙を得て(前回の高野山の宝塔再建で約束された)を鳥羽院より刑部卿に任ぜられた。そして清盛は安芸守に任ぜられた。

20120423151052

最後まで務めさせていただきます。

最後って言ったね。顔がちょいと死んでる。

帰りがけに、左大臣(頼長)の警固のためにやってきた為義と会い、言われた。

20120423151125

20120423151400
せがれに言われた、わしのしていることは盗賊と同じだと。悔しいが我ら源氏には、平家の如き財力はない。盗賊の如く生きるほかはない。

20120423151543
わしはこの道を行く。そしてそなたとの約束を果たす。

20120423151653
わしとの約束?

20120423151940
平家と源氏どちらが強いか(武家の頂点に立つか)、それを定める日まで、わしは地を這うてでも生き残る。

楽しみじゃな。
20120423152003
なにか達観している感がある。

為義が酷い目に遭うのでなんとも重い一言。

安芸の国にきた清盛一党。

こんなへんぴなところかと怒る兎丸
20120423152404
徳川家康もへんぴな江戸を開発して世界の大都市にしたのだ。

あの海ではしゃいでおられた平太様が今は国司でございますからな、時は流れるものですなあと家貞が、写経中の忠盛に言う。
20120423152555

おおかた此度もはしゃいでおろうと笑った忠盛が咳き込んで倒れる。
20120423152913

そうとは死らず海の幸に舌鼓を打つ清盛

20120423153007

20120423153009
なんだこの長いのは?

厳島神社の神主、登場。
20120423153043
温水氏だ。

厳島は島そのものが神として崇められているそうな。確かに島は島でも、江ノ島とは違う雰囲気でした。

20120423153443

寂れた社と清盛が言うけど、かなり小綺麗な。丹の色の発色が良いからか。貧相と言えば貧相。

歓迎の舞

20120423153602

20120423153913

20120423153926

兎丸、唐船に乗っていた宋人の娘(桃李)と再会を果たす。

20120423153948
春夜もいた。

安芸の海は綺麗だな。
20120423154025

20120423154035

安芸は古くより船造りが盛んで、遣唐使を行っていた頃は百人が乗れる大船を建造していたという。

吉備真備を輩出した国(正確には現在の岡山)ですし、そものも吉備王国があった地域ですからな。

清盛様は宋に行ったことがおありですかと春夜が聞く。

20120423155349_2

それはもっとも強き者が持つ剣だと言う。どうやって手に入れたのかと清盛に尋ねた。

これはこの国でもっとも強き男から授かったと答える。

20120423155505

20120423155455

20120423155501

20120423155654

清盛が子供の頃に見た父・忠盛のように剣を空に突き立てる。

良いシーンだ。

老いた父
20120423155857

近頃、しきりに思い出すのじゃ、舞子に言われたことを。「夢中で生きていれば、いつかわかる。何のために太刀を振るうのか、なぜ武士が今の世を生きているのか」

わしは夢中で生きてきた。でもいまだわからぬ。

義朝の子供、鬼武者って顔が臼田あさ美みたい。
20120423160953

統子内親王の和歌:

ならびおる ふたつの黒き 蝶の舞 いずれや高く のぼりけるらむ

20120423161508

摂政・忠通と左大臣・頼長のことを詠んだ。

本当にある歌なのだろうか。

我が夫も舅もいつも、それで揉めておりますと由良が言うと、
20120423161722

家がまるく納まるように皆の仲を取り持つのが妻のつとめだと統子に言われる。

強引に藤原氏の長者になった左大臣・頼長は異例にも内覧の宣旨を賜った。

内覧(ないらん)とは、天皇に奉る文書や、天皇が裁可する文書など一切を先に見ること、またはその令外官の役職。摂政・関白は内覧の宣旨が下されるが、摂政・関白ではない左大臣・右大臣・内大臣、または納言級にも内覧の宣旨が下される場合もある。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%85%E8%A6%A7

これにより頼長の権力は摂政・忠通と並び、兄弟の亀裂は決定的となった。

20120423170825

忠通が頼長を睨んでる。

頼長が近衛帝に「かの主殿頭(忠通)」は届けもなしに休むことが多く、己の務めへの覚悟が著しくかけいるので、罷免すべきだと上奏する。
20120423171402

体の弱い息子の近衛帝に心労ばかり背負わせてと美福門院は頼長に怒り心頭。
20120423171808

これでは朝廷は頼長のいいようにされてしまうと腸が煮えくりかえる忠通に、美福門院は止めることはござりませぬと言う。

20120423171820
(なんですと?)

まことに面白いほどのお働きぶり、もっと煽って差し上げましょう。
20120423171916

頼長と美福門院はドSの二大巨頭。

帰ってくるまでは絶対に言うなと言われていたと前置きして、時子が忠盛が倒れたことを清盛に教える。

清盛、父のもとに慌てて駆けつける。
20120423173306
なんだ騒々しいと頭を扇子で小突かれる。

(さりげなく親子の仲が良いのがわかる)

なんじゃ時子のヤツ、大げさに言いおってと清盛、倒れる。
20120423174059

(本当は寝ていないとダメなんでしょうな。清盛のために元気に振る舞っている)

安芸はどうだと忠盛に聞かれ、船作りが盛んな土地で何か面白いことができそうだと、清盛は興奮気味に語る。

ウンウンと頷く父。
20120423174251

清盛の息子・清三郎が父の太刀を持ち上げられなくて、もうイヤだとあきらめる。
20120423174537

わしは10才の頃にはもう片手で持ち上げたと清盛が清三郎から太刀を取って、片手で持ち上げてみせる。

20120423174550
まだ私は5つだと清三郎。

屁理屈を言う出ないと清盛。
20120423175023

しっかりと鍛えよ。それがお前の軸となるのだ。
20120423175027

清三郎が持ち上げた。
20120423175049

20120423175052

為義が鬼武者に弓の稽古をつけている。由良が夕餉を義朝と供にと呼んだのだった。

20120423175324

左大臣・頼長の館の前で藤原家成の家人が下馬しなかったので、左大臣から家成の館を襲えとの名が下ったと為義の家人・鎌田通清が伝えに来た。

20120423175659

成り上がりの分際で、この頼長を見下した真似を!

行ってはなりませぬ、義朝が父を制する。どれだけ藤原摂関家に尽くしても、重用されるの平氏だと。

20120423180103

さように誇りなき行いをする者が目をかけられることはない!

為義が義朝を殴った!
20120423180140

いくら鍛えておっても、武威を示す時など向こうからやっては来ぬ!
20120423180146

地を這うてでも生き残る。それがわしの誇りぞ!

20120423180519
ただ殿と父上の仲良うしようとしたのにと泣く由良。

義朝は常磐のもとへ
20120423180733
父上と喧嘩なさったのですねと言われる。

どうしてと聞くと。義朝は父上のことを恋しがっていたと答える。まことは父上の役に立ちたいと、望んでいたと。

20120423180856
義朝、抱きついた。

家成の館は為義の軍勢に襲われ、側近の館を襲われた鳥羽院は烈火の如く怒った。
20120423181043

20120423181047

すべては頼長を陥れるための美福門院の計略であった

20120423181210

平氏は頼長を襲う大義名分を得た。そして美福門院から密かに左大臣・頼長を襲えとの頼まれる。襲えば、塔を完成させる前に鳥羽院に公卿になれるように推挙しようと。

犬と犬とをけしかけて戦わせるがごとき美福門院の陰謀遠慮、怖すぎる。

忠正は(忠盛が公卿になれるならと)美福門院の誘いに乗るように忠盛に迫っている(ように見える)
20120423182008
忠盛は答えを出せない。

清盛が代わって、家貞に、断りを入れろと命じる。
20120423182030

俺は8つの時にこの剣を授かったと清盛。

20120423182448

大きくて重くて、初めは持ち上げることすらできなかったこの剣を、俺は鍛錬して自在に操れるようになった。

(忠盛の脳裏に蘇る舞子の言葉に呼応しているのでしょう。忠盛が答えず、息子の清盛が答えている)

