2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

記事検索できます

最近のトラックバック

« 10年後太陽の活動が弱まるらしい その影響は? | トップページ | いかにして尖閣諸島を奪還するか?:尖閣諸島沖海戦 »

2012/04/20

菅(元)首相:海水で再臨海するって(一年前)、いやそんなわけないだろ(現在)

菅(元)首相:海水注入したら再臨海するってやばいって(一年前)、いや海水注入で再臨海なんかするわけないだろ(現在)

来年はなんて言うんだ?

原発事故調、菅前首相を聴取…再臨界証言食い違い

 東京電力福島第一原発事故で、菅前首相が今月上旬、政府の事故調査・検証委員会のヒアリングを初めて受けていたことがわかった。

 菅氏は、事故発生翌日の昨年3月12日、1号機の再臨界を懸念して避難区域を拡大したとする事故調の見方を否定。菅氏のこれまでの国会答弁などと食い違う点もあるため、事故調は慎重に分析している。

 事故調によると、同日夕、菅氏や班目春樹原子力安全委員長らが、建屋が爆発した1号機の原子炉を冷却する海水注入について議論。班目氏らは「注水を優先すべきだ」と進言した。

 だが、海水によって再臨界することはないにもかかわらず、菅氏が再臨界を懸念したことなどから、注水の指示が遅れた。また、同じ懸念から避難区域を半径10キロ圏から同20キロ圏に広げた。

 ところが、事故調がこの経緯を尋ねると、菅氏は「海水で再臨界するわけがない。私にはそれくらいの知識はある」などと語り、否定したという。菅氏は昨年の国会で「海水注入にあたって再臨界の危険性を考えた」と答弁し、避難区域拡大についても菅氏が再臨界の可能性を踏まえて決めたと複数の関係者が事故調に証言しているという。

(2012年4月20日09時29分  読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120420-OYT1T00172.htm

これが日本の元首相の姿か。

まずは菅さんの脳内に海水を注入しないと記憶のメルトダウンが止まらなそう。

唯一確かなことは、こんなフワフワしたヒトが日本の命運を握っていたということ。そう考えると恐ろしい限りです。

« 10年後太陽の活動が弱まるらしい その影響は? | トップページ | いかにして尖閣諸島を奪還するか?:尖閣諸島沖海戦 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/54519574

この記事へのトラックバック一覧です: 菅(元)首相:海水で再臨海するって(一年前)、いやそんなわけないだろ(現在):

« 10年後太陽の活動が弱まるらしい その影響は? | トップページ | いかにして尖閣諸島を奪還するか?:尖閣諸島沖海戦 »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト