2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

記事検索できます

最近のトラックバック

« ガンダムAGE 第33話 「大地に吠える」 残骸がいっぱい | トップページ | 未解決事件 オウム真理教 警察の捜査 »

2012/05/27

平清盛 第21回 「保元の乱」 鎮西八郎為朝、恐るべし

戦国モノになってきた平清盛。

鎮西八郎為朝は化け物か。

為朝が射た矢が敵の武士を貫いた。なんちゅう破壊力。しかも最後まで門を守り通した。恐るべし。

源為朝は日本で最初に切腹した武士だそうです。

これまでの戦国モノは広い場所で合戦するのが通例でしたが、今回は都の中でのストリートファイト、平安末期の市街戦です。

孫子読みの孫子知らずの悪左府頼長、夜討ちは野蛮だとふざけたことを抜かし、同じく孫子を呼んでいる信西は夜討ちを義朝に許可する。そして白河院が住んでいた白河北殿に火矢をかけることもやってしまう。

劣勢に転じた頼長のダメっぷり。

鎌田通清は、敵になった我が子・正清に為朝が射た矢を身に受けて息子を守る。

通清が死んで半狂乱になった為義が息子・義朝に襲いかかる。

戦は辛いですね。

保元物語 (岩波文庫)

【送料無料】保元の乱・平治の乱

【送料無料】保元の乱・平治の乱
価格:2,625円(税込、送料別)

« ガンダムAGE 第33話 「大地に吠える」 残骸がいっぱい | トップページ | 未解決事件 オウム真理教 警察の捜査 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82091/54813836

この記事へのトラックバック一覧です: 平清盛 第21回 「保元の乱」 鎮西八郎為朝、恐るべし:

» 平清盛 第21回「保元の乱」 [あしたまにあーな]
間違いなく前半の最大のイベントである保元の乱が始まりました。今まで歴史の勉強をしていた学生の頃まで保元の乱について、あまり詳しく知らないまま来てしまったことが残念でもあり、逆に様々なことが新しい発見となることが嬉しいことから、どんな感じだったのだろうと興味津々で始まりました。前回くらいから話の内容がしっかりとしてきていて、保元の乱自体もしっかりと描いてくれるだろうという期待が高まります。 今回の戦は平氏と源氏にとって一族を二分するかのような状況の中で、それぞれがどのように思いながら戦っていくのかとい... [続きを読む]

« ガンダムAGE 第33話 「大地に吠える」 残骸がいっぱい | トップページ | 未解決事件 オウム真理教 警察の捜査 »

お気に入り

  • 21世紀のミュージックシーンを震撼させるリズム刑事

    Photo

フォト