20120423182537

時に博打の場で、時に海賊船で振り回し、時に強訴の山法師の前で振り回し、白河院の御前に突き立てたこともある。

20120423182810

俺が剣を振り回すのは、うまく言えぬが、院と摂関家の小競り合いに巻き込まれるためではない!

20120423183056

こいつはそんなことをするために生まれてきたのではない!

20120423183150

武士の世。

20120423183215

武士の世を作るためじゃ。院にお仕えするのではなく、武士が頂に立つ世を、それがため我らは太刀を振るってきた。それがために、武士は今の世に生きているのだ。

20120423183511

忠盛が一門を集めた。

20120423193446

万が一の時のために言っておく。

忠正、これまでずっとお前あってのわしであり、お前あっての平家であると思うておる。

20120423193651
これからも口うるさく、平家を支えよ。

清盛、お前には唐皮の鎧を授ける。
20120423194006

20120423194012
忠正と違って、状況が飲み込めてない息子。

頼盛には、名刀「抜丸」を。「一朝、事あらばこれにて戦え」。

教敦には、愛用の弓を。

(影で見えなかった)経盛には、愛用の鞍を。

兄弟、助け合ってまいるがよい。

忠清、お前はこれまでどおり、侍大将じゃ。
20120423194321
承知。

そうか、カリオストロの城のグスタフだ。

家貞、お前のことじゃ、わしが死ねば、出家すると言い出しかねぬ。さようなことは言わず、新しき棟梁に近う仕え、これまで一門どおり要となってくれ。

20120423194822
殿の仰せとあらば。

盛国、兎丸、新しき棟梁にもっとも近う仕えよ。

わし亡き後、平氏の棟梁は清盛と定める。

20120423195019

20120423195059

宗子を見る。

20120423195103_2

こくりと頷く。

20120423195116
謹んでお受け致しましてござりまする!

20120423195345
安堵したようにも見えますな。

20120423195416

では安芸にてお待ちしておりますと清盛は出立する。

忠盛、清盛を見送ったあと屋内に戻ろうとして倒れる。

宗子が助ける。
20120423195615

かたじけないと忠盛が宗子に言う。

かたじけない?妻になって初めて言われた気が致します。

さようなことはない。いつもありがたいと思うておる。一緒になってからずっとな。

20120423200020

20120423200043

20120423200057

20120423200154

船で昼寝している清盛を呼ぶ声がする。

20120423200204

父上、もう着いたのですか!

(泣けた。死んじゃったか)

忠盛は清盛に小枝を渡して打ち込む。

20120423200425

20120423200451

最後に清盛が忠盛の枝を払いのける。

二人が笑う。

強うなったな。
20120423200728

20120423200740

清盛がもう一度振り向くと、父は消えて太刀が浜辺に刺さっていた。

20120423200752

20120423200815

仁平3年1月15日、清盛を育て上げた父・忠盛がこの世を去った。

みなさん、綺麗に静がに死んでいく。

ドSの藤原頼長がどんな死に様を見せるのか気になるところです。

中井貴一といえば「サラメシ」

http://www.nhk.or.jp/salameshi/

« 日韓が軍事情報を共有へ 政府もようやく目覚めたか | トップページ | the Killing/キリング 15話まで »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/54541418

この記事へのトラックバック一覧です: 平清盛 第16回 「さらば父上」:

« 日韓が軍事情報を共有へ 政府もようやく目覚めたか | トップページ | the Killing/キリング 15話まで »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト